消化力

2018年1月3日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末年始の食事の一部 笑

 

今日でお正月気分も一区切り。

明日から、日常の生活に戻る方も多いのでは?

 

私も明日が仕事始め。

お店は5日からですが明日は打ち合わせのため

6時30分の新幹線で東京に行ってきます。

 

東京・・・明日、雪?ってほんとかな?

仙台は今日午前中いっぱい雪でしたけどね。

 

まあ。

寒い方が身も引き締まって、仕事初めには

いいかもですね。

 

さて。

 

年末年始。

 

食べ過ぎた~とか。

体重計2度見した 笑 とか。

胃腸の調子があまりよくねいなー

 

なーんていうみなさま。

に、お届けしたい今日の内容です。

 

人には。

消化力というものがあり。

この「消化力」には個人差があります。

 

分かりやすくいうと。

 

いっぱい食べられる人とそうでない人。

消化が早い人と遅い人。

食欲にムラが大きい人など。

 

同じものを食べていても「消化」が違えば

その後の体調や体型も違うということです。

 

アーユルヴェーダでは。

 

「きちんと消化できていれば毒すら薬になり、

 消化が悪ければ不老不死の薬も死を招いてしまう」

 

と、教えています。

 

人によって消化力が違うと書きましたが。

 

こればアーユルヴェーダの体質別タイプによって

違うのです。

 

・ヴァ―タ(風)体質の消化力は

 消化にムラがあり、良かったり

    悪かったりで繊細

・ピッタ(火)体質の消化力は

 とても強い消化力で、激しい傾向がある。

・カパ(水)体質の消化力は遅い。

    時間がかかる。と、いうことです。

これは、家族内でも体質によって違います。

ですから、2〜3日

同じものを食べたり、飲んだりしていても。

胃腸の調子に違いが出るのは

体質が異なるからです。

アーユルヴェーダでは

胃の中でアグニという「火」が

燃えていて、このアグニ次第で

消化の良し悪しが左右されます。

体質によってアグニの燃え方に

差はありますが、どの体質でも

アグニが弱まると、以下の症状が

みられます。

・胃から酸っぱいものが込み上げる

・胃もたれを感じる

・胸焼けがする

・食べても美味しく感じない

・食べることが億劫

・お腹にガスが溜まり苦しい

空腹感がない


どれも、身体に意識が向いて

いなければ感じる事は難しいので、

身体に意識を向けて欲しいのですが、

初期段階の症状で

一番気が付きづらいのが。

一番下の空腹感がない。

です。

人間は本能よりも。

「欲」が強い生き物  笑

身体が空腹を感じていなくても

意識が。

あっ!朝が来たから朝ご飯♡

あっ!美味しそうな◯◯♡

お正月だし♡

新年だし♡

もったいし…

と。

身体が。

お腹空いてませんがな…

と、いう声を発していても。

意識が身体に向いていなければ。

欲という感情が優先されるので。

身体の声は、

かき消されてしまいます。

ですから、身体に意識を向ける。

と、いう意識が必要なのです。

(ややこしいね  笑)

お正月三ヶ日は

お餅や甲殻類、生ものなど

消化に負担が大きい物を食べる

機会が多い期間。

三ヶ日明けからは。

欲よりも身体の声を優先させて

みてください。

日本には七草粥という習慣があります。

これもアーユルヴェーダ的には

素晴らしい習慣。

七草は全て

「苦味」がある野菜

苦みには。

消化力を整えてくれる効果があります。

7日まで待たなくてもいいので  笑

ぜひ。

消化力。

意識してみてください。

今日から仕事初めの方も

そーでない方も。

自分の身体と対話して

みてくださいね。

では!また。

 

 

 

 

 

蜂蜜

2017年11月22日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お店が定休日の今日。

 

また・・・笑

秋保へ行ってきました。

 

今日は、まったりが目的ではなく。

ハチミツの購入が目的。

 

ここ数年、我が家の蜂蜜は

秋保ヴィレッジで購入しています。

 

種類は固定していませんが、秋保で採れた蜂蜜を

加熱せずに、瓶詰めしている、いわゆる「生蜂蜜」が手に入ります。

 

しかも。

とってもリーズナブル♡

 

いつもはアカシアや藤が、癖もなく好みなんですが

(私じゃなくて、チャンドの好みね 笑)

今日は初めて出会う蜂蜜があり、

テンション上がりました。

 

シナ(菩提樹)の蜂蜜

 

帰ってすぐに味見して。

びっくり!

