人間は考える葦である

自宅のリフォームが終了しました。

画像は、自宅からの風景。

子どもの頃から、川と山が大好きで滝フェチ(笑)でもあります。

むかーし昔。とーい昔(笑)

母の実家の目の前に川があり、子どもの頃その川でミミズをエサに川魚を釣ったり、川の音を聞きながら眠ったりしていた記憶が、川好き、山好きにしたのかも知れません。

ずーっと川の近くに住みたいと思っていました。

仙台市内には大きな川が2つ流れています。

写真の川は「広瀬川」もう1つ流れる川は「名取川」という川。

どちらの川も、見る場所によって川の顔が変わり、私たちを楽しませてくれる美しい川です。

リフォームした部屋からは臨める景色は、季節によって楽しみが変化しそう。

真冬には白鳥が飛来したり、春には新緑がきれいだったり、夏には盛緑や花火、秋には紅葉が楽しめる空間になると思います。

17年前には、縁もゆかりも無かった土地ではありますが、こんな美しい街とご縁を頂けたことは本当に感謝です。

この空間を、造ったのには理由があります。

理由は、また今度書きますね。

さて、今日のお題。

「人間は考える葦である」

フランスの思想家パスカルの「パンセ」の中で語られている有名な1節です。

「人間は、自然のうちでもっとも弱い一本の葦に過ぎない。しかしそれは考える葦である」

葦は2~3mまでに成長する背の高い植物。背は高いけど茎の中は空洞で、弱い植物。大自然の中の人間は、葦のように弱い存在。ただ・・・人間は単なる葦ではなく「考える」という特別な機能を持った葦である。と、いう意味で残された言葉だと解釈されています。

簡単に言うと。「考える」という事をしなければ、人間は葦レベルと言い換えることもできます。

この「考える」

やっているようでやってない場面がどんな人でも多々あると思います。

特に「自虐癖」のある人は要注意

・できない・何でできないんだろう?・自分は能力が低い・できない自分を責めてしまう・どうせ私なんか・・・

ここで終わってしまう方は、自虐癖があるかもです。

この、自虐をやってしまう脳回路が働いてしまう1番の理由が、考える癖がついてい無い場合が多いんです。

よーく考えると。自虐しても物事が解決することは、まずない(笑)

では、どうしたら?だいたいは、パターンを変えることで解決する場合が多いんです。

自虐回路は。

①問題が起こる(失敗する)→起きたことに対して自分を責める→以上終了

これを抜け出すためには。

②問題が起こる(失敗する)→なぜ問題が起きたか?(失敗したか?)考える→原因を人に聞いたり(←こちらの方が効果的)自分で考えたりする→行動を変える(工夫する)→問題が起きにくくなる(失敗が減る)→自虐する必要がない

同じ問題が起きても、自虐回路と、考える回路ではこれだけ工程数が数が違うんです。

辛そうに感じて、実は楽なのは①

考えるという作業をしなくていいのでね。

ただ、エネルギーはかなり消費しますし。ストレスになるから疲れます。

それよりは。「考える」を習慣化して行動を変えた方が、同じ疲れるでも疲れ方が違います。

そして、変化というおまけつき。

人間は考える葦である

パスカルさん♪ありがとう♡

相似形(フラクタル)って何?

一昨日、福岡出張でした。

画像は、福岡から仙台に戻る時に飛行機の中から撮影したもの。

この日、福岡の天気は小雨。到着地仙台も雨の予報でした。

写真は、かなり上昇して厚い雲を抜けた時の景色。

離陸してすぐと、着陸の時の窓からの景色はこんな感じ↓

雲で覆われて真っ白。何も見えない雲の中を上下や左右にガンガン揺れながら、上昇していくと今までと違う景色が待ってくれています。

この、飛行機の上昇と私たちの人生って同じだなぁ・・・なーんて窓からの景色を見ながら考えていました。

飛行機の中から、Facebookとインスタにあげたので「見たよ?」って方もいると思いますが、こちらは拡大バージョンなので最後まで読んでね♡(笑)

飛行機の上昇と私たちの人生。何がどう同じかというと、人生高みに行こうとしたり、今よりもっと成長したいとか、自分を変えたい!とか考えて行動すると、だいたい色んなことが起こります。その大抵が揺れたり、不安定だったりして、まぁまぁしんどいわけです。

飛行機も厚い雲の中を通過中してる最中は、風強いし、揺れるし気圧も気流も不安定だし。不安にもなるし恐怖も感じたりします。

両方ともに言えるのは。ある一定の時期が来たら。景色は一変するということ。

飛行機からとった2枚の写真のように。同じ空とは思えない風景。

人生の上昇も。飛行機の上昇も。同じ構造だという事です。

これも、相似形。

自然界の中にも、相似形もたくさん存在しています。

小さな同じ構造をした集合体が、1つの大きなものを創り上げています。

実は、この相似形。

私たちの心と身体もこの相似関係だとアーユルヴェーダは教えてくれています。

心と身体はアーユルヴェーダの中では完全に相似形。心が幸福ならば化学物質が、体中の細胞に「幸せだよー」と伝えまくり細胞も幸せになる。(この役割が伝達物質ホルモン)

