なりたい自分にしかなれない

2014年9月30日

あなたに与えられた

チャンスは時を選びやってくる。

 

 

そのチャンスに気づく事が

 

なければ、もちろんつかむ事が
できない。

 

 

あなたがチャンス!

 

だと、思えない最大の
原因は「やらされている感」の
「被害者意識」

 

 

もちろんチャンスは逃げていく。

 

 

 

逃したのは「あなた」

 

 

 

もったいない。

 

 

 

チャンスをつかむ最大の

 

有効的な行動は
「脳に使われる」のではなく
「脳を使うこと」

 

 

あなたが本当に欲しい人生は?

 

 

 

脳を使いこなして手に入れよう。

 

{E0D8AE4A-7C11-4159-BFB2-A2A06BEF3CD5:01}
注)去年の写真です♪

 

性格はいつ作られる?

2014年9月28日

性格だから仕方ない。

この発言の裏側は「性格は変えられないもの」と
いう定義(条件付)があります。

親から与えられたもの、遺伝、環境。
要するに・・・

「自分の責任ではない」
と、「無意識(深層意識)」のレベルで人は動かされています。

動かしているのは「脳」です。

では、「変えられない性格」と定義づけられている
「変えられない性格」はいつどうやって「構成」されていくのか?

第一段階は1歳までに脳の大脳辺縁系にインプットされます。

両親が1歳までの間、決して我が子を1人ぼっちにせず、
一人で泣かせたままにしないと決めたとします。

まわりのそれをできない親達からは、甘やかしすぎだ。
睡眠不足であなた達がどうにかなってしまう。
と助言をしたりします。

でも。

両親が一度決めた「どんな状況でも1人ぼっちにしない」
と決めたことには大きな意味があるんです。

幼児期は、神経回路の基礎を築く時期にあたります。

もちろん、子どもに明らかな変化が出るのは
数年後になりますから、すぐに他の子と比べて
変化があらわれる訳ではありません。

しかし、1歳までの間に幼児の世界観は作られていきます。

数年後には、喜びや痛みを新たに経験するたびに、
過去の経験と比べて記憶(脳の大脳辺縁系)にインプットして
いきます。

「1歳まで1人ぼっちにしない」と決めた両親の信念には
大きな意味があるのです。

それは、子どもに
不満と放棄と拒絶を記憶させるのではなく、
幸福と安全と、需要を記憶させる事になります。

1歳までの赤ちゃんにとっては両親が全てなんです。
お父さんやお母さんが赤ちゃんよりも自分の満足を
選択してしまったら。
1人では何もできない赤ちゃんは「自分よりも大切な何かが
お父さんやお母さんにはあるんだ」と記憶にインプットされます。

1歳までに「1人ぼっち」という体験をしなかった赤ちゃんは
成長するに従い、世間とは両親のように自分を受け入れ、
育ててくれるものだ。という世界観を心の奥底(深層意識)に
抱くようになります。

世界は固定されていない。

幼少期から経験し、自分の世界観に取り込んだ記憶通りに
世界は存在するのです。

だから、幼少期はできるだけお父さんに稼いでもらって(笑)
お母さんは、せめて3歳までは子どもと一緒にいられるのが
ベストです。
そして、子どもに「お父さんが稼いでくれたから、安心して
お母さんは、あなたと居れたんだよ。」と理解できる。できない。に
関わらず、つぶやいてあげてください。

その子は将来、素敵なパートナーに恵まれるでしょう。
 

 

では、頑固な意識が形成されたときに「意識を押さえ込む典型的な
考え方(思い込み)」は?というと・・・

・私は○○するような人間ではない
・私はじぶんいとって居心地のいい場所にいたい
・これは私を格悪くみせる
・私はどうしてもしたくない。理由など必要ない。
・誰かほかの人にさせておこう
・自分は何を考えているのかわかっている(本当はわかってない)
・私のほうがあなたよりも良く知っている
・私は不十分だ
・これは、私には役不足だ
・人生長く、まだまだこれからだ。

こんな考え方に共通しているのは・・・

「無意識」を好んでる。ということです。

こんな考え方をしていると

思考の現実化という人生のプロジェクトを前進させるかわりに
、安心感を覚える馴染みの古い現実を強化する事になるんです。

要するに、古い記憶に支配され、欲しい自分の未来は
手に入りにくい。ということ。

自分では何に支配されているか?わからないので
なんで自分の思い通りに人生が進まないのか?と
思います。

それは、幼少期の頃の脳へのインプットが
問題なんです。

しかし、脳のインプットは変えられます。

まずは!