 

めっちゃ♡いい香り。

 

多分・・・チャンドには香りがきつすぎるかな?

と、思いますが。

 

私には、至福の香りでした。

 

我が家で蜂蜜は切らず事のできない食材。

 

愛息子(チワワ♂10歳)が薬を

飲むのに毎日使っています。

 

蜂蜜でねりねりしたお薬を舌に塗り付けて。

これには意味がありまして。

蜂蜜は腎臓きれいにする効果があると

アーユルヴェーダでは教えてくれています。

 

昨日の話の続きみたいになりますが。

チャンドの腎臓の数値はかなり良くないのですが

獣医さんによると。

この数値なら、いつ尿毒症を起こしても不思議は

ないんですけど、チャンドちゃんの腎臓はよく頑張って

くれていますよ。と。

 

他にもケイ素を与えたりしていますので

はっきり、ハチミツ効果とは言えませんが。

 

かなり。

チャンドの腎臓には貢献してくれていると思います。

 

人間にも。

もちろん、嬉しい効果がたくさん。

 

私はシナモンと、ハチミツを混ぜて。

ハード系のパンに塗ったり。

そのまま食べたりしています。

 

人肌くらいに(←ここ重要。後半に書きますね)

温めた豆乳にシナモンとハチミツを入れて

飲むのも気に入っています。

 

実はシナモンとハチミツの組み合わせは最強

 

抗炎症効果、喘息、コレステロール、鼻炎、のどの痛み

胃腸の働きを改善、免疫強化、美肌などなど。

 

ある種の病気にも効果があると言われていますが

実証がないので、病気に関しては控えますね。

 

シナモンは普通の粉末シナモンでOK

アーユルヴェーダ的には、消化を促し、殺菌作用、発汗作用

毒素を解毒し循環を良くすると言われています。

また、外用的には痛みにも効くとも。

 

そして。

蜂蜜はアーユルヴェーダ的に。

 

ハーブの作用を体中にまんべんなく届けることができ。

血液浄化作用、眼や歯、風邪、咳、副鼻腔炎に効果があり

傷に塗ると治癒を促すとあります。

 

で。

 

もう一つ嬉しい効果は。

 

適量を摂ることで。

脂肪を減らして、肥満を防げるとも♡

 

実は。

アーユルヴェーダで蜂蜜は肥満の治療に薬としても

使われています。

 

但し。

 

蜂蜜を使うにはいくつか気を付けて

欲しいことがあります。

 

・生蜂蜜でないと効果はない

 蜂蜜を購入するときは裏のラベルチェックをお忘れなく。

 蜂蜜の顔して 笑 蜂蜜じゃないものも多く出回っています。

 水あめが混ざっていたり。意味不明ですが防腐剤が

 混ざっている物も。(蜂蜜は基本腐りません)

 

・加熱処理されていないものを選ぶ

 実はこの加熱。重要なポイントです。

 蜂蜜はご存知のように粘性があるため

 瓶詰する時に、時間と手間と人件費を節約するために

 加熱処理している物もあります。

 熱を加えるとサラサラになりますのでね。

 アーユルヴェーダでは。

 蜂蜜に熱を加えるとアーマ(未消化物)に変わり

 毒になって消化管をふさぐと言われています。

 

