アーユルヴェーダ



株式会社サットヴァの実 現在、募集中の求人

◉ルナスーリヤ仙台店

https://caresapo.com/detail/jobId/52189

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_780054/?via_recruit_page=1

◉ルナスーリヤ表参道店

・キャリさぽ

https://caresapo.com/detail/jobId/52184

・エンゲージ

https://en-gage.net/lunasurya_saiyo/work_245601/?via_recruit_page=1



杜の都仙台は、若葉がきれいな季節がやって来ました。

写真はルナスーリヤ仙台店がある、定禅寺通りという場所。

お祭りや光のページェントなどの多くが開催される、とても

広々とした美しい通りです。

さて、今日は私が指針とする学問のうちの1つ

アーユルヴェーダを、簡単にご紹介したいと思います。

私がアーユルヴェーダに出会ったのは、約20年ほど前。

色んな、学問を見る中で「人間とはこういうもの」という考え方ではなく

人間には個性と同じように体質があり、

「様々な病気の主な原因は人間の種類にある」と、いう考えが深く腑に落ちて

学び始めました。

人間の種類によって合うもの、合わないものがあると明確になった時

自分が何をしたいのか?これから、何を生業にしてくのかが

はっきりした感覚になったのを、今も鮮明に覚えています。

アーユルヴェーダでは、身体も、食べ物も、環境も、生活習慣も、心も、感情も、思考も、すべてが人それぞれ。

食べ物に関しては「万人に良い食べ物も、万人に悪い食べ物もない。食べ物は自分にとって良いか悪いかしかない」と説いています。

簡単な例だと、私のぶどうジュースは体質に合わない説 (笑)

一般的にもアーユルヴェーダ的にも、フレッシュなぶどうジュースは良いものと

されていることが多く、特に私のピッタ・ヴァータ(後ほど簡単にご説明しますね)

と、いう体質にぶどうは良しとされています。

ですが、どんなにフレッシュなぶどうジュースを、飲んでも必ず「胸焼け」を起こします。

ちなみに。ワインは全く問題ないです (笑)

こんな風に、アーユルヴェーダでは個体に合うこと、合わないことがあり

合うことを取り入れ、合わないことを排除するという考え方。


まだまだ、面白いところは、たくさんあります。

私たちをコントロールしているのは「心・精神」であるという点。

これは、人の身体に触ることを生業にしている人なら、うん。うん。と

思わず、うなずきたくなるような事実です。

こんな風に、とっても面白く知恵が満載のアーユルヴェーダ

皆さんにも、どんどん知って頂きたいです。

簡単に。アーユルヴェーダに出てくる言葉の意味をご紹介。

アーユルヴェーダで、使われている言葉は「サンスクリット語」といい

インドで用いられた古代語です。

※画像の無断使用は、著作権侵害にあたります。コピー、転用を禁じます。


もっと知りたい!学びたい!と、思われるはリクエスト頂ければZOOMなどの

講座も、今後考えていきたいと思っています。

本格的に学びたい方は、スクールをご紹介しますよ。

アーユルヴェーダ等のミニ知識を知りたい方は、LINEのお友だち登録を

お願いします!

ほぼ毎日、配信しています。

「知識がなければ、意識はできない」

02
友だち追加

登録よろしくお願いします!!



オンラインショップはこちら↓
https://lunasurya001.stores.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です