上記にある九つの項目が
自分にないか?

チェックをしてみてくださいね。

では、また明日。

 

あなたは「幸せ」のレールに必ず乗れる

2014年9月27日

 

 

え~っ。
今日は宣伝から失礼します。

実はわたくし。

アーユルヴェーダセラピスト、化粧品輸入、会社経営と
色んな事をしていますが・・・

マインドセラピスト。
も、やってます(笑)

ぱっ!と見るとなんだか一貫性が無いように
感じるかも知れませんが

「一貫性大アリです」

最初の始まりはエステティシャン。
スキルを積んで「根本」をよく考えた。

人は健康(心身ともに)じゃないと美しくならない。
が、結論。

アーユルヴェーダを学び、仙台でアーユルヴェーダサロン
「ルナスーリヤ」をOPENさせた。

それが今から11年前。

サロンを初めて2年ほど過ぎた頃
1つの確信を持った。

「人の身体や病気は思考から作られている。」

心理学を学んだ。

全てが線と点でつながった。

自分の足元にあったアーユルヴェーダは
とてつもなく凄いものだった!学んだ心理学の
根本は全てアーユルヴェーダに集約されていました。

その衝撃たるものや、今も続いています。

もちろんサロンや個人セッションなどで
これでもか~っというくらい活用していますが
(と、いうより以前はわからなかったことも、よくわかるようになった)

どーもサロンや個人セッションは敷居が高いようで・・・
というか・・・特別な人が行くところ。すご~く困っている人が
受けるもの。という目に見えないハードルをぶち壊したくて(笑)

女性のみなさんが、学んだら明日からでも使える知恵と
思考改革をミックスさせた講座を作りたいな~と思ったので

作っちゃいました(笑)

その名も「プラクリティ塾」
プラクリティの意味やこの塾の趣旨
開催日程や料金などをUPしたFacebookのページを
作りました。
https://www.facebook.com/prakritimind/timeline

アクセスして頂き、清き「いいね!」をお願い致しまする。
仙台近郊の方!ぜひ!会場でお会いしましょう!

さて、今日は宣伝が長くなったので手短に。

 

 

 

 

 

幸せのレールに乗るためには「意識」が
とても大切。

実は「意識」には3つの状態があります。

「無意識」「意識」「自己認識」

厄介なのが「無意識」
日々の生活でなんと無意識で行動していることが
多いことか。

これは「脳」で自分なりの「パターン」や
「定義」を作っていることから起こります。

例えば・・・

朝、いつも歯磨き粉を置いている場所に誰かが
同じような大きさの「洗顔フォーム」を置いたとします。
かなりの割合で歯ブラシに洗顔フォームを付けるでしょう。

身体。
猫背や足の使い方、座り方や噛みぐせ、食べ方、喋り方
他にもたくさんありますが・・・

思考。
幸せは苦労しないと手に入らない。
愛は与えてくれるもの。
○○はこうあるべきだ。

これ。無意識ですよね。

「無意識」でしていることが長期間にわたり
習慣化する事で「トラブル」や「病気」につながります。

と、いうことは「無意識」を減らして、「意識的」な状態や
「自己認識できる状態」を増やせば良いいうこと。

では、「意識的」「自己認識出来る状態」を
作るヒントをご紹介。

・自分の行動や発言に責任を持つ
・自分についても、他人についても、いつも通りの反応を
 疑ってかかってみる。
・古い条件づけを見直してみる。条件づけ(定義)は
 無意識の行動を招く。
・自分の感情に敏感になること。
 自分の感情がどこから来るのか観察する。
・現実のどの部分が気にくわないのか?自問してみる。
 まわりがそれに対してどう思っているのかも、ためらわず
 尋ねてみよう。そのうえで、他の人たちに見えているものを
 尊重する。
・他人の目線を通して世界を体験できるように、普段から
 共感をする事に慣れること。

ちょっと難しいかも知れませんが常に頭の中で
これを反復していると意識的な状態を作ることができます。

こんな感じです。

「私は怒っている」
と、思うのは自分の感情に「意識的」だということ。
急に怒り出して自制心を失うのは「無意識的」な行動。

「自己を認識できる状態」は
その怒りがどこから来ているのか、理解し
理論的にその怒りが原因で、過去にうまくいかなかった
事実に思い至たったら自制できるようになり現実は
変わっていく。

「自己認識」ができていれば、客観的に
自分がみれるというわけです。

「自分の中のにもう一人の自分を作る」

幸せのレールに1番早く乗れる方法の1つです。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのお部屋(家)にいらないものは溜まっていませんか?

