ボディインタープリテーションという仕事

多分、昨日?東京の朝日。

今の場所に住み始めて約3年。

東京でも時間によっては、感動レベルの自然が味わえるのだということを最近知りました。

朝日もその1つ。

太陽が昇るさまは、どこで見てもパワーを頂けます。

20代、30代で東京に住んでいた時は、感じられなかったことが最近は感じれるようになった自分に、以前のように血気盛んで戦う気持ちと怒りという感情が無くなっていることに気がついて。

多少、驚いています(笑)

さて今日は、昨日のブログの続き。

M様から、こんなメッセージを頂きました。

ブログ拝読いたしました!

私のことを書いてくださってめっちゃ嬉しかったです♪

なんか… 褒められることに慣れてないからか、褒められすぎて、びっくりしちゃってまます 素直に、褒められて嬉しい😊って思えない… これも思考のクセなのかもしれません。来年はもっと軽やかに、嬉しいです!ありがとう!と言える私になりたいです。

昨年11月にルナスーリヤにはじめて伺い、11月、12月、1月と3回ファスティングをして、小倉さんのご指導を守って食事を変えるようにしました。 2月の時点で大体今と同じ体重になり、職場のみんな、家族や友人など地元の人にはその時に、かなり痩せたねー、すっきりしたねー、とすごく驚かれたブームがあり、最近はその地元ブームも落ちつき笑 そのあとは痩せた自分に慣れてきていました😄

洋服を選ぶのが断然楽しくなりました 以前は右膝が痛かったけど、痛みはなくなりました🦵 多分体重がへり、膝への負担も減ったんでしょうね。 施術を受けながら、小倉さんから、あなたは足の骨があんまり太くないから、その体重は支えられないよ だから膝が痛くなるんだよ、って言われたのを鮮明に覚えています。

先日、一年ぶりにお会いした小倉さんとスタッフさんが、私をみた途端に、痩せましたね!びっくりです!変わりましたね!と口々にいってくださり、一年前に一度伺ったことがあるだけなのに、私の姿を覚えていらっしゃったことに驚きました 私は一年前に一度だけあった人のことは思い出せるだろうか ?

私は鈴木尚子さんが以前に出版されていた手帳を愛用していたんですが、 2021年の手帳には 小倉先生のリーガーキット症候群のzoom講座に出たい 2022年の手帳には 小倉さんのブログを読んで実践したい、直接お会いして栄養指導を受けてみたい って書いてありました 手帳に書いてあったことが、叶いました! そして、おまけに痩せました!

食事の知識は一生の宝物です。 小倉さんの指導を受けてから、食品の後ろの添加物の表示をみるのがクセになっていて、娘もママーこれ添加物多いねー、と私の真似をしたりします。 私がいい方向に変われば家族も影響されるんだなと感心しています。 長々とすいません。 また食事の写真送らせてもらいます。 最近、ちょっと自分に甘くなり、甘いものを食べる量が増えてきていて、てきめんに体脂肪率に反映されるので、旬の野菜をたくさん食べて、梅干しも1日1個食べるようにします。

今後とも厳しくビシバシと、共感なしで、よろしくお願いいたします!

もうね。感涙・・・

この、コメントにも登場してるけど、ご縁をくれた尚ちゃんにも感謝の気持ちが溢れたコメントでした。

Mさん、ありがとう!

私が、この仕事をまもなく40年続けてこれた理由。

それは。

「この仕事、めっちゃ面白い!」

という感情があるから。今回のような感動や変化の1つ1つを共有させて頂くことで、この仕事の面白さにはまっていく。

でも、エステティシャンとやセラピストという職業名にしっくりこなくてボディインタープリテーション(身体の通訳)という職業名まで作ってしまうほど、はまれる職業に出会えた私は幸せだと思っている。

健康維持や健康寿命の延伸は、今後日本が向き合わなければならない課題だと思う。

なんせ、こんなにも高齢化が急速に進んでいるんだから、加齢で引き起こされる「老化という病」に侵されていては、国民のほとんどが病気って国になる。

先進国の中で、癌罹患率が右肩上がり、歯の手入れワースト1なんていう記録続けている場合じゃない。

私たちは、医療従事者ではないからこそできることがある。

治療ではなく予防に従事すること。

だからこそ、ボディインタープリテーションはこれからの日本に必要な仕事になると思う。

40代からでも、遅くはないと思っています。

一緒に感動したい!自分の仕事を自信をもって好き!って言いたいなーって思っている方。

私と、話をしてみませんか?

対面でもオンラインでも、どちらでもOK!面接じゃないので気軽にお問い合わせください。

なんだか、求人募集みたいな記事になっちゃったから、急遽お題を「身体は変えられる②」から変更した(笑)

仙台、東京、大阪で働きたいと思っている他都道府県の方もお気軽に♪

家賃補助もしっかりさせて頂きます。

身体も人生もあなたの意思と行動で変えられます!

ではー

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

身体は変化する

10月27日金沢から1年ぶりにお越し頂いたお客様とのツーショット♡

去年、初めてご来店頂き施術を担当させて頂いた。

去年お越し頂いた時は、家族旅行で上京されて時に、お立ち寄り頂いたので今回も家族旅行かしら?と、お伺いしたところ今年はご主人もお子さんも都合がつかなかったということで、お一人でのご来店。

しかも。

施術が終わったら、サクッとランチして帰ります!って・・・わざわざルナスーリヤに来るためだけに上京して下さったという・・・

もう、感動しかない。

そして、まだまだ感動は続く。

↓こちらのデータ。ちょうど1年前にご来店頂いた時のデータと今年のデータを比較したもの。

※掲載許可を頂いています。

体重10kg減 体脂肪率6.5%減 筋肉量2.5%減

もー会った瞬間、別人になっていてびっくり!思わず奇声あげちゃった(笑)

去年、ルナスーリヤ表参道店にお越し頂いた時に、お食事のアドバイスと思考の癖や今の問題がどうして起きているか?など、確か色んな話をさせて頂いた記憶がある。

その時のアドバイスをきっちり実践されて、今のお身体と明るく元気な雰囲気を手に入れている。

お食事のレコーディングは、1年間欠かすことなく続けるという努力もされて、1年後の再会!もう感動しかなかった。

さらに感動は続く。

健康診断の時にエコーで内臓を見てくれた技師さんとの会話も教えてくれた。

〇〇さん!なんかしたの?去年、脂肪肝だったのに全く脂肪がないよ?全部代謝されてる!肝臓ピカピカよ!!

