SoulTreeのこと ②

2017年8月11日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://ameblo.jp/lunasurya/entry-12299875784.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日も書きます。

 

SoulTreeのこと。

 

現在、SoulTreeには。

フェイスコスメも。

メイク用品もあります。

 

メイクアイテムは。

 

リップとカジャール。

 

カジャールは↓

 

ギー(インドのバター)を加熱して出る「すす」に、様々なハーブオイルを混ぜてパウダー状にした、アーユルヴェーダ古くから伝わるアイケア製品です。目を冷やす効果があると言われています。
ソウルツリーオーガニックは、このカジャールをアイメイクに使用できるコスメティックに仕上げました。
主成分はギーとコクムバター。その他ハチミツやローズオイル、アーモンドオイルなどを配合し、スタイリッシュでありながら、目にもやさしいカジャールを、12色ご用意しました。アイラインだけでなく、アイシャドーにもご使用頂けます。

 

と、いうものです。

 

ですが。

 

当面の間、日本で販売するのは。

 

・シャンプー 3種類

・ヘアコンディショナー 1種類

・ヘアオイル 3種類

 

の、ヘアケア製品。

 

・ボディソープ 3種類

・ボディオイル 4種類

 

の、ボディケア製品

 

・フェイスウォッシュ 2種類

・フェイスミスト(化粧水) 2種類

・フェイシャルオイル(ホームケア用) 3種類

 

の、フェイシャルケア

 

以上。

 

8品目となります。

 

どの商品も。

 

・アムラ

・ツボクサ

・アカネ根

・ウコン

・アプリコットオイル

・ハリタキ

・ビビタキ

・ザクロ

・シャタバリ

・ニーム

・ヒマワリオイル

・アーモンドオイル

・ココナッツオイル

など、など。

(まだまだありますが、もうお腹いっぱいですよね?笑)

 

アーユルヴェーダ薬草のデパートや~♡

ってな、感じです。

 

こんなに、たくさんの薬草を配合していながら。

BDIHの厳しいオーガニック基準をクリアして

います。

 

これって。

結構すごい事なんです。

 

そして。

 

旧商品とは、中身も様変わりしています。

 

使用感や香り。

 

私、個人的には。

 

旧商品の。

THE : アーユルヴェーダ 

 

的な香りは嫌いではないのですが。

 

どーも。

日本受けは悪かった・・・・・笑

 

日本人のオーガニックコスメの

イメージは。

 

「いい香り」

 

と、いうことで。

 

もちろん、ナチュラルアロマオイルで

香りもお楽しみいただけるように改良しています。

 

日本デビューは10月を予定しています。

 

が。

 

日本上陸が11月だったから。

11月もありかしら?

 

と、考えています。

 

一つの村の現状を改善したいという

フェアトレードの概念から始まった

(詳しくは昨日のブログをご覧ください)

 

アーユルヴェーディックコスメ

SoulTree Organic

 

どうぞ。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SoulTreeのこと ①

2017年8月10日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://ameblo.jp/lunasurya/entry-12299875784.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お約束通り。

 

今日はSoulTree Organicについて書きますね。

 

私とSoulTree創業者 Vishal が出会ったのは。

2013年のこと。

 

それまでの数年間。

 

アーユルヴェーディックシャンプーを

探し続けていました。

 

SoulTreeは4社目に出会った会社でして。

 

それまでは。

 

結構。色んな意味でコテンパン 笑 でした。

 

そして。

 

2013年に日本への輸入を果たし。

 

インド大使館で日本へのお披露目をし。

今に至っています。

 

って。

 

ほとんど。端折ってますが 笑

 

過去の苦労話は。

もちろん普通にあります。

 

が。

 

みなさんにお知らせしたいのは。

苦労話ではなく。

 

SoulTreeの製品の素晴らしさ。

創業者の熱い想い。

 

というわけで。

 

今日は2013年11月にインド大使館で開催した

日本発売記念レセプションでの

Vishalのスピーチ全文をご覧ください。

 

インド大使館でのVishalのスピーチがこちら↓

 

201311月 ソウルツリーオーガニック

日本販売記念レセプションVishal スピーチ~

 

皆様、こんにちは。長い歴史の中でお互いを敬いあう関係にある、ここ日本でSoulTreeをご紹介できることを心から光栄に存じます。 インドには日本にも共通する豊かな文化的、精神的な遺産があります。 自然を崇拝することもその一つです。 科学やテクノロジーが発達していくほどに人類の自然との関係性がますます重要になっています。 SoulTreeは人と自然の関係性に立ち返り、アジアではなじみのある自然との共存の哲学に基づいています。 

私は、ヴィシャル・ヴァーンダリと申します。 私は1999年に待遇の良かった前職を離れ、起業しました。 世界は新世紀に向かうまさに世紀末、人類は貧困の悲劇や紛争、災害から解放され、平和と幸福の世紀がくるべくという気運でした。 若い青年であった私もその理想に自身を委ねられる職責を模索していました。 自我の欲求に支配され、自然や他のものを軽視する経済成長が進むにつれ、どこかで読んだ持続可能な進歩発展が未来の幸福な社会の基軸になると考えるようになりました。 私はこの持続可能な進歩発展にのっとったビジネスモデルを構築することを決意しました。 これが私の起業の始まりとなりました。 