2014年9月22日

 

 

「老廃物」「毒素」「不要なもの」・・・・・

こんなキーワードからどんなものを想像しますか?

はい。

身体の中に溜まったもの。を、イメージする人が多いと思います。
(もちろんイメージですから、違ってもいいんです)

そう。今日は「いらない物の捨て方」

最近「断捨離」という言葉が定着しているので
いらないものは「捨てたほうが良いのよね?」と
思っている方も多いはず。

あなたのお部屋(家)や職場、自分のデスクのまわり・・・

いかがですか?

何ヶ月も触ってない書類、いつか使えるかも?と思っていて
忘れていた期限切れのクーポン券。車の中にずーっと触らず
何本も溜まった傘。

何年も着ていない服、何年も履いていない靴、ヨレヨレになった下着や
靴下。台所の奥にしまい込んだ賞味期限切れの調味料、
冷蔵庫の中でシワシワになった大根やにんじん・・・
(リアルでしょ?脳にないものは出てこない?(笑))

こんな物で溢れていませんか?

実は、部屋や家と自分の身体は相似形(フラクタル)です。(相似形(フラクタル)についてはこちら)

部屋(家)にいらない物がたくさん溜まっている
あなた。

身体にも感情にもいらない物が溜まっている可能性「大」です。

家の中やオフィスに溜まった「いらないもの」はゴミの日に出す。
粗大ゴミに出す。と「出す方法」はみなさんお分かりのはず。

では、身体や心に溜まった老廃物や感情はどうするの?
なかなか、ここが分からなくて体調不良に陥る方。

多いです。

身体にも心にも「いらないもの」を溜めて置くのは
間違いなく身体を蝕みます。
では「出し方」をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、大便、小便は我慢せず出す
  (
便秘の方は食生活、時間の使い方の見直しを。ヒントは!毎日このブログに
    アクセスしてください(笑)ヒントが必ずみつかります)
2、汗を出す
  
(仕事で出せるのが日常化するのでいいですが、難しい人は動いて出してください。
    最初はでなくても必ず出るようになります。汗腺がありますから(笑)
    出るようになるまでは半身浴などで出やすい身体にしてあげるのもいいですね)

3、酸素を吸ったら出し切る
  (これは普段の自分の呼吸が浅くなっていないか観察することが第一歩。
   自分の呼吸をよく観察したら浅くならないように意識してください。
   そして夜寝る前に、薄暗くした部屋の中で自分の心を感じながら
   鼻から大きく息を吸います。そして、また自分の心を感じながら
   息をなるべくゆっくり吐ききります。自分が心地いいと思うくらい
   続けてください)
4、お白湯を飲む(アーユルヴェーダでは浄化法です)
  
(お白湯には作り方があるのでご紹介します。これはアーユルヴェーダで言うところの
   風(ヴァータ)・火(ピッタ)・水(カファ)のエネルギーが全て得られている
   身体に軽いお白湯です。1、新鮮な水(水道水でも可)をやかんに入れる。
   2、やかんの蓋をせずににかける。オール電化の方は
   簡易コンロがおすすめ。を使うことは
   必須です(でも・・・やらないよりはポットのお湯でもやないよりは・・・
   いいです。でも、こだわりたいところではあります。)
   3、ブクブクと沸騰してきたら中火にして15分位ブクブクさせておく。
   4、火を止める。
   5、やけどをしないように、なるべく熱いうちにマグカップ3分の2くらい
     飲む。朝にまず1杯。食後ではなく食前に。このお白湯を1日かけて
     1L~800cc位、摂取して下さい。職場にも持っていければなお可です
     1L以上は飲まないように気をつけて下さい。消化力を落とす可能性が
     あります。
5、号泣する
  読んで字のごとく。
  泣いてください。涙も老廃物を排泄しています。
  特に「感情」の老廃物。
  直近で「号泣」しましたか?
  今や東京では「号泣の集い」があるそうで・・・
  開催時には満員御礼だそうです。
  映画を観る。感動する。など人によって泣けるツボは違うはず。
  ・両親のことを考えると涙が出る
  ・父親または母親の事を考えると涙が出る
  ・子どもの事を考えると涙がでる
  ・動物の事を考えると涙が出る
  ・死について考えると涙がでる
  自分にあった感情でいいのですが・・・
  なるべく「恨み」「悔しさ」「怒り」などは避けたほうが無難です。
  