逆に悲しみや怒りの負の感情も、化学物質(ホルモン)を通して細胞に伝えられるから、免疫機能が弱まったり、ホルモンのバランスが崩れたり、体調不良や病気につながるわけです。

私たちの37兆個の細胞は、生きている限り止まることはない。私たちの生命を繋ぐために、1秒たりとも止まったりしないのです。

これを、相似形で考えると。

私たち人間は、動き続けなければならないということ。残念ながら「現状維持」はできない仕組みになっています。細胞から相似形を読み取ると、現状維持は衰退を意味します。

常に、動き続けるのもしんどいかもですが(笑)止まっている時間が長いといいことありません。

細胞が怠慢化して、きたないばばぁにならないように(笑)動いていこうと思います♪

ルナスーリヤオンラインショップはこちら←オススメは市場に0.08%しか出回らない完全国産すべて手作業で搾られたラペシードオイル(菜種油)これ以上安全安心な油はないと自負しています。とにかく一度食べてみて―♡

なぜ?疲れるのか?

株式会社サットヴァの実 現在、募集中の求人

◉ルナスーリヤ仙台店

https://caresapo.com/detail/jobId/52189

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_780054/?via_recruit_page=1

◉ルナスーリヤ表参道店

・キャリさぽ

https://caresapo.com/detail/jobId/52184

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_245601/?vi

いやー今日仏滅?って感じの1日でした。

午前中これ↓

自転車にブレーキかけさせた・・・という理由で白バイに御用。

距離があっても、自転車が反対車線にいても。

捕まるんですよ?

勉強になりました。

こんな時。私は超素直 笑

降参している犬のようです 笑

無駄な戦いはしないのが私流。白バイのイケメン隊員と戦っても。

勝ち目はないですからね。

どんな状況でもルールはルールですから。理不尽でも。

さて。

今日のお題

「なぜ?疲れるのか?」

あなたにとって、「いいひと」とはどんな人ですか?

優しい人?

親切な人?

完璧な人?

強い人?

妥協しない人?

バリキャリ?

美しい人?

隙が無い人?

自分軸を持ってる人?

家族がいる人?

他にもそれぞれ。人によっていい人の定義(←決め事ね)は違います。

この定義が、あなたの疲れを助長しているかも?です。

自分のベクトルがどこに向いているのか?

このベクトルが、自分が心地いいことではなく。

他人からの評価。

他人からの見た目。

他人からどう思われているのか?

自分が理想とする他人の姿。

いつもちゃんとしている自分。

ここにフォーカスして過ごしていると。常に自分の本質と違う自分を演じる癖ができて。

無意識にエネルギーを使うことになります。

エネルギーの総量は基本決まっています。

仮に100だとしたら。

この100をどこにどう配分するかが、あなたの疲労感と関係しています。

本当の自分。

本来の自分を、もし自分自身が否定しているとしたら。

全く違う自分を作り上げることにエネルギーを使います。

100%作り出さなくてはいけないのでエネルギーは相当持っていかれます。

燃費が悪い車のようですよね。

あなたのいい人の定義が本当にいい人なのか?

本来の自分を隠してまで、いい人を演じることに何の意味があるのか?

疑問や怒りを抑えてまで笑う必要が本当にあるのか?

あなたが、超HAPPYと思える人生を望むなら。

立ち止まって考える必要があるかも知れません。

演じても。素でいっても。

同じなのか?

答えはNOです。

無意識で演じることを選択すると。いずれ、身体は故障し壊れます。

ストレスという地雷を。時限爆弾を。

始動させないためには、自分が心地いい自分と向き合う必要があるのかも

知れません。

あなたにとって心地いい自分。

それが最高の自分かも知れません。

では、また!

02
友だち追加



ルナスーリヤオンラインショップはこちら↓

https://lunasurya001.stores.jp

怒りは炎症となって身体に現われる





株式会社サットヴァの実 現在、募集中の求人

◉ルナスーリヤ仙台店

https://caresapo.com/detail/jobId/52189

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_780054/?via_recruit_page=1

◉ルナスーリヤ表参道店

・キャリさぽ

https://caresapo.com/detail/jobId/52184

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_245601/?via_recruit_page=1

写真のちびニャン♡

生後10日くらいで、保護したニャンです。

今は、ミルクボランティアさんの下、すくすくと育っています。

仙台(または宮城県内)で、この子たちを家族として迎えてくれる方が、いらっしゃったら連絡ください♪(猫の寿命は10年以上です。お金もかかります。お世話をする時間も必要です。でも、お金と時間と愛情かけてよかったと、思うこともたくさんあると思います♡)


