健康でいるために大切な4つのこと

2019年6月13日

 

午後から久しぶりに晴れた仙台。

気持ちいーい♡

 

梅雨の晴れ間は特別に気持ちがいい。

 

幸せを感じる午後でした-

 

さて。

今日のお題。

 

「健康でいるために大切な4つのこと」

 

気付いたら。

半世紀生きていて 笑

 

今の仕事を生業にして。

約30年が経ちました。

 

あっ!ちゅーまに。

時って流れるもんなんだな。っていうのが。

半世紀終えての感想です。

 

そして。

 

この仕事について30年。

中間。

宝石売ったり。

コンクリート売ったり  笑

してた時期もありますが。

 

やっぱり、この仕事が好きだったんでしょうね。

引き寄せられるように、ふらふらと。

 

結局。起業して16年。

 

かなりの経験を積ませて頂きました。

 

経験が浅いうちは全てが思考錯誤で。

自分を信じるしかない!てな感じで 笑

 

いいことも、悪いことも、時には

崖から飛び降りたくなることも 笑  

 

たくさん、たくさん、経験して…

 

経験の引き出しにたくさんの情報が入り

数々の資格も取得してきた今。

 

人が健康でいるためには。

 

ある…

 

4つのことが必要なんだと確信しています。

 

多分、万単位の人数女性を触らせて頂き。

たくさん、たくさんお話しさせて頂いた経験から。

 

以下の4つが大切だと思っていますので

ご紹介しますね。

 

あくまでも。

 

私の経験上、健康に必要なことだと考えている

4つです。

 

ご紹介します。

 

①消化力が健全であること。

これに関しては昨日の記事をお読みください。

消化力

 

②腸内環境がいい状態に保たれていること

 

私たちの腸には、色んな種類のMy腸内細菌が棲みついていて。

(みなさんの腸にも総重量1.5Kg~2Kgの腸内細菌たちがいるんですよ)

善玉菌 2.5 悪玉菌 0.5 日和見菌 7の

ちょうどいい―バランスで、菌たちが快適に活動していることが

健康には必要だと実感しています。

主軸の1つの考え方になっているアーユルヴェーダは

5000年も前の学問ですが、消化力と腸内環境には

かなり、詳細な記述がある学問です。

腸内環境が悪ければ、免疫が下がったり。はたまた上がり過ぎたり。

ホルモンバランス崩れたり。栄養吸収できなかったり。アレルギーに

なったり。元気が無くなったり。やる気おきなかったりと。

ほんと。いいことないんですよね・・・

 

③筋肉がしなやかで硬直していないこと

 

実は。

私たちは、ほとんどの行動を無意識で行っています。

えっ?って思われた方も多いと思いますが。

ほとんど・・・意識不明で生きてます 笑

といっても。慣れない行動は無意識ではできないので、

慣れた行動に対して、無意識なんですよね。

例えば。お箸。

まだ、幼少期の頃はお箸で、食べ物を掴み口まで運ぶことが

大変だったはずなんですよー

それを、親が根気よく教えてくれたからこそ

今は、箸で食事をすると言うことが「当たり前」になっています。

箸で食事するときに・・・

どーもつんだったってけ?

って、考える人、ほとんどいないと思います。

これと同じように。

身体の使い方も。

癖という名の無意識をみんな持っていて。

仕事、運動、姿勢などの日常的にかかり続ける

外力で、筋肉が緊張して痙攣・収縮が起こり痛みやしびれを

起こしてしまう。

これが慢性化すると硬い筋肉のしこりを作ってしまい。

可動域もどんどん狭くなってしまう。

と、いう訳です。

筋緊張のもう一つの大きな原因はストレスです。

この辺に関しは、また書きたいと思いますが、

仕組みだけ。

             ストレス

               ↓

            交感神経の緊張

          ↙            ↘

コルチゾール分泌        筋肉のこわばり・血管収縮         

 (ストレスホルモン)

               ↓

             発痛物質生成

           

こんな感じです。

筋肉が硬いと、痛み以外にも血流障害、リンパ排泄の不具合

などなど。

いいとこ無しなんです・・・

その対応として。

今までアーユルヴェーディックオイルで

ハンドマッサージ→発汗というメニューを主力にしてきました。

 

が。

 

1ヵ月ほど前に。

とんでもない機械を手に入れまして。

硬直した筋肉が。ほんの数分で、ふわふわになるという

施術が主力になりつつあります。

この機械を導入してから。

施術で、やるせなさやくやしさ 笑 

が、少なくなりました。

筋緊張とストレスに関してはまた記事にしますので、

お楽しみに。

 

そしてラスト

適切な言葉が見当たらないのですが・・・

 

④健全な思考

 

思考には。実は仕組みがあります。

これは、私たちの脳の構造とも関係しています。

思考が健全に保てない場合。

健康を保つのがしく・・・

私たちの身体と思考は、完全に連動しているんです。

 

思わせぶり・・・笑

 

この4つのことを主軸に。

これからブログで情報発信していきます。

 

この4つが。網羅できれば。

必ず、健康寿命はのばすことができると。

 

経験から確信しています。

 

毎日ではないかも知れませんが(←すでに弱気・・・)

休眠状態から脱することを宣言して!

 

今日はここまでにしたいと思います。

 

ここ1~2ヶ月くらいでHPやブログ。

すべてリニューアルしますので。

 

そちらもお楽しみに!