 あ~いつの間に涙さえ忘れて
 あ~泣きながら生まれてきたはずなのに~~~♪
 いつの間に泣くことを忘れて
 あ~いつの間に叫ぶ声も失って~~~♪
 あ~いつの間に涙さえ忘れて人はみな泣きながら生まれるのに~~~♪
 By DREAMS COME TRUE「いつのまに」
 
 泣くことは恥ずかしい事ではありません。
 職場で泣きすぎるのは状況を考えて♡

部屋や家のいらないもの。
身体や感情のいらないものは、なるべく早く
適切に。

処分しちゃいましょう!

  

   

    

 

足元を見つめてみたら・・・

2014年9月18日

約1ヶ月前。

「色んなことがうまくいかなくて・・・」
と、意気消沈されていたお客様。

今日、お会いしたらとても嬉しい数々の事を
ご報告頂きました。

細かく内容はお伝えできませんが、ご家族の
問題と、ご自分のお仕事のことで八方七塞がり状態だった
先月・・・個人セッションをさせて頂きました。

こちらのお客様は立派にご家族があり、
手に職をつけられた素敵な方です。

問題の大きな原因になっていたのは深層意識で
・主婦業を見下していた(もちろん深層意識ですからご本人のはわかっていませんでした)
・色んな事の責任をとってこなかった。
と、いうことでした。

いろんな事をお話し、最終的に1つの事を決断し
動き始めました。

そうしたら数々の変化(もちろん良い変化です)があらわれて
びっくりしています!と。

全部、お聞きしましたが「とびっきり」を(笑)

20年間コミニュケーションが取れなかった
同居しているお義父さん、お義母さんと
コミニュケーションが取れるようになって・・・
本当に驚いています!とおっしゃっていました。

 
ここで使った法則は
「360度自分」
 
理論と感情が整理されて
前に進んでいるので
「今までは嫌々やっていた」
事が楽しいそうですよ。
 
特別なこと、大きな夢、なりたい自分。
追い求めることは時に必要だと思い
ますが、まずは足元を見て見ませんか?
 
毎日の事が精一杯できていなければ
なりたい自分へ続く道も精一杯には
できないはず。
 
自分は精一杯のつもり…では無く
精一杯やってたら、自分もまわりも
変わってた。と言える精一杯が良いですね。
 
まわりに精一杯やって無いんじゃない?
って思われる。って事は、あなたに能力がある。ってまわりが思っている。ということです。
「まわりは正しい」
と、思って見てくださいね^ ^
 
きっと今抱えている事は
解決に向かいます。
 
 

 

死生観で思うこと

2014年9月16日

 

 

 

 

今日の朝の始まりはいつもと同じ
日常が訪れ、いつものように出勤し
いつもと同じ、仕事の準備をし・・・

何も変わらない日常。

ただ、1つ。

いつもと違った出来事は
何よりも普段、自分が何よりも重きをおいている
「仕事」よりも優先すべき。
と、判断して主人の故郷、茨城へ向かったこと。

状況も、驚くほど私を後押しするように
茨城へ向かう環境を整えてくれた。

私は「死生観」について多くの人とちょっと違う感覚を
持っている事を自覚している。

そもそも「死」はタブーで「生きること」が賞賛に値するのか?

もちろん、自分から選択する「死」はあってはならない。
これは、与えられた課題を途中で放棄すること。

生老病死は自然の流れの必然だということは誰でも
「理論」では理解しているが「感情」では理解できていない事が
多い。

もちろん「感情」が納得できるまでは時間がかかって良いし
人によって長い、短いがあって当然。

 

 

 

一つの指針は「健康な人が身体や魂をズタズタにしないこと」

ズタズタにしないためには普段から自分なりの
自分が納得できる腑に落とせる「死生観」を身につけておくことが大切だと
思っています。

長寿を全うしての「死」は大いに賞賛に値し、「お疲れ様でした」と
見送る事が生きている者の責務である。

「生きたい」「まだやり残したことがある」と魂が語りかけるうちは
人は絶対にこの世から去ることはない。

その、魂が語りかける力を信じて今日は、仙台に
帰ってきました。

この世に「生」を受けた時に「死」は約束されています。

「死」をタブーにしないで「生きること」「死ぬこと」を大切な人と
少しずつ話してみませんか?