って、言われたらしい・・・

この技師さん、体重とかは全く見てなかったと思うから、本当に肝臓きれいになったんだーって嬉しかったです♡

そりゃー1年前と身体から雰囲気から全部変わるはず(笑)

内臓もピカピカになったんだから♡

身も心も軽くなった!とは、まさにこのこと。

生活習慣を、変えるのに遅すぎるなんてない。今この時が、生きてるうちで一番若いんだから。

病気の種は、蒔かれ継続し蓄積して、発症する。

蒔かれても、継続と蓄積が無ければ発症には至らない。

何か問題が起きてる、不自由だ、不便だ、不安だと思うなら。

生活習慣や凝り固まった思考と向き合うことが、継続と蓄積をしない唯一の方法なのだと思う。

Mさん曰く。

1年に1回身体をチェックしてもらって、小倉さんにガツンと一発言ってもらう(私にはガツンと言ってるつもりはないんだけどね笑)ことを続けようと思ってます。来年また来ます!という宣言を頂き、これもまた感動♡

今度は、私が金沢にお邪魔しようと目論み中!

自分の身体は自分で変えられる。

私たちは、あくまでもアシスト。

自分の身体と向き合い、変化する行動につなげていくのはあなた自身です。

Mさん。色んな事を教えてくれてありがとう!

また、来年お待ちしています♡

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

私が食事で気を付けていること

いつものことではありますが。

画像とお題が全く一致しない(笑)

画像は今日運転中、信号待ちで撮ったもの。

夫があちらの世界に逝ってから2年と5か月。何度、夫の誕生日ナンバーを付けた車が目の前に止まったことか・・・

3回までは数えてたけど、さすがにもう覚えてない(笑)

個人的に、車のナンバーでお知らせっていうのが結構あって。

夫の誕生日、自分の誕生日、愛犬の命日、電話番号・・・まぁ色々何かと一致したナンバーが目の前や横にいたりして。

なんのメッセージかなーって考えるけど、今一つわからん(笑)

そのうち分かる時が来るのかなー?って思ってるけど・・・どーかなぁ

では、お題に「私が食事で気を付けていること」

この質問、結構多くの方から聞かれます。

「小倉さん、何食べてるの?」

なんでも食べます!が、答えではあるんだけど。

私の場合、好き嫌いが無いから食べるものは何でもおいしく頂く主義。もちろん大好きなお酒も美味しく頂きます。(でも、最近やっと家飲みはやめようと思ってる笑)

だから、何を食べるか?よりも「何を食べないか?」を気にしてる感じ。

何を食べないか?

圧倒的に食べないのは「怪しい油で調理されたもの(コンビニの揚げ物とかファストフードとか)」「質の悪い油(サラダ油とかマーガリンとか)」「加工調味料(何とかの素)」「カット野菜、果物」「菓子パン」「甘い食べ物、飲み物(基本好きじゃない)」「肉の加工品(ハム、ベーコン、ソーセージとか)」「缶詰(ツナ以外)」「アイスクリーム」「乳製品(つまみのチーズは時々食べる)」「インスタント食品」

添加物の「亜硝酸ナトリウム」「安息香酸ナトリウム」「人工甘味料」「着色料」「乳化剤」添加物じゃないけど「ショートニング(トランス脂肪酸)」「たん白加水分解物」

偽物の調味料

こんな感じかなー

ただ、外食とかで食事をするときは、いちいちこんなこと考えないで美味しく頂きます。

時間も20時までに食事は終わらせた方がいいのは、重々わかってるけど。

日によっては、20時過ぎから外食、家に22時頃帰ってから作って食べたりもします。

朝食は旅行に行った時くらいしか食べませんけどね。

私が、食事で大切にしたいのは「美味しく、楽しく頂く、状況に合わせてバランスをとること」

基本は大切だけど、たまーにの楽しみも感じられない食事は好まない。

とりあえず、この方法で55年間大病してないからいっかーって思ってる。

でも、さすがにこの年齢になると、今までより少しはアルコール減らさないとねーと身体から、勧告されるようになったから(笑)

身体から逆襲されないうちに何とか酒量は、考えたいと・・・

先日、胃腸炎で死ぬめにあったのですよ。しかも車運転中に発症して、冷や汗でびしょびしょになりながら運転して、なんとか到着した目的地で助けてもらうというお粗末なことをやらかして反省・・・

なんでも行き過ぎずバランスが大切。

流れで減酒宣言になっちゃった(笑)

というわけで、たまーに摂る何かを気にすることよりも、普段毒をため込まないようにご注意くださいねー

では!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

食事の質

昨日。豚の三枚肉をチャーシューにしてみた。

あー美味しいお肉食べたい♡と、思った時の私の中のお肉は豚か鳥。

牛ってあんまり私の中では、ヒットしなくて、豚の方がヒットする。

肉じゃがも、すき焼きも私の中では豚が一般的。

うちが貧しかったから?ってずーっと思ってたんだけど・・・

どーやら北海道の文化らしい。思い込みってマジ怖い(笑)