しかしながら、果たしてどのようなカタチで企業として機能を果たすべきか、わかりませんでした。 しばらくして、友人たちに誘われヒマラヤの自然の中を旅する機会がありました。 昔からインドの賢者は真理を求めるためにヒマラヤを目指したといわれています。 私は滞在中にある農民に出会いました。 彼は小さな畑でハーブを育てたり、森から摘んできたりしていました。 私は彼らの営みのなかに自然への尊敬を大事にする姿勢に大変感銘を受けました。 彼らは決して自然を根絶やしにすることなく、化学肥料を使用することもありませんでした。 それは聖なる自然に対する彼らの信念であり、彼らの農法にも実践されていました。 ヒマラヤの汚れのない環境のなか有機農法で育つハーブは品質が高いものでした。 しかしながら、徒歩でしかアクセスできないような辺鄙な地域に住んでいる農家にとっては市場との直接的な関わり合いがないため、彼らの重労働に見合う十分な代価を得ることができませんでした。 時には彼らは地元のハーブ商人に安く搾取されることもありました。 私がある農民に聞いた話です。 彼はある商人から良い価格での取引を持ちかけられ、遠方から良質なハーブを自身で担いで届けましたがその商人はその価格での取引を断わったのです。 持ち帰ることもできず、ほっとおけば鮮度も落ちてしまうリスクもある中で農民はやむなく半額で取引させられてしまいました。 このような手口は、純粋な農民をだます常套手段だということでした。 私は、もしもこの良質なハーブを求める新たな市場を海外に作ることができれば、適正な価格で取引され、ひいては生産する農民に見合った対価が支払われると考えました。 私はそのような思いで、ビジネスを始めることにしました。 

当初は、需要と供給双方に色々な問題がありました。 新しい企業にとって顧客を得ることは容易いことではなくて、顧客には実績を求められますが、実績はまず顧客を得ることが必要でした。 それはまさに初めての仕事を、取らないと経験できないのに経験を求められる仕事を取るようなことでした。 同時に私は農家にたいしてインド国内ではほとんど価値のない、しかしながら国際市場では価値のあるハーブを育てることを説得する必要がありました。 しだいに私は欧州市場でのいくつかの顧客を見つけることができました。 オーガニックハーブを供給するビジネスが成長するに従い、消費者向けの完成品として販売することがより高い価値を創造できると考えるようになりました。 そして地元のNGOと連携してハーブを供給する小さな生産者グループをつくりました。 これにより仕事を創出することで地元から職を探しに都会へ出ていく若者の流出をおさえることにつながりました。 そしてこのビジネスは好転していきました。  

しかしながら、わが社が欧州でハーブを供給販売するには欧州諸国の法律に準拠しなければならないという障壁にぶつかりました。 EU諸国で許可を取るには多額の資金が必要で小さな企業には支払う余裕などありませんでした。 これはわが社の限界を見せつけられることとなりました。 しかし私はあきらめることなく他の道を探しました。 わが社はすでにハーブを扱っておりましたので、さらに深く見ていくとそれらのハーブの多くはアーユルヴェーダの世界でスキンケアやヘアケアの材料として重用されていたのです。 そしてこの農家が育てたオーガニックハーブをつかった美容製品を作るという妙案を思い付きました。  

しかし、私には美容製品に対する知識がなかったため、いくつかのメーカーに製造を依頼しました。 ところがこれらのメーカーから出てきたものにはハーブだけでなく化学成分を多用しており、とても満足のできるものではありませんでした。 これはハーブの効能を阻害するだけではなく、化学成分は種類によっては長期間の使用により有害になりえるものでした。 残念ながら消費者はこのことに気づかないでいます。 わが社の道徳理念として自然を敬うことがあります。 その自然とは人類をも含みます。 私はこのハーブの裏に隠された化学成分がはいった製品を提供し、消費者をだますことはできませんでした。 私は、美容製品には発泡剤、乳化剤、香料などが必要でハーブだけでは製造できないことを知りながらもそれらの材料も天然由来の材料を使いたいと考えたのです。 私は私財を投じて研究開発をはじめ、続いて製造を始めました。 美容専門家やアーユルヴェーダのセラピストと開発チームを組織し自然化粧品を徹底的に研究しました。 それは難しい作業で、インドの大企業にいる経験のある化学者でも天然由来の成分を配合した化粧品をつくる知識はありませんでした。 原材料を入手することも難しく、日本を含む海外から調達しなければならないものもありました。 研究を始めてから2年ほどしてわが社はようやく最初の化粧品セットを開発するに至り、ドイツで自然、オーガニック化粧品の基準を定める機関でとして知られるBDIHから認定を受けることができました。 わが社が製造する製品がドイツ、フランスへと輸出され始め、好評を得ることができました。 そののちわが社はSoulTreeをインドで初めてナチュラル認定を受けたブランドとして国内に展開することができたのです。 このことはわが社の誇りです。 そして今わが社は、ヒマラヤの農家を支援したいという思いから始まったSoulTreeをインドからすべての国へお届けしたいという願いを持っています。  

わが社は、インド文化に欠くことのできないアーユルヴェーダを崇拝している小倉侑子さんと、出会う幸運に恵まれました。 私はまた、彼女が私と同じ理念を持って起業したことを知り大変感銘を受けました。 そして彼女のご尽力で今こうして、SoulTreeを日本でご紹介する機会に恵まれています。 SoulTreeは、自然と、自然のよいところを届けてくれる農家と、そして最終的にはSoulTreeを支援してくださる消費者の皆様を敬い、尽力するということを最後に今一度お約束したいと思います。 

 

有難うございました 

SoulTree創業者 

ヴィシャル・ヴァーンダリ 

 

 以上なんですが。

 

実は。Vishalの奥様のスピーチ文も

貼り付けたのですが。

 

文字数の上限を超えてるとかで。

UPできませんでした・・・・

(アメブロに40,000万文字っていう制限あるの知ってました?)

 

ですので。

 

Vishalのスピーチ文だけで。

十分。

想いは伝わるかと♡

 

明日は。

 

製品について書きますね!

東急ハンズでの販売が決定しました!