 もう少し。現代的に 笑 お伝えすると。

 生の蜂蜜には酵素がふんだんに含まれていますが

 酵素は53℃以上で死滅するものが多いので、効果が

 失われてしまします。

 また、お料理に使うとよ「く照り」が出る。

 と、言われるのは蜂蜜を熱すると。

 WAX効果が発揮され、消化を妨げてしまう。

 この2点から。

 アーユルヴェーダでは、蜂蜜を熱すると「毒になる」と

 いう表現している物だと、考えられます。

 なので。温かい飲み物に入れる時は人肌にしてくださいね。

 

・生後1歳以下の乳児に与えない。

 これは腸との兼ね合いです。

 私たち人間は腸が未熟な状態で生まれてきます。

 約10か月~1年くらいかけて、大腸細菌が定着して

 蜂蜜に含まれているボツリヌス菌の影響を受けなくなります。

 なので。

 生蜂蜜は1歳のお誕生日を過ぎてから。

 食べさせてあげてください。

 

簡単に手に入る食材ですが。

嬉しい効果満載です。

 

お試しください♡

 

買い物を済ませてお昼時だったので。

 

昼食も秋保で。

 

 仙台いも煮ランチ。

 

芋煮は仙台に来て初めて知った料理でもあります。

 

仙台芋煮と山形芋煮がありまして。

 

仙台→味噌で豚肉

山形→醤油で牛肉

だそうです。

 

歴史的背景があるようなので。

興味のある方は。

 

自分で調べてね 笑

 

寒い日に芋煮。

最高のごちそうでした!

 

では。

 

今日はこのへんで。

 

 

身体と感情と「味」の関係

2017年11月11日

先日。

 

夫が作ってくれた夫飯。

 

美味しく頂きました♡

 

アーユルヴェーダでは味を6つに分類しておりまして。

 

甘味・塩味・酸味・苦味・辛味・渋味

 

こんな感じに分かれています。

 

味は私たちの舌にある「味蕾」で感じ、その信号は

脳へと送られていきます。

 

美味しいと感じたり。

幸せと感じたり。

 

色んな感情を私たちに感じさせてくれます。

 

余談ですが。

 

子供の頃に食べた「味」は脳にしっかりと記憶されます。

 

ソウルフードが誕生するのは、こんな記憶からです。

 

ここを語るとお題とそれるので次へ。

 

実は味は感情と身体の状態ともリンクしています。

 

甘味を食べると疲れがとれたような気がする。

ホッとするは。

アーユルヴェーダ的に正解。

 

甘味は心を落ち着かせてくれる味なのです。

 

甘味には満足感と満ち足りた感を感じさせる力があります。

 

ただ、摂り過ぎには注意が必要。

摂りすぎると、怠惰になったり、頭の回転が鈍くなったり。

太ったり、不眠になったり。

 

塩味は肥満、皮膚炎、ニキビ、ほてりの原因になったりします。

 

酸味は摂り過ぎていると恨みや妬みなどの感情が

生まれやすくなり、身体には炎症や胸やけ。

 

苦味は冷えや乾燥、食欲減退、頭痛、不安、軽度の無力感

 

辛味は喉が渇いたり、乾燥したり、めまいがしたり、脱毛や皮膚炎、怒りやすい、イライラする

 

渋味は便秘や口の渇き、下腹部にガスが溜まる、温かみに欠ける

 

もちろん。

これは「過剰摂取」したときの状態です。

 

なぜ。これらの味を過剰に摂取するとこんな症状が起きるのか?

 

これ、全部アーユルヴェーダ的にド-シャ(ヴァ―タ、ピッタ、カパ)と

関係しています。

 

「過剰摂取」にならない為には。

 

性質の強いものを毎日、同じものを食べない事。

 

例えばヨーグルトや酢みたいに酸味の強いものを

毎日食べ続ければ「過剰摂取」となります。

 

唐辛子かけまくり

酢かけまくり

マイタバスコ 笑

 

なんていうのも、もちろん過剰摂取です。

 

健康のため毎日食べている

 

物が不健康を作り出しているかもしれません。

 

こんなことにならないために。

アーユルヴェーダの知識を知って頂こうと思いまして。

 

アーユルヴェーダミニ講座開催します。

 

~テーマ~

 ・自分の体質(ド-シャ)を知る(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)

 ・消化力と6つの味

 

☆アーユルヴェーダの基本中の基本

 ド-シャ理論(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)を知り、

自分の体質について学びます。

 

☆消化力を上げるにはどうしたらいいのか?