美味しい豚って私の中では、いわゆる「ブランド豚」とかではなく。

抗生物質使わないで、自由に土にまみれて走りながら育った豚のことを指す。

日本にも何件か、そんな豚さんを育てている養豚業者さんがいて、今回豚の三枚肉(バラ肉)が手に入ったから、何にしようかと考えて。

チャーシューを作ることにした。

こんな風に40分くらい煮込んで。

出来上がりはこんな感じ。

で、最終的に一番上の写真のようにして、頂いたんだけど。

美味しかった♡

蒸した野菜とワカメを一緒に盛り付けて、白ワインと頂きました。

脂身が甘くて、全く胃にもたれない。

やっぱり、正しく育った家畜のお肉は、ちょっと違いました♪

先日から、オージャス(活力とか生命の源)について書いてるけど、実は残念なことに肉や魚はアーユルヴェーダ的にオージャスにならない。

オージャスになる食材は、野菜や果物と言っている。

でもね。こんな風に自分が納得する食材を。

自分や大切な人を労わる」気持ちで作る食事は、たとえオージャスにならなかったとしても。

細胞たちは喜んでるような気がするんだよねー♡

ちなみに。アーユルヴェーダ的に、オージャスにならない食事は。

◎肉や魚

◎しつこく、油っこい食事。

◎チーズ

◎残り物、加工食品、缶詰

◎過剰な酸味や塩味

◎食べすぎ

と、言っている。

特に、残り物はオージャスを作ることができないから、つくりたての料理を食べることを勧めている。

そして、いくら良い素材の食事をしていてもアルコールやたばこは、オージャスが破壊されると言っていて。

アーマ(未消化物)を蓄積させて、人間を鈍感でものぐさにするんだそーだ・・・(笑)

アーユルヴェーダが、勧める至福の食事の定義は。

◎旬の季節に、地元で採れた新鮮な食物を食べる

◎昼食に一番ボリュームを持たせる(10時~14時)に摂るのがベスト

◎毎日、決まった時刻に食事をする

◎食事はひとりで食べるか、本当に好きな人と食べる

◎私たちが食べてるものは、命あったもの(動物、魚、野菜、果物すべて)この命を頂くことに感謝する

できそうなことを「意識する」だけでも食事の質を上げることができます。

自分のライフスタイルで、できそうなことから取り入れるといいかもですね。

ブログで注釈書くと、長くなるから注釈書かずでUPしているもの多数。

もし・・・「これ何で?」って思うことがあったら質問大歓迎。

疑問を、質問という行動に変えると記憶できます♪

何か1つでも、生活で意識してみてくださいねー

では、また。

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

生物学的個性

何だか難しいお題ですが・・・簡単にいうと。

「身体も心も人それぞれで、みーんな同じじゃないよ」

てことです。

アーユルヴェーダには、人それぞれの体質というものがあり、すべてが同じ人間なんて存在しない。

同じ人間が存在しないのだから、万人に良い健康法なんて存在しないということになり。

個を見る必要がある。

そして、その個を見るときにホルモンも、代謝も、栄養素も身体の酸素濃度もありとあらゆる機能があるものの影響を受けて変化していることを知らなければならないと説いている。

身体の全てに影響を与えているもの。それは・・・

思考と感情

人体は無数の微妙な変化が集まって生まれた三次元の構造物

心に何かが起これば、それに合わせて必ず身体にも反応が起こる。

アーユルヴェーダは、心と身体の間に挟まれている領域を「ドーシャ(生命エネルギー)」と表現していて。

・ヴァータ(空、風) 動きを司る

・ピッタ(火・水) 代謝を司る 

・カパ(水、土) 構造を司る

と、表現される。

ドーシャは、心と身体の対話を成り立たせてくれる存在。

このドーシャのバランスが乱れてしまうと、精神と身体の調整がとれなくなると病気の種が、ばらまかれることになる。

今日は、体質(ドーシャ)について詳しく書くことはしないので、知りたーいという方は、ルナスーリヤ表参道店でメタトロンカウンセリングをご予約頂くと、自分のドーシャを知ることができます♡

じゃあ何が書きたいかというと。

人間が、本当の意味で健康になることを考えた時。

一派一絡げは、絶対に無理だということ。

〇〇が身体にいい。〇〇摂ると癌が防げる。〇〇をすると・・・って本当に星の数ほどの理論が存在する。

健康に神経質になるがあまり、あっちの情報、こっちの情報に振り回されている人を、私は「健康ジプシー」とお呼びしています(笑)

本当の意味で健康な肉体を求めるなら。

身体だけを見ずに、あなたの一部である心や思考。もっと突き詰めるなら、魂とかあなたが発しているエネルギーとかにも、興味が持てるといいかもです。

何をどーしたらいいのか?迷路に入ってしまった方は。

色んな角度から整理される「メタトロンカウンセリング」をオススメします。

1時間25,000円(税抜)

ご予約は、公式LINEメッセージから。

自分をいろんな角度から知るって、楽しいことばかりじゃない。

でも、確実に言えるのは、今までと違う意識、行動をしている自分に出会えるということ。

ご興味がある方はぜひ♡

あっ!10月11日のイベントもまだ空席あります♪

遠くは、大阪や静岡からもお申込み頂いて嬉しい限り♡

腸内環境、腸内細菌を知ると、これも見える世界が変わる!

有料級だけど、無料なのでたくさんの方に聞いて欲しいなー

では。今日はこの辺で♪

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

脳へのメッセージ

昨日の土砂降りはどこへやら。今日は、最高の晴天。そして、一気に季節が秋に変わった。

こんなに晴れていても、気温が高くても。

風や太陽は、夏のエネルギーが感じられなくなくてびっくり。

今の時間は、窓を開けていると心地よく少し肌寒い風が入ってくる。

これから、一雨ごとに秋が深まって行くんでしょうね。

さて、今日のお題は「脳へのメッセージ」

昨日の老化の記事とはダイレクトに繋がらないかもですが、老化とは大いに関係している記事になります。

まず。私たちの身体の機能や細胞は、単独で動いている物は1つもなく。

すべて、連携して私たちの命をつないでいます。

その中でも、脳は司令塔を担っているから、脳から出された指令によって機能や細胞は動いていて。

ただ、この脳に指令を送っているのが「心」や「意識」であることは、先日のブログに書いた通り。

ということは。

老化という病の進行を、穏やかにするのか加速させるのかも、心や意識次第で決まるということになる。

もちろん生活習慣もあるのは当然だけど。

老化しやすい生活習慣を、脳に指令しているのは、自分が分からない無意識領域の心や意識。

意識的に老化したいでーす!っていう人は、別ですけどね(笑)

