続・魂の話

こんばんは。

昨日。
お願いしました件は。
皆様のご協力により解決致しました。

ご連絡下さいました皆様。
ありがとうございました。

おかげさまで。
瞑想会は残席が5席となりました。

借りた会場をもう少し広いところに
しようかしら?と。
思いましたが・・・
会場がすでに。いっぱいでした。
20人くらいまで入れそうなので。
少し人数を増やせそうです。

興味あるある♡
と思われている方はぜひ。
ご連絡をお待ちしております。


今日。生けてもらったお花です♡

さて。
今日は。お約束通り。
昨日の続き。

たましい。について。

昨日は。
記憶は魂にファイルされています。
という。話を書きました。

今日は想像(妄想 笑)と魂について。
想像も。
ステージに引っ張り出されるまで。
脳には存在していません。
魂にファイルされている状態ですね。

この想像は。
過去の魂ファイルから作られます。
この。想像。
身体にかなり影響を及ぼします。

いい例を1つご紹介。
レモンが1つ。あなたの前に置いてあります。
そのレモンを手に持ち。
あなたはレモンを。
くし型に切りかじりつきます。
口の中にはレモンの果汁が流れ込みます。

この想像をした途端に唾液が出てきませんか?
レモンをかじった。という想像をしただけで
身体が反応しているんです。

でもですよ。
そのレモンは。
レモンという言葉を聞くまでどこに
あったのでしょう?

なんだか。
ややこしいと思いますが。
想像は確実に人の体に影響を与えるんです。

あ~なったらどうしよう。
こ~なったらどうしよう。
マイナスイメージが浮かびやすい人は
「どうしよう」という癖を魂にファイルしています。
そして。
身体に影響を与えているのです。

魂のファイルは書き換えることができます。

魂のファイルを言語化したり
行動に移させているのが脳です。

その答えは魂にありますから。
魂にアクセスする事が必要となってきます。

その。
アクセス方法が瞑想です。

魂がどこに存在し。
どう。アクセスするのか?

瞑想会と瞑想講座でお伝えしていきます。

では。また明日。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です