さて、今日のお題。

「怒りは炎症となって身体に現れる」

心と身体が同じものであることは、もう何度も色んな場面で書いています。

にわかに信じがたいことかもしれませんが、アーユルヴェーダや量子力学の世界では、当たり前の話です。

心を可視化したのが、私たちの身体。

ですから、私たちの身体は自分が意識していない心(感情)を表現して、感情に意識を向けさせようとします。

ただ、身体が感情を表現しているなんて、頭でも心でも結びつかないので、自分を意識することなく、身体からのサインを見逃してしまうのです。

アーユルヴェーダでは、どんな感情が身体にどんな症状を表すのか?も教えてくれています。

今日は「怒り」で、現れる身体の症状について、お伝えします。

まず、怒るってかなりエネルギー使いますよね?大前提ですが怒りはパワーがないと湧きません。怒れるってことは、パワーがある。という事の表れでもあるという事です。

このパワー。使い方間違えると結構厄介。ちゃんと使うべきところにパワーが使えていれば、トラブルは起きませんが使い方を間違えると様々なトラブルに見舞われることになります。

これに関しては、ちと違う方向の話なので、またの機会に。

お題に戻して。

怒りが湧くと私たちの身体は熱を持ちます。

頭に血が上るとか、カーっとなるとか、頭から湯気がでるとか。

怒りを表す表現は、熱を連想させるものが多いですよね。

熱いというエネルギーは、アーユルヴェーダでいうところのピッタ(火と水)の

現れです。

怒りで炎症が出やすい身体の部位は、胃、小腸、肝臓、膵臓、胆嚢、心臓、赤血球、目、皮膚、怒りが蓄積するとこんな臓器に異常が出やすくなります。

症状としては、胸焼け、下痢、胃酸過多、逆流性食道炎、胃潰瘍、貧血、胆嚢炎、膵炎、心臓疾患、目の充血、湿疹、顔面紅潮、ニキビ、皮膚炎などがあります。

怒りは熱を発し、炎症を起こしますが、これはあくまでも蓄積しての話。今日、怒りを感じて明日症状が出る人なんていませんからね。むしろ、その方が分かりやすいんですが、蓄積して初めて症状となるわけです。これが厄介・・・

では、なぜ?蓄積してしまうのか?それは抑圧と我慢そして・・・見ぬ振り(笑)

感情のごみ箱に放り込んで蓋をする→怒りや欲求不満、恨み、妬みこんな感情を感じてしまう自分のことをNGと決めて→一時的に怒りの類の感情を感じなくなる(心のセンサーが壊れた状態)→自分は怒りを感じないという決め事をする→いずれ、ごみ箱の蓋が閉まらなくなったとき身体が表現しだす。こんな流れです。

感情の扱いが難しいのは、隠すことができるという点。他人には隠しても何の問題もありませんが、自分が自分に感情を隠すことをが危険です。

怒りは感じていいんです。怒っていいんですよ。

もちろん、他人にのべつ幕なし怒りを振りまいていては、ただの迷惑な人になりますから、自分自身で自分の怒りをしっかり感じて下さい。

怒りをずーっと押し込めて、アレルギーや皮膚炎、湿疹などに悩まされているクライアントをたくさん見てきました。

怒りや怒りからくる寂しさ、孤独感、自己批判、敵意、に気が付いて、認めて表現することで、身体はいい方向に向かうこともあるのです。

アーユルヴェーダでは、怒りのコントロールアーユルヴェーダをする方法として

奇声を発しながら(←ここ大事 笑)お皿を壁に投げつけて、好きなだけ割るという方法があります。

まぁさすがにお皿を投げつけるのは、あとかたずけも大変ですから・・・クッションを投げつけるとか、車の中で奇声を発する、なんていうのがおすすめです。

あとは、小さな怒りをないものにしないこと。

人との会話で、納得できないで悶々することを減らすことも、怒りを溜めないコツです。納得いかないのであれば、その感情を言語化して、相手に伝えるという努力をしてみてください。

実は、日本人はこの感情の言語化が、ちと不得意。不得意だからうまくいかずあきらめて、私さえ我慢すれば、もういいや的な方向に行ってしまいがち。これこそが、蓄積なのです。

怒りを感じやすくなる食習慣もあります。添加物の摂りすぎ、香辛料のききすぎた食事、チーズ、酢、アルコールなどの酸味のあるものや、発酵が進んだ酸っぱいものの摂りすぎにはご注意ください。

最近、怒ってないなの方も。最近怒りを感じやすいなの方も。自分の怒り、意識してみてくださいね!


02
友だち追加
登録よろしくお願いします!!

オンラインショップはこちら↓
https://lunasurya001.stores.jp/