2014年7月9日

 

 

 

 

昨年12月から日本で販売を始めた
オーガニック&アーユルヴェーディックコスメティック
「ソウルツリーオーガニック」

 

 

東急ハンズ「新宿店」「渋谷店」での販売が
決定しました

7月中旬くらいから店頭でご覧頂けますインド

少しずつメジャーデビュー笑
果たしています
フラッグ・日本インド

そして、昨日は新商品がインドから到着したので
検品作業に立ち会ってきました

 

フェイスウォッシュ2種類
リップバーム2種類
ボディーバター1種類
が新たに加わり・・・
そして

ご要望の強かったシャンプーとシャワージェルの
お徳用500mlとコンディショナーのポンプ付きタイプ
が来日
笑

詳しくは近々・・・
 ソウルツリーオーガニック
で公開します。

皆様!ソウルツリーオーガニックを
よろしくお願い致しますおじぎ

 

 

 

 

 

 

ナチュラルビューティーF&F様のディスプレイ

2014年5月11日

 

 

先日、ソウルツリーオーガニックが東京,自由が丘のお店ナチュラルビューティーF&F 様にお取り扱い頂ける事になった
と、いうことはご報告させて頂きましたが・・・

こ~んなに素敵にディスプレイして頂いているようです
スタッフ様のブログより

嬉しい限りです

ソウルツリーオーガニックを日本に上陸させて
約半年。

ルナスーリヤのお客様にはご愛用者様がたくさん
いらっしゃいますありがとう

そして・・・大変嬉しい変化を実感して頂いています。

・髪の毛が丈夫になった
・地肌が見えなくなってきた
・髪の毛が絡まなくなった
・抜け毛が減った
・頭皮のかゆみがなくなった
・人から髪の毛の色が黒く濃くなった。と言われた。

などなど・・・キャハハ

最初は使用感が日本のシャンプーとかなり違うので
洗っている時の「きしみ感」がやはり気なる。と
言われていましたが・・・

この頃は「髪の毛が丈夫になるときしみもなくなるのね~」笑
髪の毛や地肌の変化を実感して頂くまで
平均すると・・・3ヶ月位かな~と思っています。

最近、あらためて・・・アーユルヴェーダってスゴイインド

と、再認識していますおぉ!

 

 

嬉しいレビュ-♪

2014年2月24日

今日の朝、と~っても嬉しいメールを頂きましたキャハハ

先日、インターネットショッピングで
ソウルツリーオーガニックのリペアシャンプーと
ヘアコンディショナーをお求め頂いたお客様からの
メールです
キラハート
本当はメールをそのままコピーして掲載したかった。のですが・・・
ブログにそのままコピーする方法がわからなかったので・・・

原文のまま、打ち直して掲載させて頂きます苦笑
いつになったら慣れるのか・・・勉強します・・・(涙)

お世話になっております。
ご返信ありがとうございました。
(使用方法の事で1度メールのやりとりをさせて頂いていました)

シャンプー、コンディショナー、届いてすぐ使い始めました!
海外のレビューで書いてあった最初の数日間のべたつきは全く感じません。
むしろ、洗髪から24時間経って少し油のベタつきがあった頭皮が、
ベタつかなくなっています。ただやはり泡が立たないため、ついつい
量を多く使ってしまいました。本当はそんなに少量(大豆粒くらい)で
大丈夫なのですね・・・ご指摘どおり、二度洗いしてみます。

コンディショナーも、「あれ?これで本当に髪全体に行き渡ってるの?」
という感じでした。

でも、髪の仕上がりは「ほわっほわ」で、艶もすごいです。
クセも、マネージしやすくなっています。

今まで色々な自然派系シャンプー(石けんシャンプーも含め)を
試してきましたが、どれも納得できずにいました。
でも、これはすごいです。使い続けたいです!

製品ラインナップが増えた際には、是非カタログお願いします。
楽しみです。

ありがとうございました!

もう・・・感無量です涙
今すぐお会いして直接お礼を伝えたいくらいですおじぎ

お客様がソウルツリーオーガニックをお知りになられたのは
海外のレビューをご覧になったのがきっかけとの事でした。
これにも感動しました
ありがとう

昨年12月に日本デビューしたソウルツリーオーガニック

まだ、よちよちあかちゃんで成長中ですが・・・
自信を持って成長したいと
前にならえ思います

 

掲載されました!

2014年1月31日

ソウルツリーオーガニックのリペアシャンプーと
ヘアコンディショナーが
またまた

全国紙に掲載されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GISELe (ジゼル) 2014年 03月号 [雑誌]/著者不明
¥690
Amazon.co.jp

P139
「初上陸のオーガニックブランドをねらうこと!」

ぜひ

ご購入の上

ご覧下さいませ
 

 

 

 

 

 

掲載されました!

2013年12月27日

ソウルツリーオーガニックの商品が
全国紙に掲載されました

 

 

 

 

Yogini(ヨギーニ) 38 (エイムック 2754)/著者不明
¥980
Amazon.co.jp

ヨギーニの心意気「エシカル」ライフ事始め
という記事の中でリペアシャンプー・ヘアコンディショナー
プロテクティブシャワージェルをご紹介頂きました

エシカルとは・・・
 「倫理的」「道徳的」という意味の形容詞である。
 近年は英語圏を中心に倫理的な活動を「エシカル」と表現し、
 エシカル「倫理的=環境保全や社会貢献」という意味合いが強く
 なっている。-ウィキペディアより-

そして・・・お次は
Domani (ドマーニ) 2014年 02月号 [雑誌]/小学館

¥730
Amazon.co.jp

179ページの
「お国でこんなに違うんです!アジアの黒髪事情」
という記事の中でトリファラシャンプーと
ヘアコンディショナーをご紹介頂きました

ぜひご購入の上ありがとう
ご覧下さいませ

 
 

 

 

ありがとう!シャワージェル

2013年12月14日

ソウルルリーオーガニックの商品を
ルナスーリヤで販売し始めて1ヶ月半ほど。
以外
と言ってはなんですが・・・
シャワージェルの人気が高く嬉しい限りです

特に乾燥が激しい季節だから良さを実感して頂けたようで。

先日、お越し頂いたお客様。
ひざ下が毎年、冬になると痒くて掻き崩してしまうそうで・・
11月下旬にご来店頂いた時は
すでに真っ赤になっていらっしゃいました
その時にシャンプーとコンディショナー・シャワージェルを
セットでご購入。
ありがとうございましたありがとう
そして、先日12月10日にご来店頂いた時の私との会話。

私  「シャンプーいかがですか?」

お客様 「良いと思いますよ。髪の毛しっかりしてきた感じ。」

私 「触っててもそんな感じしますね。」
   (施術は頭から入るので1番最初に触らせて頂くのが髪の毛です)