 消化力には食べるものももちろんですが、環境や食べ方、心などが

 大きく関係しています。

 どのような食べ方が消化力を上げ、消化力を下げてしまうのか?

 自分の体質の消化力は、どのような特徴があるのか?

 を、知ってみましょう!

 

6つの味

 消化力は味にも左右されます。

 アーユルヴェーダでは味を6つに分類しています。

 ・甘味 ・塩味 ・酸味 ・苦味 ・渋味 ・辛味

 この6つの味とド-シャがどう関係しているのか?を学びます。

 

  ☽開催日時 

   2017年12月20日(水)13時~16

 ☽開催場所

   サットヴァの実セミナールーム

 ☽受講料

   5,000円(税込)

 ☽講師

   小倉侑子

 ☽お申込

   ☎022-266-8857(アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」

   お申込フォーム↓

   https://pro.form-mailer.jp/fms/99312936133725

 

年末のお忙しい時期だとは思いますが。

食べる機会が多すぎる年末年始。

この時期だからこそ。

 

受講して頂きたい講座です。

 

知識はあなたの健康を守ります♡

 

あっ。その前に。

 

11月18日(日)にも

アーユルヴェーダと酵素栄養学から見る腸内の整え方

という、セミナーも開催します。

 

1時間30分なので。

こちらは本当にライトなセミナーです。

 

10時~・13時~・17時~の3クラス。

 

内容はすべて同じです。

 

受講料は800円

 

お申込は↓からお願いします。

https://pro.form-mailer.jp/fms/0abcbb02133308

 

お会いできたら嬉しいです!

 

お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春には。春の過ごし方

2017年4月11日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

先日。週末に。少しだけ時間ができたので

友人と。

日本三大名瀑

の、一つと言われる秋保大滝 へ

ふらっと。

 

ここは私のお気に入りの場所の一つで。

定期的に訪れていますが、週末に行くことなんか

ほとんどないので、人が多いのにびっくり。

 

あっ。ここ観光地だったわね・・・

思わずいつもと違うところにいる感覚でした 笑

 

今の季節は「雪代」 が多く

迫力がすごい。

 

秋保大滝はこれからが春。

まだまだ、樹木の新芽などにはお目にかかれませんでしたが

確実に春を感じることはできました。

 

自分の意識が。

「自然になんか興味はない」と感じていたとしても。

 

私たち人間は。

必ず自然に影響されています。

 

それは量子レベルの波動や素粒子のバランスを取る

いわゆる「チューニング」を自然に触れることで

行っているから。

 

私たちは色んなものから、影響を受けますが

自然の中で行われているチューニングは

免疫力を上げ、細胞が活性し、思考のバランスをも

整えてくれます。

 

こんな風に。

 

自分の意識しないところで。

私たちは色んな影響を受けているのです。

 

今の季節は「春」

アーユルヴェーダでは3月中旬~6月中旬を春とし

季節によっての過ごし方(リトゥチャルヤ)を説いています。

 

春はカパ(水)のエネルギーが充満してる季節で

うっ滞や停滞をする時期です。

消化力も下がりますし、行動も思考も鈍くなりがちです。

なので。

消化の重く、たくさんの量の食事は必要ないのです。

 

軽くて、あまり油を含まないパサパサした食事を

摂ることを勧めします。

消化に重い乳製品(チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなど)

は、特にカパを悪化させやすいので避けた方が無難です。

温かい食べ物や飲み物を摂るようにし。

味は辛味、苦味、渋味のあるものを多く食べて、

甘味、酸味、塩味の強いものは控えましょう。

 