悲壮感漂わせず(笑)明るくね。

 

無意識から作られていくもの

2014年8月30日

身体に常時ちからが入っていたり・・・
歩き方や猫背、足を組んだり、食べ物を噛まずに
飲み込んだり・・・と、自分の癖やパターンは

無意識でしていることが多いですね。

実は・・この「無意識」ちょっと厄介です

無意識にやっていることが

長い時間をかけて(蓄積して)
身体の不具合を作っていきます。

例えばエル

PCを打っている時に顔だけ突き出して画面を見たり
背中を丸めて歩いていたり
ほとんど下を向いて歩いていたり
足をほとんど上げずに歩いていたり
奥歯を噛みしめていたり
食べ過ぎていたり(これが怖いんです

食べ合わせが悪い。体質に合わない。
          食べ物を常食していたり
呼吸が浅くなっていたり
と・・・・・あげればキリがありませんが・・・

こんなことを無意識に長期間続けていると
身体が「破壊」されていきます顔!

思考も同じ

自分が分からないパターンで
脳に自動操縦されている私たち・・・

こちらも無意識のオンパレード

分からない・・・
決められない・・・
気づかない・・・
できない・・・
やりたくない・・・

こんな思考を無意識に長期間続けていると
脳回路が「破壊」されていきます驚き

えっ?誰でもそう考えてるんでしょ?
と、無意識に思っています
困った

いいえ。あなた様だけでございますひゃ~・・・ひゃ~・・・ひゃ~・・・
あなた様の定義で自動操縦されているので
ございます。

そして無意識でしてることは
ついつい無意識だから仕方がない。
だって気がつかなかったんだから。と自分を
正当化してしまいがち。

正当化してるから、当然ずーっと
繰り返してしまうので身体も脳回路も破壊
されてしまうのです。

えっ?どういうこと?
どうしたらいいの?と思われた方は
お身体の不具合はルナスーリヤの施術を。
自分のパターンを知りたい!は個人セッションを。

お待ちしております

 

捨ててから全てが始まる

2014年8月29日

アーユルヴェーダで代表的な治療と

言えば「パンチャカルマ」
パンチャは5つ。
カルマは行為。
どちらもサンスクリット語である。

 

 

方法としては

 

バスティ(浣腸法)
ヴィレーチャナ(下剤法)
ヴァマナ(催吐法)
ナスヤ(経鼻法)
ラクタモークシャナ(瀉血法)
などが知られている。

 

 

目的は体の大掃除。

 

全てのものを出し切り
真っ新な状態にする。
いらないものを出さずして、たくさん
良いものを取り込もう。と思っても
身体が受け付けず溢れてしまう。
身体に有効な薬草でも、ただの
不要なものになってしまう。
だから出し切る。

 

 

思考も全く同じ。

 

 

 

新しい思考を構築したければ

 

1度、見たくない自分を認め
本当の自分を直視する。

 

 

傲慢な自分。

 

怠慢な自分。
無知な自分。

 

 

認めても決して自虐的に

 

自分を責めるのでは無く
「受け入れて」「認める」

 

 

この「受け入れて」「認める」を

 

したくない。つらい。そんなことない。
と、思っている限り、変化は訪れない。

 

 

なりたい自分が見えた時

 

人は新しいことを学ぼうと
したり、何か自分に足りないものを
補いたくなる。

 

 

でも、まずは補うより

 

「今の自分を良く知り、見たくない
   自分こそ、しっかりみて修正する」

 

 

これができた時に

 

始めて「真っ新」になれる。

 

 

真っ新になった時、始めて

 

新しいことを
受け入れられる自分が現れます音譜

 

 

身体も思考も

 

溜まり切った不要なものを
捨てなければ
新しいものは吸収できないのですよ叫び

 

 

本当の自分が見つかれば

 

あなたが理想とする
なりたい自分
になることができます。

 

 

そんなことのお手伝いを

 

していますラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶の犠牲者

2014年8月28日

心の底でざわついている罪悪感、心配、恨み、願望、幻想、満たされない願望、ぼんやりした夢。こうした思考が文字通り私たちをコントロールしていることがはっきりわかる。私たちはみな、記憶の犠牲者なのだ。このことは、何千年も前からアーユルヴェーダの達人たちにはわかっていたことだった。

 
今日は独学の日。

 

 

理解しながら、読み進めているので

 

思ったより進まず汗

 

 

 

 

 

何の為に学ぶのか?