脳が、細胞に老化することを指令しないためには、生活をマンネリ化せずに新しいことを取り入れていくことが必要。

私たちの37兆個の細胞って、停滞することがない。絶えず変化していて、その変化に順応してる。

だから、細胞の宿主である私たちの心や意識の、行動、習慣、考えが停滞すると脳が細胞に指令を出すことを妨害して、細胞は司令塔を失う。

司令塔を失って停滞した細胞は、本来の寿命より短くなるから。

老化が加速に向かう。

だから、心や意識によって老化には大きな個人差が生まれてしまう・・・怖くない?

この心や意識の行動、習慣、考えが停滞する癖っていうのがあって。

この傾向が、ある人は老化の加速が心配されるからご注意を。

拒絶ー物事がうまくいかないときに、自分の本当の気持ちを直視しない

抑圧ー自分が傷つくことの無いように、感情を麻痺させる

抑制ー感情を抑える方が、周りとの人間関係がうまくいくという勘違いから感情をねじ伏せる

熱狂ー周りのことを考えず、自分の感情を野放しにする(抑制の反対)

自虐ー自分自身や、自分が喜びを感じることを否定する。自分の価値を過少評価して重荷を背負うことを選択する

支配ー必ず自分より下位な状態である人を作り出す

ちょっと表現が難しいかもですが、自分の中にこんな癖を持った自分がいないか?観察してみるといいかもです。

逆に老化を遠ざける意識としては昨日お伝えしたように

好奇心ー知らないことを知りたいという欲求

興味ー人・物・仕組み・学問など自分にないもの、自分が知りえないものに関心を持つ

行動ー好奇心や興味を持ったことを知るために動く

解決ーわからない、知らない、トラブルなどを放置せずに解決するように思案する

この4つの量を増やしていくこと。

老化を恐れて、偏ったものを選ぶより。

心と意識にフォーカスした方が、よっぽど老化を遠ざけることができるみたいです♡

自分で書きながら、色々反省してる(笑)

心と身体は繋がっているのではなく。身体は心が物質化したもので同一である

これは、いつも言ったり書いたりしていますが。

真実は、いつもここにあると感じています。

心は見えなくても。身体は全身を鏡に映せば見えるから。

心をチェックするつもりで、全裸の身体を頭の上から足の先まで観察してみてください♪

ちょっと小難しくなりましたが。

健康寿命を延ばしたいなら、老化なんてしてる場合じゃない(笑)

老化したくない方は、参考にしてね♡

明日は、車で仙台から東京に向かいます。台風の影響が本格的になる前に移動したい(汗)

豪雨になりませんように!

では!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

腸に悪影響を与える物

何かを考え生み出したいとき。

静かな環境と自然のエネルギーが欲しくなる。

昨日から雨。

今、滝のような雨が降っていて、色々洗い流されてる気分。

緑がとても美しい場所で、今後について思案中。

さて。今日のお題は「腸に悪影響を与える物」

人間にとって腸が「とても大切な臓器である」ということは、常々書いています。

では、どんな生活習慣が腸に悪影響を与えるのか?

皆さんお察しのように食習慣の影響大。

腸は今のところ消化器官だから、食に大きな影響を受ける。

もちろん、何を食べるか?も重要だけど何を身体に入れないかは更に重要。

様々な病気の原因になる(主に炎症系の病気)と言われているリーキーガット症候群(腸管壁侵漏症候群)は、残留農薬、添加物、化学物質、自分の腸に合わないたんぱく質の摂取などが引き金になると言われていて。

口から摂り入れたものが小腸の壁に炎症を起こして、本来小腸から吸収できない有害物質や未消化の食べ物の一部が血流にのって、全身に炎症が起こると言われています。

腸に炎症を起こす添加物としては、人工甘味料合成保存料乳化剤なんかが影響が大きいと言われています。

あとは、食肉に残留した抗生物質牛乳に残留したホルモン剤の影響も懸念されてるなー

他にも、小麦たんぱくのグルテン牛乳のカゼイン(どちらもタンパク質)は、消化しにくい人も多いから(腸内細菌の種類による)要注意。

では、色々気をつけていても腸壁に炎症が起こってしまったとき、修復する手立てはないのか?

あります!腸粘膜の救世主。

それが「ミネラル

特に亜鉛は、腸粘膜のバリア機能を修復したり、腸内細菌のバランスを整えてくれるミネラル。

ただし。ミネラルは体の中で単独行動しているわけではなく、チームワークで働いているから、バランスよく摂ることが大切。(私個人は、現代の食生活でミネラルバランスをとることは難しいと考えているからサプリ使用)

もちろん。食生活全体の栄養バランスが必要ですけどね。

現代の食生活で、身体を健康に保っていくには、何を入れるかのプラス的発想より。

何を身体に入れないか?を先に考えた方が、おのずとバランスはとれるのかなと考えています。

あっそうそう。

胃腸は、心の影響も受けやすいので、今度はそこんとこ書きますね。

今日はこの辺で!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

健康は何のため?