お客様 「シャンプーもいいんだけど・・
           私はシャワージェルが気に入りましたよ。」

私 「あっ!乾燥どうなりましたか?」

お客様 「痒みが本当に少なくなって。
        あまり掻くことも無くなってきたから赤みも
          引いてきて。本当に良いと思います。
           軟膏も塗らなくて良くなったし。」

私 「それは良かった!足、後で見させて頂きますね。」

その後、足をトリートメントする時に見させて頂いたら
本当に綺麗になっていてびっくり
こんな事はここ数年なかった。と本当に喜んで
頂きました

自分がシャンプーを探し続けてやっと輸入できた!という
思いから、ついついシャンプーの感想を先にお聞きしてしまう
         私・・・反省しました・・
お客様の状況で乾燥がひどいと分かって
いたのに・・お肌を先に気遣うべきだったと。
(いくつになっても、何年この仕事をしていても、やはりお客様から教えられます)

その後も・・・

「80歳をすぎた母の乾燥が
 良くなったのよ~横取り笑されたから
 今日また買っていくね」

「乾燥してブツブツが出てたのに良くなってきた

そして1番多いご意見が

「寒くなってくると、乾燥して粉がふいて、痒くなって
 掻いて、傷だらけになる。を繰り返していたのに
 今年は痒くない!」

と、いうご意見。

お役に立てて光栄ですキラキラ

今度はルナスーリヤのお客様に顔出し・名前出し
年齢出し
笑でソウルルリーオーガニックのHPに
登場して頂こうと たくらんで 計画しています

   

           

 

レセプションの画像

2013年12月13日

早いものでソウルツリーオーガニックのレセプションが終了して
早3週間

おかげさまで雑誌への掲載がドンドン決まって嬉しい限りです。
掲載してくださる編集者の皆様。本当に有難うございますありがとう
今日は12月4日の
大使館でのレセプションが終了して10日
掲載できなかった
画像をご紹介

 

 

 

 

        ソウルツリー創業者Vishalスピーチ中

 

 

        ソウルツリー広報Swatiスピーチ中

 

 

 

        私。ご来賓の皆さまへご挨拶中

 

 

 

 

         3人で頂いたご質問に回答中

 

 

 

 

 

        スタッフの北湯口は笑顔でお出迎え

そして・・来日中にVishalとSwati夫妻が・・

 

 

 

 

 

 

なんと来日中に結婚10年目の結婚記念日を
迎えました

お互いを尊敬しあい、苦楽を共にしてきた信頼関係が
しっかりとできているとーっても素敵な夫婦です

そしてレセプション終了後は打ち上げで居酒屋へ

 

 

 

 

 

 

1番手前の女子がバーモントカレーを山ほど買って
インドへ帰った通訳のRumyです
カレー

レセプションの反省会をして、これからソウルツリーオーガニックを
日本で広げるためにインドと日本、協力して頑張ろう力こぶと、
更に結束を強めた夜でした
夜空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の展開

2013年12月7日

今日の仙台はと~ても寒いさむっ…orz
本格的な冬到来!といった感じです。
昨日から毎年恒例の「光のページェント」も始まり・・
あ~今年が終わっちゃう
と意味もなく焦っております。
ハイ・・・
今日はこれから増えていくソウルツリーオーガニックの商品を
ご紹介

 

 


左から・・・
一番左側が「ヘアオイル」さらっとしたとても香りのよいオイル
アーユルヴェーダ!と言ったらこれは、はずせませんね。
左から2番目。フケ、痒み用のシャンプー。
左から3番目。
フェイスウォッシュ オイリー&コンビネーションスキン用
左から4番目。フェイスウォッシュ ノーマル&ドライスキン用
左から5番目。ボディ用モイスチャーライザー
そして手前の2つはリップバーム2種類です。
リップバームの中身は・・・

 


こんな感じです
そして・・・

 

 

 

 

 

口紅さらにぷっくりとカジャール目力+.°☆
カジャールって何?と思われた方も多いと思いますが
日本的にいうとアイラインのようなものでインド女性には一般的。
元々は目の健康の為に目の淵に塗られるもので、ペーストとか
クリーム状の物が多かったのですが近年、使いやすいように
画面、右側のような形状の物が多くなってきました。
そして、色も黒ブラックハートが普通だったものがおしゃれを楽しめるように
こんなにカラフルにハート
この口紅とカジャールの主原料はギーという日本でいうとバターみたいな
乳製品です。色は無機原料なので、とっても安全
口紅は10色・カジャールは3色くらいから輸入を始めたいと思っています。

この色、ぜひ試してみたい!などありましたら
ご意見など頂けるとありがたいです
じつは・・私、ほとんど口紅使わないので・・・
でも、使わなかったのは唇が荒れるから。だったんですよね。
だから・・・今度からは使えるようになると思います

新商品は「春」の販売を目指しています。
日にちが決定したらHPやブログでお知らせしますね。

 

 

 

 

 

ソウルツリーとの出会い

2013年12月6日

ここの所、ずーっとソウルツリーの事ばかりですが・・・
まだまだ続きます
ソウルツリーとの出会いは、まさに「神様に導かれた」と
思うほど、偶然が重なり合っての出会いでした。
この偶然が無ければ、多分私はインドからアーユルヴェーディックコスメを
輸入することを諦めていたと思います

最初にインドからアーユルヴェーダレシピのシャンプーを輸入したい!と
思ったのが、今から7年前。それはお客様がきっかけでした。
インドへ行った時に、お客様へお土産で買ってきたシャンプーが
「すごく良かった!また欲しい!」と複数のお客様からご希望を頂いた事が、
事の始まりでした。もちろん、私もその良さは実感していました。
お客様が良いと評価して下さることに関しては「自信」が持てます。
よし!インドからシャンプーを輸入しよう!と一念発起
まずはその良いと評価されたシャンプーを輸入すべく行動を起こしました。
結果はすぐにNG
日本には「世界一厳しい」べーと言われる薬事法がある為、詳細な内容成分が
必要です。その細かさがインド人には理解できない・・・いくら説明しても
作っているメーカー自体がその事を把握してないんじゃないか?と思うほど。
細かい質問を投げかけているうちに、メールの返信が来なくなりました笑
次にコンタクトした会社も同じ状況。次の会社は、途中までコンタクトができていたにも
関わらず、急に・・「そもそも日本への輸出に興味がない」
ここまでで3年は軽く経過していましたリヴァイ怖い

時は3年経過していましたが、お客様の「大丈夫。待ってるから」の言葉に
支えられ、次へトライ!