2014年8月17日

学ぶこと。

とても大切なことですね。
特に義務教育を終えてからは、自分の意思で
学ぶことを選択しなければ、学びの場を得ることはできません。
 
選んだ会社や職種によっては
学ばなければ、成り立たないものもありますが。
 
どんなことを学んでも、いくら学ぶことに
一生懸命になって積み重ねたとしても
「学ぶこと」で満足していては、その学びは、エネルギーと時間の無駄遣いにしかならないと思うのですよ。
 
学んだエネルギーを社会に放出したときに
その学びは初めて役に立つ場を与えられます。「学び」は「経験」という形に姿を変えて。
 
もちろん最初からうまくいくはずはありません。
うまく行かないから、失敗を糧に次を工夫するから経験は必要なのです。
 
経験なくして、学びを深める事はできません。
また、その経験で「お金」を得ることが
最高の学びにつながり、自分の生業として
芯のあるものになっていくのですよ。
 
高額の授業料を支払って学んで、その学んだ時間や期間の数倍かけても、授業料を回収できていないとき。
 
自分は経験することにブレーキを
かけている。
学ぶことに一生懸命にはなれても、経験する事にエネルギーを出せているのか?
 
見直して見るべき。かも。
 
高額の授業料で得た知識や技術を
安売りするのは「自分には価値がありません」と宣伝しているようなもの。
 
頂いた金額に見合うものを提供したい!
と、思うから得た知識や技術をさらに深め
る為にさらに努力し進化させ、失敗を心から反省し、次のステージに上がれるように
積み重ねていくのです。
 
いくら学んでも収益をあげられないなら、
自分のやり方(パターン)を見直してみましょう。
 
このパターンを見直す
お手伝いをしています。
 
http://www.lunasurya.com/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日頂いたメール

2014年7月30日

今日一通のメールを頂きました。
ご本人の許可を頂きましたので
一部抜粋してご紹介します。

ルナスーリヤ 小倉様

 ○○は本当に有難うございました。

 おかげさまで、少し今回のカウンセリングと、これまでの
 カウンセリングの違いが見えたような気がします。
 今回、出てきた課題は、自分では20年前に乗り越えたつもりでいました。

 なので、カウンセリング直後は、気持ちの整理がつかず、
 どうして自分は、ここまで、STOPしていたのか、驚きとえーっという、
 情けなさでいっぱいでした。

 でも、乗り越えた!と思っていたのは、受け入れて、許して、
 自分を癒していただけで、怒りの炎を鎮火したのではなく
 、炎を表面上コントロールしていただけだったのですね。

 そして、その怒りの原因は、実は、勘違いや思い込みだった
 と、いう気づき!まさに、目からウロコでした。

 このことが、すんなり受け入れられたのは、最近あった2つの
 出来事です。

 (この2つの事を原文で書いてしまうと個人が、特定されて
  しまうので、ザクっと2つ書かせて頂きます)
 
 1,自分が親に可愛がられた。ということを裏付けるできごと。
 2,ご自分のお子さんが事実と違う幼少期を記憶していた。
 以下コチラは原文に戻ります。

 過去の思いを受け止めたり、過去の感情を癒すのではなく、
 その記憶を修正して、違う現実を作り出すことが大切なんですね!

 自分にとって「思いは実現する」「人生は思い通りになる」という
 フレーズは、実は、「人生は思えた通りにしかならない」と、
 いう風に感じていました。

 
 「思い通りになるのはわかるけど、思えないことがいっぱいある」
 と、感じていたので、「思えないこと=現実不可能なこと」と
 思っていました。

 でも、思えないことに、理由があり、原因があるということ、
 そこが本当の課題だったのですね。

 「私なんかが、成功できるわけがない」

 気づかないうちに、そう思い込んで、成功しそうになると、
 失敗するのが怖くなり、逃げ出してしまう。
 10代の高校受験のころから、ずっと、そうやって人生を
 生きて来たのだと思います。