100年前の健康への考え方と取り組み方。

50年前の健康への考え方と取り組み方。

そして、現代の健康への考え方と取り組み方。

誰でもわかることだと思うけど、同じでいいわけない。

これだけ、環境が変わり社会の仕組みが変われば、健康に対しての考え方も変えないと、健康な身体や心を維持するのが難しい。

事実。

日本人の死因は、100年前から比べると大きく様変わりしている。

1,990年以降。死因のNo1、No2はずーっと変わらず「悪性新生物(癌)」と「心疾患」

そして、年代別だとこんな感じ。

病気もさることながら、15歳~39歳の死因のNo1が自殺っていうのも、なんだかやるせない。

これは「心の病の結果」

どんな生き物も、生への執着があるから、自ら死を選ぶといった行為に及ぶことが、心が病んでしまった結果なんだと思う。

もちろん。それがいいとか悪いとかの観点から、書いているわけではなくて。

私個人としては、やるせないなーと思うということ。

あっ。話しが、横にそれました(笑)

今日の本題は、現代でどう健康を維持していくかということなんだけど。

まずは、自分にとって健康な状態ってどんなことか考えてみる。

健康診断の数値が良いことが健康なのか?

自分が、毎日幸せを感じることが健康なのか?

心が病んでいて、身体が健康ってことはないし。

身体が病んでいて、心が健康ということもない。

物質的に満たされると、人間は何を目指し、何を手に入れたらいいのか分からなくなり迷いや不安が生じる。

心が新型栄養失調状態(笑)

生きていくための第一次欲求は、満たされているのに。

心を豊かにする第2次欲求が満たされない。

ここを解決するためには・・・多分。解決方法はあまり多くなくて。

自分自身とちゃんと向き合うことかなー

何考えてんの?自分

人と比べて焦ったり、今手に入っている物が分からなかったり、何が欲しいのか?何が幸せなのか?

ここが見えてくると、おのずとどう生活していけばいいのかが見えてくる。

あまり長く生きいたくない。死ぬときはあっさりぽっくり死にたいって口癖のように言ってるのに。

毎年、きっちり人間ドック行って、たくさん薬飲んで、ちょっと悪い症状があるとすぐ検査する。

あれ?あんまり長く生きたくないんじゃ・・・?って突っ込み入れたくなるようなんだと。

人生の迷子になるから、お気をつけください♡

書いてるときに、衝撃的なこと(笑)があって今日の内容は支離滅裂。

明日は、ちゃんとした記事書きますねー

では!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

糖化②

昨日の続き。

昨日は、糖化の仕組みを簡単に書いたけど。

今日は、糖化の予防について少し書きますね。

糖化の大きな原因は、血糖値の急上昇。いわゆる糖質の摂りすぎで、エネルギーに変換されるはずの糖質が、エネルギーに変換できないときに起こります。

炭水化物や甘いものを食べると、小腸でブドウ糖に変換されて、その後吸収されて、エネルギーになるんだけど、全部いっぺんに使われるわけではなくて。

一部はグリコーゲンとうい貯蔵分子に変換されて肝臓や筋肉に貯められる。身体がエネルギーを欲した時に、グリコーゲンをブドウ糖に戻してエネルギーとして使えるようになっていて。(身体ってすごいシステムだと思わない?)

身体に入ってきた糖が、即座にエネルギーとして使われる、もしくは温存ブドウ糖としてグリコーゲンを肝臓や筋肉に貯めることができれば、血糖値の急上昇は無くなる。

システムエラーの原因は

◎インスリンが、うまく働かず細胞の中にブドウ糖を入れることができない

◎肝臓の機能が落ちていて、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて収納できない

◎筋肉の機能がうまくいかずブドウ糖をグリコーゲンに変えて収納できない

という原因もあるけど。

血糖値上昇は、食事の摂り方も大きく関係しています。

血糖値を上げない食事の仕方は、第一に炭水化物から摂らないこと。

繊維から食べると良いという話は、最近随分浸透してきたなーと思います。

ただ、この繊維から先に摂る説。いくつか気をつけることがあります。

まずは、サラダの味付け。味の無い野菜をバリバリ食べる人もいますがごく少数。

ドレッシングなどの調味料を使っている人も多いと思います。

このドレッシングがくせ者で、砂糖や人工甘味料が添加されているものも多くて。

砂糖入りドレッシングをかけて、野菜を食事の一番最初に食べても、血糖値の急上昇を防ぐことはできません。

血糖値のためにサラダを食べるなら、亜麻仁オイルやオリーブオイル、MTCオイルなどのオイルと、バルサミコ酢、醤油や塩などで頂くようにすると、血糖値の上昇を抑えることができます。

そして、もう一つ気を付けて欲しいのが、食物繊維の種類。

食後の血糖値上昇を抑える効果は、水溶性食物繊維に見られる性質です。野菜でもヌルネバ野菜、きのこ、海藻などには水溶性食物繊維が豊富に含まれていますが、玄米やオートミール、穀物の外皮、ナッツ、ごぼうなどに含まれる不溶性食物繊維には、食後高血糖を抑える効果はありません。

ただ、腸内環境の側面から見ると、食物繊維は水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく摂る必要があるので、どっちがいい悪いではないので勘違いしないでくださいね。どちらも必要。

食物繊維から先に摂る以外に、食前に梅干しを食べるのも有効(原材料が梅・紫蘇・塩だけの物に限る)

梅干しに含まれる「α-グルコシターゼ」という成分が、糖質の吸収を抑制してくれる。

私は、来客があった時に甘い物をお出しするとき、梅干しを一緒に出すようにしています。

そんなー血糖値急上昇させたくないなら、糖質制限したらいいんじゃない?って考える人もいるかもですが、私はオススメしません。

もちろん、過剰な糖質摂取は避けたいところ。

ただ、むやみに、糖質(砂糖は徹底的に避けてよし)を、避けることは、栄養バランス、腸内環境、身体の構成に悪影響を与える場合があります。

私は、お米が大好きです♡1日1食~2食はお米やパスタ、パン、うどんなどで炭水化物を摂ってます。

人にとって、糖質代謝が違うので一派一絡げにはできませんが。

絶対にこれ食べないという方法より、食べ方を覚えた方が食事は楽しくなると思います♪

糖化に関しては、肝臓や筋肉の代謝障害も大きく関係してるので、これはまたの機会に書きますねー。

では、では。

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

糖化①

普段、皆さんは糖化を意識していますか?

