大人になる訓練

大人になる訓練をした。という自覚はありますか?

法律上は20才から「成人」という名の「大人」として
認められ、そして扱われます。

でも・・・19歳11ヶ月までは子供で20才になったら
突然、大人になれる訳がありません。

大人になるには「勉強」ではなく「成長」が必要です。

では?『成長とは』何でしょう?

今、私がしている「学び」では『成長』をこう定義しています。

成長とは、視野や行動範囲が広がる事と、調和が生じること。
心が成長すると広い視野を持ち、色いろな立場の人の心を理解し
それを認め、自分と他者とが調和できる。今まで出来なかったことが
出来るようになり、行動範囲が広がる

と、なっています。

簡単な事が書いてあるようで、実は結構難しい。

年齢を重ねても「大人」の訓練が不充分だと
「年齢だけが大人」
に、なってしまいいわゆる「大人子ども」をつくり出してしまいます。

「大人子ども」の厄介なところは30代くらいまでは支障が少ない事。
だから自分が「大人子ども」である事にきづかず40代を向かえてしまう。

40代の「大人子ども」には色んなトラブルが待っています
「なんとな~く最近色んな事がうまくいかない」
「私の人生こんなはずじゃなかった」
「最近、寂しさを感じる・・・」などなど。

そして、40代から自分の中の「大人子ども」を退治するのは
とても大変な作業です

20代~30代のうちに辛いことや苦しいことを経験し、そしてその辛さや
苦しさをのり超えたら「喜び」や「嬉しさ」「楽しさ」「感動」を味わえる。
という、経験を何度も何度も繰り返すことで人は「大人」へと
成長していきます。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」
「石の上にも3年」
「人生楽ありゃ苦もあるさ」←これはちょっと違った?でも的を得てますよね(笑)

10代~30代の皆様

大人になる訓練から逃げずに、子どもから「大人」に成長して
くださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です