 

では。また♡

消化力

2018年9月30日

サットヴァの実

http://sattva.co.jp/index.html

 

ルナスーリヤ仙台店

http://www.lunasurya.com/

 

サットヴァの実求人情報

https://relax-job.com/job/B2764439

 

サットヴァの実セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

外見革命講座

http://www.gaikaku-sendai.com/

 

一般財団法人 内面美容医学財団

https://ibmf.jp/

————————————————

写真は。

最近、東京に行ったときには必ず買う。

 

今、ど・はまり 笑

しているパン。

 

見た目は、なんの変哲もない

ツナサンドなんですが。

 

ツナが手作りで。

ドライトマトとブラックオリーブ、レッドオニオンのバランスが

たまらなく美味しい♡

 

もともと。

ツナ好きなんですが。

このサンドイッチは本当に美味しいです。

 

今日は。

3日間さぼっての 笑

 

消化力についての更新です。

 

消化力。

みなさんはこの言葉に「ピン」と、きますか?

 

読んで字のごとくで

消化する力

の、ことです。

 

消化不良で病院にかかる人って。

滅多にいなくないですか?

 

胃が痛いとか。

耐え難い下痢とか。

腸が痛いとか。

 

明らかな苦痛がないと人は危機感を感じられないので。

 

胃が重いなー

胸やけしてる気がするー

胃に食べ物が長い時間滞在してる気がするー

 

なんて感じても。

一大事だとは認識しないから

たいていの人が。

スルー

してしまうのです。

 

しかし。

 

アーユルヴェーダでは。

消化不良を病気になる重要な要素として考えています。

 

私たちの100兆個もの細胞は。

食物から作られています。

 

しかし。

細胞になるためには。

 

きちんと消化し、小腸から吸収される状態になっていないと

細胞になることはできないのです。

 

消化不良を起こした食べ物たちは。

アーマという未消化物になり。

 

関節や身体の中の管(血管、リンパ管、食道や腸など)に

蓄積し、病気を発症させてしまうのです。

 

アーユルヴェーダの賢者たちは。

 

「きちんと消化できれば毒すら薬になり、消化が悪ければ

不老不死の薬も死を招いてしまう」

 

「万人によい食物も、万人に悪い食物もない、食物は。

自分にとってよいか悪いかしかない」

 

と、説いています。

 

アーユルヴェーダのいうところの

「自分にとって」とは。

 

個々個人の体質のことを指しています。

 

そうなんです。

 

消化力って。

人によって全く違うものなんです。

 

私は。

いつも自分の母の消化力に驚かされます 笑

 

御年。77歳。

9月に喜寿を迎えました。

この母の。

消化力の強さと。

胃腸の強さには。

本当に頭が下がるっていうか・・・

 

もはや。

 

うらやましい・・・

 

揚げ物食べても。

夜中に食事しても。

 

次の日には。

 

サラッと。

お腹すいたー

 

もう。

尊敬です 笑

 

私は。

母ほど消化力が強くないんですが。

 

何が違うかというと。

 

アーユルヴェーダの言うところの

ド-シャバランスが違うんです。

 

ちょっと、ご紹介すると。

 

・ヴァ―タ(風)体質

 消化力にばらつきがあり、消化がよかったり悪かったり繊細。

・ピッタ(火)体質

 消化する力が強く、激しい傾向がある。

・カパ(水)

 消化に時間がかかり、胃もたれしやすい。

 

母は。

ピッタとカパが強いタイプでして。

消化に時間はかかるけど消化力が強い。

 

私は。

ヴァ―タとピッタが強いタイプ。

消化力にムラがあり、食べれる時はいくらでも食べれますが。

ひとたび調子が悪くなると全く食べられなくなります。

 

私と食事をした人は知っていますが。

 

思ったより良く食べるねーと言われます。

環境に左右される消化力なので、調子がいい時は

本当に良く食べます。

が、調子が悪い時は水もいれたくない。

こんな感じです。

 

アーユルヴェーダを知らない人でも。

自分の消化力を知ること、感じること。

は、十分可能です。

 

食前、食後の。

自分を観察すること。自分の身体に意識を向けること。

これがとても大切。

 

身体に意識を向け、自分を観察すると

色んな事に気が付くことできます。

 

量や種類、時間、食べる速度。

食べる環境や料理法。

 

あなたが一番消化しやすいパターンがあります。

 

食事の時に。

自分がどんな気持ちで食べているかにも興味を

持ってみてください。

 

気持ちにも消化は左右されています。

 

消化最も適している時間は

10時から14時。

 

この時間はピッタが優勢なので。

食事のボリュームはこの時間が一番

多いのが理想です。

 

他にも。

消化をきちんとする知恵としては。

 

・お腹が空いたときに食べる

・冷たい飲みものや食べ物は減らす

・なるべく出来立ての料理を食べる

・満腹にしない

・胃の1/3~1/4は空にしておく

・座って食べる

・怒っている時には食べない

 

こんなことも消化と大きく関係しています。

 

最近でこそ。

消化について注目されるようになりましたが。

 

アーユルヴェーダは5000年も前から。

 

消化力一筋←意味不明 笑

消化不良は悪

 

を、貫いています。

 

食事をした後の自分の身体。

 

ぜひ。

 

注目してみてくださいねー

 

朝、起きた時の舌の色も参考になります。

白っぽい舌苔が多い時は大腸・・・汚れてますよ?

黄色やグレーっぽい舌。

歯形が付いている舌も要注意です。

 

知りたい方は、コメント欄で質問してください 笑

 

では。

 

またー