人間って様々な機能で命を繋いでるんだけど、普段それを感じることなく朝目覚めて、活動して、就寝するっていう神秘的なことを、多くの人が「当たり前」だと思っています。

いや。当たり前とも思ってないよね。もはや自動運転だから、無意識で命を繋ぐシステムが動いてる感じかな?

でも、私たちの身体って、扱いによっては健康にも不健康にもなるし。場合によっては笑えないようなことが、体内で起こったりするのよね。

人間が、老化し、病に侵される原因って身体の反応からみると3つが大きな原因。

それは。

酸化」「炎症」「糖化」

この反応が無ければ、人間は不老不死が現実になるのかもだけど、残念ながら生きて、歳を重ねれば(加齢)いまんとこ必ず起きる反応。

そのうちの今日は「糖化」について少し。

糖化は、老化のきっかけ。シワを作って、血管を脆くさせ、身体のタンパク質が糖と結びつくことで、褐色いわゆる「こげ」を作るのが糖化という現象です。

料理した素材が、こげるのと同じ反応だから、料理をする人ならこげた物が褐色になり、ぽろぽろと脆くなってしまうのは、なんとなく想像がつくと思います。

こげたら何が悪いのか?

こげを見たことない人はいないと思いますが、こげたら色は黄色や黒くなる。これが身体だとくすみや白目が黄色くなるなどの変色を起こしてしまう。

肉や魚がこげたら、もともと弾力や張りのあった肉や魚の身は、ポロポロと脆くなり、崩れやすくなりますよね?これが身体だと血管をもろくし、シワやたるみを作っていく。

もちろん。単に老化だけでなく。病気も誘発します。

そもそも糖化は。過剰に糖が摂取されることで、エネルギーに変わらなかった糖が。

糖+タンパク質→シッフ塩基(血糖が高ければ高いほど合成される)→アマドリ転位生成物→AGEs(終末糖化産物)と変異して、こげを作る。

最終的に作られるAGEsは、一旦形成されると、分解されにくく、血糖値が高かった証として、身体に残り続けます。

このAGEs(エージス)が蓄積していくと、皮膚や骨に存在する皆さんが大好きな(笑)コラーゲンや目の水晶体クリスタリンなんかを変性させます。

その結果。

肌に弾力が無くなり、骨が劣化し、白内障なんかを誘発します。

糖化とは。

全身の細胞にダメージを与えて、身体の組織を壊していくこと。

日々の食生活から、身体がこんな反応を起こしていることを知って損はありません。

長くなったから。糖化予防法などは明日お伝えしますねー

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

避けて欲しい添加物

あー食べるもの無くなるじゃん・・・って思わず、読み進めてくれると嬉しい(笑)

今日は食品添加物の話。

日本の食に対する法律って、世界基準から見ると結構緩い。

国が認可している添加物の種類も多いし、トランス脂肪酸や着色料に代表されるような日本以外の国では禁止されているものも、普通に流通していたりします。

もちろん使われていない方が良いとは思うけど。食品添加物を使ってるものには、それなりの利点もあって。

価格が安いとか、すぐにお腹を満たしてくれるとか、見た目がキレイとか。

私個人の考えとしては、問題は食品添加物使っているか?使っていないか?なのではなく。

消費者が、分かりやすく「選べる」という環境が整っていないのが問題なのだと思います。

どの添加物が何のために、食品に添加されているのか?知識さえあれば「選択できる」という環境が整っていればいいんじゃないかなーって思ってます。

本当に分かりにくくて。

キャリーオーバーなんていう、今から食べようとしているものに、何が使われているのか詳細不明・・・なんていう決まり事もあったりするから、身体に何が入ってきているのかは、加工食品を摂っている限り分からない国・・・それが日本です。

まずは「知識を持つことが大事」というわけで。

身体になるべく入れて欲しくない添加物をご紹介しますね。

①人工甘味料→ありとあらゆる食品に添加されています。・アスパルテーム・スクラロース・アセスルファムK・サッカリンNa・ネオテーム・アドバンテーム

②合成着色料→色のついてる食品は要チェック。・タール色素(赤・青・黄色に番号がついている物)

③合成保存料→・ソルビン酸・安息香酸と書かれている物は避けたいところ

④発色剤→亜硝酸ナトリウム(防腐剤としても使われます)

⑤乳化剤

これらの添加物は、発がん性やそのほかの病気を誘発することが懸念されています。

あとは、添加物じゃないけどアミノ酸、たん白加水分解物、酵母エキス、植物油脂と書かれているものも、私は避けています。

もちろん、どれも食べてすぐに何かが起こるわけではなく、すべて「蓄積」したときに問題が起こります。

なるべく、蓄積させないこと。

そのためには、入ってくる量を極力減らして、ミネラルをしっかり摂る。

そして、大前提ですが、原材料表示に興味を持ってもらいたいなーと思います。

アメリカでは、年々減り続けている癌罹患率。

日本では、ずーっと右肩上がり。

そろそろ何故なのか?考える時期にきているのかも知れません。

では!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

健康談義

昨日はこの方とお食事♡石原新菜Dr

昨日の食事も楽しかったー♡

ご一緒下さったのは、TVやラジオ、新聞や雑誌のコラムに引っ張りだこの石原新菜先生めっちゃ美人♡

こんなに美人なのに、中身おっさんで面白い!中身おっさんが共通で、毎回盛り上がりすぎて、2人とも地声大きいから、昨日も結局・・・まわりの視線が熱い(笑)

美味しい北京料理を食べながら、話題は2人の関心ごと「健康」と「生活習慣」

新菜Drのお父様は、知ってる人も多いと思うけど東洋医学と漢方、断食を専門にされている石原結實先生。新菜Drはお父様と一緒にクリニックを開業されていて新菜Drの専門もお父様と同じ漢方や東洋医学、そして温活。身体を温めることがどれだけ大切かを説いています。