その次にコンタクトした会社とは丸2年コンタクトしていました。
そして・・念願の輸入だ!と準備は整い・・・最終的に日本で独自に製品の成分検査を
する為に製品を数種類送ってもらいました。検査結果は・・・日本での禁止成分が
検出されました原因が分かれば排除もできるのですが、なぜ?その成分が
検出されるのかインド側にも分からないようでした。日本での専門家いわく
多分、仕入れてる原料に含まれているのでは?との事で、この時点で
原因が分からず、この会社もギブアップ

もうダメなのか・・・と一時的に諦めムードが自分の中に漂い始めましたが
(お金も時間もかなり費やしましたから・・・)もう1回だけと思い、過去に
コンタクトを試みたものの製品が全くもって日本では無理!と思った会社に
日本仕様の私が希望する商品を作れませんか?とコンタクトしたところ
できると思う。との回答。話を詰めていくうちに、商品を持って日本に行くから。と
本当に日本までやって来た、その会社の代表者。
製品も数年前に比べたら、格段に良くなっている。と感じたので、この会社と
頑張ってみよう!コンタクトを続けること1年。話が進んで来たので
実際に工場や会社が見たいと思い(過去の失敗から学びました)
インドへ。今思えば、このインド行きがソウルツリーとの出会いの始まりでした。
(まだ知る由もありませんでしたが・・・)
このインド行きには、いつも私の通訳と翻訳を一手に引き受けてくれているLinが
日本から一緒に行くはずでした。それが・・・急遽、事情で行けなくなり
大慌てで、ありとあらゆるツテを辿り、ムンバイで通訳をしてくれる
人に巡り会いました。それがRumyのお父さんでした。(インド人)
お父さんは日本に20年以上住んでいたこともあり、日本語はペラペラ。
良かった・・と安堵して、ムンバイに到着するなり「僕は他の仕事で、あなたの
通訳はできないから、娘のRumyが同行します。」といきなり話が違う
Rumyは11歳まで関西で育ったので日本語は理解してそうだが・・若干頼り無い。
でも贅沢は言ってられない!よろしくお願いします!
という訳で、次の日から工場見学やミーティングを重ねました。
結果は最悪・・・話をしていたことが、ほとんど嘘で固められた現状でした。
それはRumyも途中から気が付いていたようでした。
(あとから聞いたら・・やっぱり気づいていたそうです笑
でも、ムンバイ滞在中Rumyの働きは素晴らしく、それだけに救われて
日本に帰国しました。帰国して数々の私の指摘に、その会社は
逆ギレ帰国後1週間で全ては終了しました。
この時点で、もう止めよう・・・もう無理だ。という気持ちしか湧いてこない自分が
いました。インドという言葉も聞くのが嫌になりTVでインド特集なんか
やっていようものなら即消し笑
そんな状態が2週間くらい続き・・・Rumyの働きを日本で思い出していました。
Rumyに会社探しを依頼してみようかな?そう思わせてくれたのはRumyが
最後に言った一言が頭に残ったからでした。「私は日本が大好きです。
インドの事で私が何か役に立てることがあったら、いつでもSkypeしてください。
いつもオンラインにしておきます。」

Skypeしちゃいました笑

そうして、Rumyから送られてきた数社の資料の中に「ソウルツリー」が
ありました。ソウルツリーを選んだのは、今までの失敗で養ってきた
野生の感です。
感は大当たりでした。今までずーっとお付き合いして下さった内容成分を
きっちり日本の法律に照らし合わせてくれる専門家のKさんも、この会社は
間違いないですねと一緒に喜んでくれました
日本への輸入を果たしました。
そして今、サロンで多くのお客様に喜んで頂いています。
「やっと念願かなったね。」「時間かかったけど良かったね!」「すごくイイね!シャンプー」
「今年はいい年越しができるね」「待ってて良かったよ」

私を強くしてくれたのは間違いなくお客様です。
ありがとうございます

まだ日本でのソウルツリーオーガニック物語は始まったばかりです。

これからは、どんなストーリーが待っているのか?

ワクワクしています。

※長文にお付き合い下さいまして有難うございました

 

ソウルツリーオーガニック製品発表会Swatiスピーチ全文

2013年12月5日
皆さん。こんにちは。
ひとりの女性として、美容製品は私たちにとって大変身近なものです。
それは、すべての女性の生活の中でも大切な一つです。
しかし私たちは、どれくらい美容製品について知っているでしょうか?
何が配合されていて、長期間の使用で私たちの髪や肌にどのような効能が
あるのでしょうか?肌につけた物の約60%は体内に吸収されると言われています。
ですから私たちは、何を使うか?という事に慎重になることが重要です。
私はスワティ・カポールと申します。
私はソウルツリーの共同創業者であり、最初の消費者です。
私は幼い頃、祖母が持っていた小さな手帳に記された、家庭で取れる
ハーブを使った簡単なアーユルヴェーダの化粧品のレシピが今でも思い出として
記憶に残っています。少女の私は、そのレシピに魅せられ自分で作った化粧品を
作っては試していました。
成人した私はインドのトップ機関でデザインの勉強をし、大企業で働く機会も得ましたが、
私の興味は自然や手作りのモノを作ることに傾倒していました。
私はVishalから純粋でオーガニックな美容製品をつくる計画を知らされた時に、
それらが昔、祖母が持っていたレシピ本のハーブと同じであった事に
大変、興奮したことを覚えています。私は、女性たちが安全に使えるものを
つくろうとするVishalを応援したいと望みました。友人たちとグループをつくり、
開発中の製品を試しては、彼に結果を報告することで、製品の開発に役立てて
もらいました。私と友人たちは製品を使っているうちに、髪の抜け毛が止まったり、
フケが減ったり、髪にボリュームが出たり、効果を感じていました。
私の肌も健康になりました。化学物質を使わない(ケミカルフリーな)美容製品を
つくるというVishalの意思は、私の意志にもなりコンセプト作りの手伝いを
するようになりました。
これが、私が共同創業者になった理由です。

