ファスティングにおける酵素について

今日は。

酵素のお話。

体内における酵素の働きは
といいますと・・・

食べ物の消化・吸収や細胞の再生・修復・解毒など、
体内で起こるあらゆる反応を触媒するタンパク質の殻で覆われた
物質(生命体)を指す。
酵素がなければ一切の生体反応は起こせず、人間も動物も
1秒たりとも生きることはできない。

※触媒とは?
 化学反応を劇的に早めることで、たとえは角砂糖にマッチの火の
 近づけても角砂糖は燃えないが、タバコの灰を置いて火をつけると
 角砂糖は燃え始める。これは燃焼という化学反応を触媒のタバコの灰が
 仲立ちした例

ちと。固くて難しいですが。
つまり。酵素が存在しなければ私たちの体の中で
起きている化学反応は、とてつもなく時間がかかるため。
生きていけない。

胃で食べ物を消化するのも。
もちろん化学反応ですから
酵素がないと、消化にとてつもなく時間がかかる。

酵素がない状態でステーキを食べると。

なんと。

消化に4億年かかるそうです 笑

この酵素。
体内で毎日生産されているのですが
一生で生産できる総量は、遺伝子に組み込まれ
各個人で違います。

お母さんが妊娠中にたくさんの酵素を
摂取していると、お腹の中の赤ちゃんは
たくさん酵素を生産できる子となって生まれてきます。

この、体内で生産される酵素を
「潜在酵素」といい。
食事などの体外から取り入れるものを
「体外酵素」といいます。

潜在酵素には。
・消化酵素
・代謝酵素
があり、働きが違います。

酵素ファスティングは。
この潜在酵素をどのように使うかに
着目し。
ファスティング中に体外酵素を
消化器官を動かさないで摂取する方法です。

ここで質問。
以下のことが思い当たりませんか?
・食べ過ぎ
・白砂糖・質の悪い油の摂取
・食品添加物の多い食事
・深夜の食事
・動物性タンパク質の摂り過ぎ
・睡眠不足
・野菜不足

このような習慣が思い当たる場合は。

消化酵素が大量に消費されてしまうため
生命維持活動に使用される代謝酵素が
消化酵素に回ってしまい。

新陳代謝の低下
毒素の蓄積
自己治癒力の低下
冷え性

などの症状があらわれます。

ですから。

ファスティング中に代謝酵素を
温存し、代謝を高めるため
酵素飲料を飲用するわけです。

普段は、消化酵素として使われている
酵素が、食事することをやめますと。
代謝酵素に一気に酵素が回るため。

代謝が上がり、細胞が活性してくれるのです。

ですから。

水だけでする断食とは。

全く違うわけです。

ルナスーリヤがおすすめしている酵素は
こちら↓

 カウンセリングの上しか購入できない商品ですが。
 素晴らしい商品です。

 せっかく。頑張るファスティングですから。
 品質に間違いないものを選びたいですね。

 12月から飲食の予定が目白押しの方には。
 11月と1月のファスティングをおすすめします。

 方法が分からない。
 誰かに相談したい。
 結果報告をするアドバイザーがほしい!

 の、方は。ルナスーリヤにご相談ください。

 では。

 今日の記事はこの辺で。


人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です