もーほんと話が分かりやすいし、明るく軽快に話される内容は、興味深々なことばかり。メディアが放っておかないのがよくわかる。

最近は、思考の話も多くなって新菜Drの思考分析すると、必ずウギャーってなって、昨日も消化するのに数年かかる・・・って大笑い。

いつも話が尽きない。

健康や生活習慣、子どもの食育、東洋医学、現代医学なんかはは、ありがたいことにベクトルが同じ。

基本、人間は動物である。

この観点から、生活習慣や今後の医療ってとか話だすと決まって着地は・・・日本の保険診療のこと。

まぁここは公に話せませんが、病気は治療より予防の方が断然お得よね!って話です。

これについては、今度私個人の見解を書きますね。

そして昨日知った新菜Drの秘密(ご本人はいたって普通だと思ってますが笑)を暴露。

この北京料理のお店。何食べても美味しくて大好きなお店。中でも「ラム肉のクミン炒め」というこのお料理を、毎回オーダーしちゃいます。

この、お料理の赤いの。全部数種類の唐辛子。

集めるとこんな感じで↓

長いのから、丸いのまで色々ある・・・

それを

おいしー♡もー辛いの大好き♡って・・・次々食す(注:この顔はからーいの顔ではなくおいしーの顔)

さすが!温活女王・・・じゃなくて温活Dr!

中から温めるのも大事♡なことを身をもって実践してます。

この後、こういう食事をした次の日のう〇この話で盛り上がりましたが・・・これは内緒♪

こんなに美しくて、難しい話も分かりやすく話してくれる新菜Drとインスタライブします!

8月28日(月)20時30分から。お題は「健康って何?」って一応は決まってるけど・・・きっと2人のことだから、あらぬ方向にいくかもねーって思ってます。健康についての雑談するつもりなので、質問も大歓迎♡

できれば、前もって質問もらえると嬉しい♡

新菜Drや私に健康について、漢方について、温活について質問がある方は、ルナスーリヤ公式LINEから、ご質問ください。

28日のライブでできるだけお答えしたいと思っています。

もちろん。リアルでの質問も大歓迎!

健康を楽しく語る30分にしたいと思っています♪

では!質問お待ちしてまーす♡

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

新型栄養失調

人間には、必ず必要な栄養素というものがあります。

大雑把に言うと、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルです。

この中には、ビタミンDのように日光に当たると体内で作られるものもあれば、ビタミンCのように作れないから、体外から必ず摂取しなくてはいけないものもあります。

ちなみに。ビタミンCが自分で作れない生き物って、コウモリ、モルモット、サル、人間だけ。他の動物や植物は自分自身でビタミンCを作ることができるから、私たち人間は、他の生き物を頂く事で、ビタミンCを摂取することができています。

話がそれました(笑)

さて今日のお題の「新型栄養失調」って聞いたことありますか?

栄養失調っていうと、食べ物が食べられなくて栄養が摂れないっていう飢えや飢餓を思い浮かべる人、多いですよね?

新型栄養失調は、エネルギー量は足りているのに、タンパク質やビタミン、ミネラルなど特定の栄養素が不足して、身体に不調をきたす症状のことを言います。

症状としては免疫力の低下、倦怠感、貧血、イライラ、冷え性、低血糖などが起こりやすい。

某食品メーカーの調べでは、3食しっかり食べているにも関わらず、調査した8割の子供に、新型栄養失調傾向がみられたそう。

栄養失調にが飢えや飢餓が原因なのに対して、新型栄養失調は、なんと食べ過ぎが原因の1つ。

エネルギーは、たっぷり摂れているのに・・・

「高齢者のタンパク質不足」

「食習慣の乱れからのミネラル不足」

炭水化物、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素のうち、ある特定の栄養素が極端に不足することで、引き起こされるのが「新型栄養失調」

高齢になるとそもそもの食事量が減ってしまうことで、肉や魚、豆類などのタンパク質の量が減ってしまいタンパク質不足を起こしてしまうのが、高齢者が新型栄養失調に陥る原因。

年齢を重ねても、健康維持をするためには、タンパク質は重要。なんてったって身体の20%はタンパク質。

身体の60%は水だから水とタンパク質で80%、脂質が15%(じゃない人もいるけどね笑)、ミネラルが5%で構成されています。

だから、タンパク質は若くても、高齢でも必要です。

そして「食習慣の乱れからのミネラル不足」

これが、特に問題。

現代の私たちの食材、食事には残念ながら添加物や農薬など、身体に取り込みたくないものも入ってきます。

この、入ってきてほしくない物たちを排泄してくれるのが「ミネラル」です。

人間に必要な必須ミネラルは。

カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルト

ミネラルって、身体の中で重要な役割をしてくれているものが多いけど。

現代の食事では、極端に摂れる量が少なくなっています。

原因は・・・

水耕栽培の野菜増加、水煮の食材を増加、精製食品増加(いわゆる白い食品)、市販のペットボトル飲料摂取増加(水やお茶も)、リン酸塩という添加物入りの食品摂取増加などがあります。

これらはすべて、ミネラルが含有されていない、もしくはせっかく摂ったミネラルを、腸から吸収させなくしています。

ミネラルは、土壌に多く含まれているから、土と繋がらなければなかなか身体に取り込むことができない。

土付きのお野菜や天然塩なんかは、ミネラルの宝庫。

加工食品ばかりでは、ミネラルは摂取できないのですよ。

人間は、食べることが重要なのではなく。

何を食べるかが大切。

毎日頑張ってくれている身体を栄養失調にするような食べ方は。

そろそろ卒業しませんか?

ルナスーリヤオンラインショップでは、安心、安全な原料からミネラルを摂取できるサプリも販売しています。

ご興味ある方は、覗いてみてくださいねー

パスワードを知りたい方は、公式LINEからお問い合わせください♡

ミネラル不足は子どもたちにとっても重大事項。

興味を持ってくれるとうれしーな♡

では!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

食から得られるもの

これなーんだ?