それでは、ここで我社の製品紹介に入りたいと思います。
初めにソウルツリーは全ての製品にお約束していることがあります。それは、
・SLS(ラウリル硫酸ナトリウム)、シリコン、鉱物油、パラベン、人工香料、
  人工色素などの化学成分を一切使用せず製品を製造しています。
・ドイツの認定機関BDIHの認定を独自に受けています。
・オーガニック農園や野生に育つハーブを秩序を持って採取し使用しています。
・アーユルヴェーダの伝統に基づき自社生産された豊かで新鮮な
  抽出物を使用しています。
以上が皆様にお約束する事柄です。

ソウルツリーの製品は4つのレンジから構成されています。

1つ目はヘアケア製品のケシャヴァ。
ケシャヴァとはサンスクリット語で「髪の長い人」という意味です。
このレンジは光沢のある美しい髪の為のものです。
通常ほとんどのシャンプーは、発泡剤としてSLS/SLESなど非常に強い洗浄力と
シリコンなどを含みます。これらの成分は頭皮から油分を取り過ぎてしまい
使い続けることで炎症を起こすことが有ります。また、髪の毛のコシを
弱めてしまいます。ソウルツリーの製品はそれらの成分を使用せず、
代わりにトウモロコシやサトウキビ、ココナッツオイルなどから作られた
天然の発泡剤を使用しています。更にアムラ・シカカイ・ブラーミなど
アーユルヴェーダで珍重されるハーブを使っています。
ヘアケアの製品は次の通りです。
ソウルツリーオーガニック トリファラシャンプー:ノーマル~オイリー髪用
ソウルツリーオーガニック リペアシャンプー:光沢のない傷んだ髪用
ソウルツリーオーガニック ヘアコンディショナー:天然成分をふんだんに使用した
  コンディショナーで、シャンプーの後に使用することでスムースでソフトに
  髪を仕上げます。
ヘアケアレンジは新製品としてクリアスカルプシャンプーがあります。
頭皮を清潔にしフケを抑え髪の毛を丈夫にします。ニーム・アロエベラ・レモンピール
などを配合しています。

2つ目にご紹介するのはアナンダ。バスケアのレンジです。
アナンダの意味は「楽しみ」
このレンジには3つのシャワージェルが有ります。
アナンダはこの製品を使って頂いた方の気持ちを表現しています。
このシャワージェルは石鹸の代わりとして、身体の乾燥を防ぎながらしっかりと
汚れを落とし、マイルドにお肌を仕上げます。石鹸には人体にだけでなく、
環境にも悪影響を与える有害成分が含まれていることがあります。また、石鹸には
消費者受けするような強い香料を使用している物もあり、アレルギーを引き起こす
事が懸念されます。ソウルツリーのシャワージェルは天然の発泡剤を使用しており
香料は天然の抽出物を使用しています。使用されているハーブには
それぞれの特性のある香りがあります。
ソウルツリーオーガニック:クーリングシャワージェル 甘いフローラルな香りです。
ソウルツリーオーガニック:プロテクティブシャワージェル:ハーブの香りです。
ソウルツリーオーガニック:リジュヴィナシャワージェル:さわやかなシトラスの香りです。

3つ目はアムリタ。スキンケアのレンジです。
アムリタはサンスクリット語で「不老不死」を意味します。
古来より女性は常に不老不死、若返りを探求してきました。現在の有名な
化粧品ブランドは人工的なアンチエイジング成分を使用して女性の望みを
叶えています。これらは一時的な効果があるものの長期間の使用により
敏感な顔の肌を傷めてしまいます。また、防腐剤として使用されている
パラベンには身体に良くない影響も報告されています。
ソウルツリーのスキンケアレンジは、オーガニックハーブや冷却プレス製法で
抽出されたオイルで年齢に合わせた自然な美しさを整えていきます。
スキンケアのレンジには2種類のフェイスウォッシュ・1種類のクレンジング
2種類のクリーム・1種類の乳液・1種類の化粧水・6種類のハーブから抽出した
アンチエイジングオイルがあります。

最後に4つ目はメイクアップのレンジ、モニヒをご紹介します。
モニヒは「魅力あるインド女性の名前です。」ソウルツリーは大金をかけることなく
女性は皆それぞれ独特の美しさを持つべきだと考えています。
ですからモニヒのレンジには染料や人工色素を使用していません。
モニヒは口紅・カジャ-ルからなります。
この製品のレンジの特徴は主成分が牛の乳製品(ギー)で作られていることです。
唇を潤す事はアーユルヴェーダ的にも良い事ですから、2種類のリップバームも
新製品としてご用意しました。
唇のひび割れや、かさつきから守ります。使用されている色はミネラル(無機)
由来のもので、防腐剤や人工香料も含まれていません。

ソウルツリーは、今日手に入るほとんど全ての化粧品に使われている
化学成分による悪影響を心配することなく、全ての女性が自然な方法で
独自の美しさを表現できる手助けでありたいと願っています。
私は一人の女性としてソウルツリーを選びました。皆さんも真実を探してください。
そして独自の美しさを発見してください。