 潜在意識と顕在意識のはざまで、うすうす感じてはいたものの、
 見ないようにしてきた、自分の課題、その負のスパイラルを
 変える時が来たのだと思っています。

 ○○は、本当にありがとうございました。

 お客様は「ご自分の全てを見つめ、受け止め、違う人生を
 掴み取る」決心をされました

 自分を見つめ、受け止める。

 最初は・・・ちょっと大変な事もある。
 「だってぷんぷん現実はこうだったじゃな-い泣き3
 と、言いたいガクリ
 (私はここに苦しみました苦笑

 自分が思っていた過去。
 自分が演じてる現在。
 
自分が掴みたい未来。

 知ってみたい方はぜひ
 フラクタル心理カウンセリングをお申し込みください
 
 心が軽いと足取りも軽くなりますよ
ウインク
 

 

イメージは思っているより大事

2014年7月23日

自分が「欲しい!」と願った時は…

「イメージ」=「青写真」が大切。
 
これは「思考」を溜めると言うこと。
 
例えば…
 
掴みたいポジションがある。
それなら…そのポジションに立ち
生き生きしてる自分をイメージすること。
 
子供が欲しい。
それなら…自分が体験してきた家族像が
「違う」と思うなら、自分が愛する人と作り上げる「家族像」と自分が欲しいと思う
「母親像」をイメージすること。
実際に体験したら、自分が家族や母親、父親に思ってた怒りの感情は「勘違い」だったと気づくはず。
 
お金持ちになりたい。
それなら…
お金持ちになって、ある程度自分の
欲求を満たしたら、次に自分が何をしているか?イメージすること。
 
イメージ=思考
 
思考は溜まらないと現実にはならないドクロ
んですよ叫び
 
「なりたい自分をイメージする」
「欲しい物を手に入れた自分をイメージする」
誰でもできる、こんな事から
事から始めよう
 

楽というバケツは満たされる事が無い

2014年7月22日

最近「脱法ハーブ」かキッカケで
起きる事故が多いですね

飲酒運転も相変わらずですが。

なぜ、連鎖的にこんな事件が起きるのか

人間は感情を味わう事が喜びで生きています。
いわゆる・・・喜怒哀楽。

その中でも最高に満足できる感情が・・・

    達成感

この達成感を味わう為には「努力」「積み重ね」「継続」という
アダルト脳が必要です。

チャイルド脳の「ワクワク」「楽しい」「楽」では
本物の達成感は手に入りません

偽物の達成感は日常に溢れていますバケツ

音楽イベントで燃え尽きたような偽・達成感
オリンピックなどのスポーツイベントでスクリーンの中の
選手に自分を重ねる偽・達成感

本当に欲しいものを見ないで「こんなもんだよ。人生は」と
自分に言い聞かせる偽・達成感

そして・・・

達成感(最高に満足できる感情)を味わったことが無いので・・・
どこかに、もっと高揚できる感情は無いかと・・・探し続けて
見つけた未知の世界の「脱法ハーブ」

もちろん、こんな物で感情が満足する事が・・・

     あるわけないgakuri*

ただ、まわりに迷惑をかけるだけですぷんぷん

本当の達成感を味わってみた~いと思う方は
こちらの図を参考にど~ぞ

 

 

 

 

 

 

 

「地位・お金」Yen
「保護・愛」おっきな愛?
「自由」自由の女神
どれも欲しいですよね?
大丈夫です

この3つのバケツはちゃ~んと溜まるんです。
法則さえわかれば。

ただ・・・「楽」を求めても、ずーっと楽を追い求めても
溜まらないんですよ。「楽」はガックリ・・・

だってバケツに・・・

   穴があいているんですもの

だから「楽」を求めているとず~っと
満たされない・・・空虚感や不安感、モヤモヤ感が
襲ってきます。
「楽」を手放さないと欲しいものは手に入らない

と、いう法則です。

それってどういうこと?

と思われた方は「フラクタル心理カウンセリング」を
お申し込み下さい

お待ちしております

25年の経験からの確信

2014年6月14日

久しぶりのUPとなってしまいました

1月から始めた「思考改造論」の勉強が大詰めに
入ってきました。毎日、頭の中がグルグルしていて・・・
それはもう・・・うず潮
うず潮の中にいる感覚・・・これが
ようやく取れてきて、やっと少しずつお客様へご提供を始めました。

この「思考改造論」を勉強し始めたのは25年間女性の
お身体に触れさせて頂いた経験から「人は思考から病気を作る」と
いうことに確信があったからです。

簡単にいうとストレスが病気を作っているんですね。

ここまでは勉強を始める前にも薄々気付いていて・・・
おっしゃー腕とせっせと東京に通い、学び始めました。

私の最初の学びの動機は「もっとお客様の力になりたい」
でしたが・・・最初の講義から・・・

えっ?

