親子関係の変化

おはようございます晴れ

今日も仙台は晴れて気持ちのいい朝です。

ただ・・・今年はものすごく風の強い日が続いていて毎日ゴーゴー音をたてて

風が吹いています。電車も風の影響を受けて止まり気味。

お客様のお肌も花粉や黄砂が飛びまくりなので荒れている方が増えています。

カファのエネルギーが増悪しやすいこの季節にヴァータのエネルギーも

悪化しやすい状態・・・ダブルパンチですねショック!

さて最近と言うか、かなり前から思っている事ですが「親子関係」が昔に比べると

随分、変化した気がします。

親・子・共に依存を通り越して執着になってしまっている親子関係を良く目にします。

30歳近くなっても実家にお金を入れることなく、全て親におんぶにだっこ・・・

それを嘆く親。嘆きながら仕方がないと手取り足取り、面倒を見続けて・・・

その結果、社会性が無く自立できない子供が自分の足で立つ事が出来ずに

自分で稼ぎ自分で食べて行く事ができない。

恐ろしい構図です。

ここで親・子共に分かっているようで分かっていないのは

順番でいけば親が先に「死を迎える」という事実。

最近、頻発している、親が死んでもそのまま放置、親の年金で

生活していた。年金の支給が無くなると食べていけないので

放置し続けた・・・

若い時からの「生きていく事」への意識の問題だと思います。

そして、この国のバランスの悪さも関係していると思います。

宮城県は被災後、多くの企業が雇用を生みだそうと努力し

その結果、求人のフリーペーパーは毎週かなりの求人数でページ数が

増加しています。

しかし、思うように応募が無い・・・

なぜだろうはてなマーク

色んなところから聞こえてくる声は「今、生活に困っていないから急いで就職しなくても」と

言う声。

う~ん

本当にそれで良いのかな?仕事をするってお金だけの問題じゃないんだけど・・・

20代は人生で最も重要な時期。

20代で培った事が、その後の人生を決めると言っても過言じゃないと

私は考えています。

自分が理想とする60代や70代になりたいなら

50代→40代→30代→20代と人生を逆算し今何をするべきか?を

考える事が必要。もちろん金銭的な問題だけではありません。

そして、親は自分がこの世を去る時に子供が自立している姿を

見届けてほしい。と思います。

予定通り、寿命を全うできる人ばかりではありません。

それは神のみぞ知るところ。

こんなはずではなかった・・・と思っても後の祭り。

お子さんが20歳を過ぎている方達には、大きくなった子供のお世話に翻弄されるのではなく

自分の人生を楽しんでほしいと心から思います。

それが心や身体の健康にもつながります音譜