本日は有難うございました。

SoulTree共同創業者 広報担当

     スワティ・カポール

2013年11月22日 ソウルツリーオーガニック日本上陸レセプションにて。

ソウルツリーオーガニック製品発表会Vishalスピーチ全文

2013年12月4日

皆様、こんにちは。
長い歴史の中でお互いを敬い合う関係にある、ここ日本でソウルツリーを
ご紹介できることを心から光栄に存じます。
インドには日本にも共通する豊かな文化、精神的な遺産があります。
自然を崇拝することもその一つです。科学やテクノロジーが発達していくほどに
人類の自然との関係性がますます重要になっています。
ソウルツリーは人と自然の関係性に立ち返り、アジアでは馴染みのある自然との
共存の哲学に基づいています。
私はヴィシャール・ヴァーンダリと申します。
私は1999年に待遇の良かった前職を離れ、起業しました。
世界は新世紀に向かうまさに世紀末、人類は貧困の悲劇や紛争、災害からも
解放され、平和と幸福の世紀が来るべくという気運でした。若い青年であった私も
その理想に自身を委ねられる職責を模索していました。自我の欲求に支配され、
自然や他のものを軽視する経済成長が進むにつれ、どこかで読んだ持続可能な
進歩、発展が未来の幸福な社会の基軸になると考えるようになりました。
私はこの、持続可能な進歩、発展にのっとったビジネスモデルを構築することを
決意しました。
これが私の起業の始まりとなりました。
しかしながら、果たしてどのようなかたちで企業として機能を果たすべきか、
分かりませんでした。
しばらくして、友人に誘われヒマラヤの自然の中を旅する機会がありました。
昔からインドの賢者は心理を求めるためにヒマラヤを目指した。
と言われています。私は滞在中にある農民に出会いました。
彼らは小さな畑でハーブを育てたり、森から摘んできたりしていました。
私は彼らの営みの中に、自然への尊敬を大切にする姿勢に大変感銘を
受けました。彼らは決して自然を根絶したり傷つけることなく、化学肥料を
使用することもありませんでした。それは聖なる自然への彼らの
信念であり、彼らの農法にも実践されていました。ヒマラヤの汚れのない
環境の中、有機農法で育つハーブは質が高いものでした。しかしながら
徒歩でしかアクセスできないような辺鄙な地域に住んでいる農民にとっては
市場との直接的なかかわり合いがないため、彼らの重労働に見合う十分な
対価を得ることができませんでした。時に彼らは地元のハーブ商人に安く
ハーブを搾取されることもありました。私がある農民に聞いた話です。
彼はある商人から良い価格での取引を持ちかけられ、遠方から良質なハーブを
自身で担いで届けましたが、その商人はその価格での取引を断ったのです。
持ち帰ることもできず、放っておけば鮮度も落ちてしまうリスクもある中で農民は
やむなく半額で取引をさせられてしまいました。このような手口は純粋な
農民を騙す常套手段だということでした。
私は、もしもこの良質なハーブを求める新たな市場を海外に求める事ができれば、
適正な価格で取引され、ひいては生産する農民に見合った対価が支払われると
考えました。私はこのような思いで、ビジネスを始める事にしました。
当初は需要と供給双方に色々な問題がありました。
新しい企業にとって顧客を得ることは容易なことではなく、顧客には実績が求められ
実績を作るには、まず顧客を得ることが必要でした。
それはまさに初めての仕事を取らないと経験できないのに、経験をする為に
仕事を取るような事でした。
同時に私は農家に対してインド国内では、ほとんど価値のない、しかし国際市場では
価値のあるハーブを育てることを説得する必要がありました。
次第に私は欧州市場でいくつかの顧客を見つけることができました。
オーガニックハーブを供給するビジネスが成長するに従い、消費者向けの
完成品として販売することが、より高い価値を創造できると考えるようになりました。
そして地元のNGOと連携してハーブを供給する小さな生産者グループを作りました。
これにより仕事を創出することで地元から職を探しに都会へ出ていく若者の
流出をおさえることにつながりました。
そしてこのビジネスは好転していきました。
しかしながら、我社が欧州でハーブを販売供給するには、欧州諸国の法律に
準拠しなければならないという障壁にぶつかりました。EU諸国で許可を取るには
多額の資金が必要で小さな我社には支払う余裕などありませんでした。
これは我社の限界を見せつけられる事となりました。しかし私は諦めることなく
ほかの道を探しました。我社はすでにハーブを扱っていましたので、更に
深く探求していくと、それらの多くのハーブはアーユルヴェーダの世界で
スキンケアやヘアケアの材料として珍重されていたのです。そこでこの農家が
育てたオーガニックハーブを使った美容製品を作るという妙案を思いつきました。
しかし、私には美容製品に対する知識がなかったため、幾つかのメーカーに
製造を依頼しました。ところが、これらのメーカーから出てきた製品には
ハーブだけでなく化学成分を多用しており、とても満足できるものではありませんでした。
これはハーブの効能を阻害するだけでなく、化学成分は種類によっては長期間の
使用により有害になり得るものでした。残念ながら消費者はこの事に気がつかずに
います。我社の道徳理念として自然を敬うという考えがあります。その自然とは
人類をも含みます。私はこのハーブの裏に隠された化学成分が入った製品を
提供し、消費者を騙すことができませんでした。美容製品には発泡剤・乳化剤
・香料などが必要でハーブだけでは製造できないことを知りながらも、それらの材料も
天然由来の材料を使いたい。と考え始めたのです。私は私財を投じて研究・開発を
始め、続いて製造を始めました。美容研究家やアーユルヴェーダのセラピストと
開発チームを組織し自然化粧品を徹底的に研究しました。それは難しい作業で、
インドの大企業にいる経験のある化学者でも、天然由来の成分を配合した
化粧品を作る知識はありませんでした。原材料を入手することも難しく、日本を含む
海外から調達しなければならないものもありました。研究を始めてから2年ほどして
我社は、ようやく最初の化粧品セットを開発するに至り、ドイツでオーガニック化粧品の
基準を定める機関として知られるBDIHから認定を受けることができました。
我社が製造する製品がドイツ・フランスへと輸出され始め、好評を得ることができました。
その後、我社はソウルツリーをインドで初めてナチュラル認定を受けたブランドとして
国内に展開することができたのです。このことは我社の誇りです。<
br>そして今、我社はヒマラヤの農家を支援したい。という想いから始まったソウルツリーを
インドからすべての国へお届けしたいという願いを持っています。
我社はインドの文化に欠くことのできないアーユルヴェーダを崇拝している
三輪侑子さんと出会う幸運に恵まれました。私はまた、彼女が私と同じ理念を持って
起業をしたことを知り大変感銘を受けました。そして彼女のご尽力で今こうして
ソウルツリーを日本でご紹介する機会に恵まれています。
ソウルツリーは自然と、自然からの恵みを届けてくれる農家と、そして最終的には
ソウルツリーを選んでくださる消費者の皆様を敬い、尽力することを最後に
今一度お約束したいと思います。