えっ?

えっ?

えっ?

えっ?

え~っ?

まずは自分の思考修正が必要との衝撃事実ガクリ

だって!360度自分だったんですもの~~~~~っ

その後の講義で出るは出るは私はホントに掴みたいと
思っているものが手に入らない理由・・・
(実は怠慢ひゃ~・・・だったのよ~わ・た・しウフッ

たいへ~ん

動き出しましたよ真剣に走る競馬自転車

その途端・・・これまた・・・

えっ?

えっ?

えっ?

えっ?

えっ?

え~っ!!

の連続です・・・ハイ

よっぽど私が動いてなかったのか
壊れる、壊れる店の電化製品。

最後には(最後であってほしい・・・)フェイシャルの美容機器まで
いた~い出費○○じゅうまんえん
ガクリ

以前だっら・・・意味も分からずイライライライラーッいかり

でしたが・・・今はうごきま~すハート
って感じで・・・これだけでも、かなり「ストレス」減ってます(笑)

なので・・・お店を始めて10年ですが・・・たった半年間で
増える増える新メニュー
止まっていたシローダーラが動き出し、カッピングそして・・・
来月後半からはアーユルヴェーダと思考改造論を
駆使して「妊活コース」も始めます赤ちゃん2人目

そして・・・フラクタル心理カウンセリングを来月から
本格的に始めます

従来の心理カウンセリングとはまったく違う
「思考は現実化する。100%例外なく!」
癒しや慰めだけでなく、問題の解決法をご提案する
カウンセリングです。

詳しい内容が決まり次第またUPさせて頂きます。

「動くと決めた」

たった…これだけの事で自分でもまわりも変化します。

「あなたが掴みたいものはなんですか?」

 

子供の頃、何を目指して走りましたか?

2014年4月9日
小学校の時の徒競何を(どこを)目指して走りましたか?
 
思い出してください
 
・・・・・・・・・・・・・
 
多くの人は「ゴール」を思い浮かべるのではないでしょうか?
 
では。
 
ゴールはいくつありましたか?
 
多分「ひとつ」ではないでしょうか?
 
ゴールが1つだったから、その1つを目指して脇目も振らず走れた。そして一等賞を
目指せた。
 
ゴールが5箇所あったら…どのゴールを目指して走ったら良いのかはてなマーク走る前に
必ず迷いが出ます。
 
あのゴールは一番近くて楽そう
あのゴールはちょっと遠いけどゴールしたら欲しいものが手に入りそう
あのゴールは砂利道を通らなくちゃいけないけどゴールしたらた~くさん褒めてもらえそう
 
で・・・どこに向かったら良いかはてなマーク
 
迷っているうちに、どこへ行って良いのか?分からなくなる。そして自分でも
理由がわからない不安感に襲われる。
 
人生も同じ、。
 
自分がどこに向かったら良いか?
どのゴールを目指すのか?
決められない人。
決まって無い人はいつもゴールが決まっていないので、どこへ向かったら良いか不安になります。そして、その不安は巨大化して自分を襲います。
 
仕事で頑張りたい。
自立したい。
結婚したい。
子供が欲しい。
家族が欲しい。
 
残念ながら同時に全ては手に
入りません。
 
タイムラグが生じます。
 
時間差で全てを手にしている人はたくさん
います。
 
全てを手にしている人は、その時々で
何を優先すべきか選んでいます。
 
1つずつ着実に手にしているのです。
 
女性の場合は「年齢」もゴールを目指す
ファクターに加味されるでしょう。
 
ゴールが決まっていない場合は、考えることすらしません。
 
今が楽しければ良い
今を楽しむことが全て音譜
 
ゴール(目標)が決まれば、自然と今何を
しなくてはならないか?見えてきます。
 
不安や迷いは消えて、走り始めます。
 
不安や迷いがなく走れる自分は爽快です。
 
気持ちよく走れます走る人馬走る人馬
 
今まであった方が楽と思っていた
足かせが外れて、こんなにも
足取り軽くゴールに向かって走れる
自分に驚く
 
目標や目的(ゴール)に向かって走る。
あなたが思うより楽しい事かも
しれません