やってもらって当たり前がストレスを作る

13日に起こった地震の影響で、東北新幹線が今も不通のままです。

不通の間は、普段は飛んでいない羽田ー仙台間が就航してくれていて助かったー

飛んでなかったら車かバスという選択肢になりますからね。片道4時間。

新幹線よりは、ちと時間も手間もかかりますが、それでも短時間で運んでくれるのは、ありがたいことです。

24日に東北新幹線全面復旧♪運転再開♪の予定ですが、まだ予約が取れない。たのむー!動いてくでー(笑)

さて。今日のお題。「やってもらって当たり前がストレスをつくる」

まぁ。このまんまなんですが(笑)

あなたが、ストレスを感じやすい、人にイライラしやすい、どんな環境に行っても同じアドバイスをされる。なんてことがあるとしたら。

今までの環境に感謝をしてみると良いかもしれません。

両親、夫、妻、子供、兄弟、友人、先生、恩師、先輩、上司、同僚、今までの人生で会ったひとたちへの感謝です。

人は、人生の歩みの中で、今までのステージよりも少し高いステージに行こうとしたときに、痛みや辛さを味わう場合があります。

今までの、ステージでは容易にできていると思っていたことも、できないことの連続だったり、ぶつかったり、転んだり。きっと色んなことが起きるんですよね。

その時に。自虐したり、腐ったりしないで(笑)今までの自分を容認してくれていた環境に感謝をしてみる。

特に、両親。

あなたが、安全に人生を歩めるように水たまりがあったら、水の上に段ボールをひいて通りやすくしてくれたり。雑草生えてたら抜いて見通しよくしてくれたり。色々しながら、あなたが歩む道の整地してくれていたのかもしてません。

いま、何かをできない自分が目の前にいるのなら。その自分は過去にもいたはずで。今、形成された自分ではないはず。

という事は?

過去、あなたを容認し、フォローしてくれていた人たちが、周りにたくさんいたのかもしれません。

そして、今。何かにぶつかって痛い思いをしてるとしたら。

今は、容認やフォローされる自分ではなく、自分が行きたい方向に行くために真の自分と向き合う時なのかも知れません。

自分の知らない自分が現れた時、どんな自分でもあなた自身が認めてあげてください。認めた上で、今の自分ではあなたの行きたい方向に行くのに不都合ならば、変えるための努力が必要かもです。

努力とか、根性とか思いっきり昭和ですが(笑)

昭和に日本人が成しえてきたことを見てみると。昭和チックも悪くないのかも知れません。

お題と内容あってない?(笑)

今日はこの辺でー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です