今の時代、知らない人もいるかもですね。

正解は・・・蒸し器です。

こんな感じに2段構造になってます。

下段に水を入れて、上段に食材を入れて火にかけます。

ここ数年、愛用しているオールステンレスの蒸し器。

我が家では、出番が多い調理器具の一つです。

何に使うのー?って、よく聞かれますが、野菜や肉、魚を蒸したり、冷凍したご飯を解凍したり、冷えたおかずの温めをするのに重宝してます。

うちには電子レンジという文明の利器が存在しない。

必要がないので、店にも仙台の自宅にも、東京の自宅にもありません。

電子レンジを使うと健康的にうんぬんかんぬん・・・とかではなく。

電子レンジを使った料理はおいしくないと感じるから。

と、言ういたって単純な理由で電子レンジを置いていません。野菜とか、肉とか、魚とか・・・みーんな味が変わっちゃいません?

私の使い方が、下手なだけなのかなぁー

炊飯器は使ってます。お米は土鍋や鉄なべで炊くのが理想だけど、私にとっては、ごはんは炊飯器でも十分美味しい♡

人によってこだわりとか、めんどくさい基準って違うからおもしろい。

あっそうだ。もう一つ、私が電子レンジを使わない理由がありまして。

これは、アーユルヴェーダ的こだわり。

私たちの命を繋いでくれている野菜や、果物、肉や魚の食材たち。

もともとは、全て命がありました。

化学的に合成されているもの以外は、全て命あるもの。

アーユルヴェーダ的には、この命に宿る生命エネルギーも私たちの栄養になっています。

新鮮な食材には、活力がありその活力とは生命の力。

この生命のエネルギーを享受するからこそ。

私たちに、活力が生まれるとアーユルヴェーダでは説いています。

地場で採れた食材や、旬の食材、自ら釣った魚を食べること、屠殺されて間もない獣肉なんかは生命エネルギーで溢れてる。

この、生命エネルギーは、私たちの身体や心、そして魂までに活力を与えると。

アーユルヴェーダを学んだ時に、ものすごく納得して腑に落ちて。

それから、食事に命を意識しています。

私たちの、身体、心、魂・・・すべてに影響を与える食。

身体や心を構成するたんぱく質も、ミネラルもビタミンも。

心や魂を構成する生命エネルギーも。

どちらも、取り入れたいと思う欲張りだからこそ。

できる範囲で悪影響を与えるものは摂らず、活力を与えてくれる食事を心がけたいと思っています。

電子レンジやIH・・・もちろん反対ではありません。安全に煮炊きするという方向からもみたら火よりよっぽど優れています。

明らかなエビデンスがあるわけではありませんが。

私は、古代から、人間は火で煮炊きしている事実がなんとなーく身体や心が喜ぶのかなーって思ってます♡

連休前半。お天気に恵まれているところにお住まいの方も、そうでないところにお住まいの方も。

明日もHAPPYにお過ごしくださいねー♪

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok

アスパルテーム

先月。

とてもメジャーな人工甘味料「アスパルテーム」についてWHOの専門組織「国際がん研究機関(IARC)」が「ヒトに対して発がんの可能性がある」という見解を発表しましたね。

IARCの分類で4段階ある発がん性の可能性のうち、下から2番目の2Bというランクに指定されたというニュースが一斉に報じられました。

2Bというランクには、他にガソリンを使ったエンジンの排ガスや鉛と同レベルという扱い。

ちなみに・・・最も発がんの可能性が高い1Bには、たばこ、紫外線そしてなんと!!!アルコールが指定されています(汗)

このアスパルテーム。今や色んな食品に添加されていて、スーパーで食品の原材料表記を見れば、簡単に見つけることができます。

ドレッシング、清涼飲料水(特にダイエット飲料)、アイスクリーム、乳製品、合わせ調味料、シリアル系食品、歯磨き粉、そしてなんと・・・薬にまで使われてる。

あちらこちらで使われている理由は大きく2つ。

①甘さは感じるけどカロリーが無い ②安価

ということで、甘味料は一気に市場に広がり今では、食品メーカーにとってなくてはならない食品添加物です。

今回は、アスパルテームだけが癌と関連付けられましたが、他にも多用されている人工甘味料があります。

・スクラロース・アセスルファムK・サッカリンNa・ネオテーム・アドバンテームなど

アスパルテームと同じような、または違う身体への影響が取り上げられる日も遠くないと思います。

WHOが、アスパルテームと癌との関連付けた発表をしたのは先月ですが、以前から身体への影響を懸念する声は上がってたんですよね。

どんな影響が懸念されていたかというと・・・

①腸と腸内細菌に影響して、精神的に不安を感じやすくなるという懸念

②カロリーゼロが、商品販売の謳い文句なのに、逆に太るという懸念

特に問題なのが「清涼飲料水」

スポーツドリンクや、エナジードリンク、栄養ドリンクのように一見、身体によさげな顔をしたものほど、人工甘味料含有率が高くなっています。

飲み物に添加されている添加物や砂糖は胃で分解されることなく一気に腸に流れ込みます。

飲み物以外の人工甘味料や添加物もチェックして欲しいですが、特に飲み物の原材料表記は見る習慣つけた方がよさそうです。

乳児や幼児用の飲み物にも添加されていますから、お母さんやお父さんが興味を持ってくれるといいなーと思います。

大切なので、もう1度書きますね(笑)

人工甘味料 ・アスパルテーム・スクラロース・アセスルファムK・サッカリンNa・ネオテーム・アドバンテーム

身体に蓄積させないようにしてくださいね!

◎ルナスーリヤ表参道店のご予約はこちらから

◎ルナスーリヤ表参道店求人はこちら

◎サットヴァの実HP リクルートページはこちら

◎小倉侑子のFacebookはこちら

◎小倉侑子のInstagramはこちら

サットヴァの実YouTube

◎小倉侑子TikTok