本日は有難うございました。

SoulTree創業者
   ヴィシャール・ヴァーンダリ

2013年11月22日 ソウルツリーオーガニック日本上陸レセプションにて。

 

大使館のでのレセプションが終了して10日

こんにちは。
ソウルツリーオーガニックの日本上陸レセプションを開催してから
早10日が経とうとしています。
気がつけば「師走」びっくりです
レセプションには多くの方に足をお運び頂き感謝の限りです。
ご来館頂いた皆様には、改めてお礼を申し上げます。
本当に有難うございました
今回のレセプションにはインドからソウルツリーの創業者Vishalと
広報を担当しているVishalの奥様Swatiが来日。
そして私とソウルツリーを結びつけてくれた通訳のRumyも来日してくれました。
(写真が整理できていなくて・・・整理できたら写真もUPしますね)
VishalとSwatiは初めての日本。Rumyは11歳まで日本で育ちましたが
なんと!東京は初めてとの事。
今回は日本を好きになってもらおう!をテーマにお迎えしました
来日した日は箱根の温泉に宿泊温泉
最初は熱海にしようと思っていましたが、熱海の旅館にはベジタリアンに対応してくれる
旅館が見つからず、箱根に宿泊しました。
インドには「温泉」がなく(きちんと調べた訳ではありませんが3人からヒアリングした結果は
ない。ということでした)また、国民性的にも裸で他人とお風呂に入るなーんて絶対に
有り得ない事。(宗教上の理由もありますね)
と、いう訳で露天風呂付きのお部屋に宿泊してもらいました。
温泉はとーっても気に入って頂けたようです
箱根で1泊した後は東京へ。
東京の百貨店やセレクトショップで日本のコスメティック事情を
見学してもらいました。
香りや・手触り・パッケージ等VishalとSwatiはとても勉強熱心に見学して
くれました。そこで日本人とインド人の香りに対する認識の差が明らかに
日本のシャンプーやボディソープには「ミント系」の香り多いですよね?
なんかスッキリした感じしますし・・・好きな日本人は多いと思います。が
インド的にはNGだそうですインド人には逆に「嫌われる香」だそう。
そういえば・・・インドでミントの香りといえば・・・化粧品というより殺虫剤の印象が
あります。これには驚きでした。でもVishalは臆することなく日本への製品は
香りを変更する。と・・・実は現在、輸入を開始している製品も日本向けに内容を
一部変更してもらっています。こうしたフレキシブルな思考は実はインド人には
珍しいんです。ただVishalいわく香りに重点を置くのは危険だと。ソウルツリーの製品の
香りはもちろん天然のエッセンシャルオイルなどですが、それでも配合に気を
付けなければアレルギーのを引き起こす事もあるから慎重に考慮すると。
頼もしい限りです
そして・・・11月22日金曜日レセプション当日。
Vishalは企業理念について。Swatiは製品コンセプトにていて。
とても素晴らしいスピーチを披露してくれました。
思わず主催者である私も聞き惚れてしまい・・・好
(素晴らしいスピーチの全文はこの後、掲載しますね)
本当に、この人達とこの製品に出会えてよかったキャハハとウルッとしちゃいました涙
お客様にはインドのカレーも堪能して頂き、無事にレセプションを
終えることができました。色んな方々の力を借りて今の自分が
立てている事を改めて実感した今回のレセプションでした。
インド大使館の方にも本当にお世話になりましたおじぎ
レセプションが終了した日の夜は居酒屋へ・・・Vishalは日本酒が
大変気に入ったようでお酒結局ジャパニーズカジュアルレストランの
居酒屋が1番リラックスできたようです。
帰国の日は浅草寺とリクエストにより100均(ダイソー)とスーパーへ。
リクエストしたのはRumy日本に長く住んでいたからインドの家族からも
たくさんのリクエストを預かってきた模様。
ダイソーで山ほどお土産を買い、スーパーではびっくりするほどの
マヨネーズ(キューピー限定笑)10本・ふりかけ30個・ラムネ10個そして!なんと
ハウスバーモントカレーだよ~おんぷのビックサイズを10個・・・ねーあなたインド人で
インドに帰るんだよねRumyいわく・・・こんなに美味しいカレーは
インドに無い。と・・・でも・・あなたベジタリアンだよね?この中には・・・聞いてない・・・
まっいいか(後でちゃんと説明しました。許容のようです笑
という訳であれよあれよと時間は過ぎ・・・3人はインドへの帰国の途へ。
無事に帰国し、帰国後は日本に対する知識も深まって色んな提案を
貰っています。これからソウルツリーの製品を日本中に広げるべく頑張ります

 

なぜアーユルヴェーダ?その1になっちゃった

2013年11月13日

Soultreeの製品をサロンで販売し始めて

10日ほど経ちました。
サロンではBodyの施術後シャワールームで製品を実際に使用して頂いています。
お客様の反応は様々ですが、おおむね高評価を頂いています
1番多いご意見は「乾かした時のボリューム感がいつもと違うビックリマーク」「いつもより早く乾くのはなんではてなマーク」というご意見が多いのには驚き。お客様に変化を感じて頂けるのは自信になり、勇気を頂きます
アーユルヴェーダのシャンプーを輸入したい!!と奮起したのは7年前気づけば7年経っていました叫び輸入したい!!と思ったきっかけは…やはり「お客様」でした。7年前インドへ行った時に、ふと気になるお客様が頭をよぎりました。頭皮が荒れてお悩みでした。オイルを購入する時に一緒に売られているシャンプーが目に入りました。アーユルヴェーダには頭皮や髪の毛に良いとされているハーブがたくさんあります。ヘナ・アムラ・シカカイ・ブラフミーあげればきりがありません。もしかしたら、あのお客様の頭皮に何か良い効果が得られるかも…そんな気持ちでシャンプーを購入。ここまで書いたら、なんだか携帯の調子が悪いダウン全部消えたらかなり凹むので続きは明日PCであせるおやすみなさい