具体的な食材としては。

・山菜

・苦い葉野菜

・緑の葉野菜

・キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ラディッシュ

・しょうが

・にんにく

などを積極的に摂って。

 

・砂糖

・小麦粉

・チーズ

・ヨーグルト

・すっぱい果物

・ネバネバした食べ物

・冷たいもの

は、減らす。

 

こう書くと。

「えっ?納豆とか食べちゃダメなんですか?」

「長いもは?オクラは?」とかになりがち。

 

食べちゃダメなんて物はありませんので。

この季節は減らした方がいいよ。

と、いうだけです。

毎日、食べるんじゃなくて1週間に1~2日に

しようね。くらいのとらえ方で十分です。

 

また、いつもの季節に増して。ダラダラと過ごすことは

春の不快な症状を悪化させます。

・朝に散歩をする

・一日の生活の中で動く比率を増やす。

   (階段を使うなど)

などを意識して摂り入れてみて。

 

私たちは。

無意識なところで色んなものに

影響を受けています。

 

無意識から意識に変えることで

身体は長持ちし、老化も遅らせることが

できるのです。

 

今日は1日雨の仙台。

この雨が止んだら一気に春が来るかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴ決定

2016年4月30日

アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の求人はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=24

サットヴァの実が開催する講座スケジュールはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=25

フラクタル心理カウンセラーによる無料個人セッションの
お申込はこちら↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/5e5596a893478

「腸内環境の神秘」

腸内環境、腸内細菌、腸が脳に影響を与えている

こんなことをお話しさせて頂きます。

腸を調べるとあなたが生まれた病院が特定出来る!
食事の入口は・・・口じゃない!
生後10か月までは不潔な環境が最適!
腸から見るアレルギー
など。

驚くべき腸の話が満載です!

開催日時 5 月29日日曜日10時~16時※1時間休憩含む
開催場所 仙台市若林区河原町
受講料  16,200円(税込)

講師   小倉侑子

お申込  https://pro.form-mailer.jp/fms/8d7cbb1e95922

健康を保ちたい方、健康になりたい方、
便秘や軟便など腸の不調でお悩みの方
やる気がでない方、アレルギーをお持ちの方
など。

 

アーユルヴェーダ講座
あなたの体質は何か?を解説し、
体質別の身体的特徴や精神的特徴、行動面での特徴。
食べ物のチョイスの仕方や、体質別生活習慣、季節の過ごし方など。
明日から使える生活習慣をレクチャーします。
日時  2016年5月28日月曜日 10時~16時※休憩1時間含む
場所  仙台市若林区河原町
受講料 16,200円(税込)

講師  小倉侑子
お申込 https://pro.form-mailer.jp/fms/b5af989393944

 

フラクタル心理学無料体験会詳細↓

http://ameblo.jp/lunasurya/entry-12155152958.html

==================================

始まりましたね。

ゴールデンウィーク

 

このゴールデンウィークは定休日以外

ルナスーリヤで施術に入り汗を流しています。

 

技術者魂が騒ぎ出す。と、でもいいましょうか 笑

楽しいです。

 

さて。

今日の写真は先日、決まった会社のロゴです。

かわいいでしょ?

かなりお気に入りです。

 

この会社名。

絶対1回で聞き取ってもらうことが

できないのが、ちと面倒ですが。

気に入ってます。

 

よく。

サットヴァってどういう意味ですか?

と、聞かれますので。

今日はちょっとサットヴァのお話を。

 

実際にはサットヴァの実なんていう実は

存在しません。

 

「サットヴァ」とはサンスクリット語で

意味は「純粋な」です。

サットヴァは進化し、前進し、進歩する力である。

と、アーユルヴェーダは説いています。

 

心の性質を現すグナの一つです。

 

心の性質グナは他に二つの性質があります。

 

タマスーこれはサットヴァと正反対の性質を持っていて

停滞、後退を意味します。

 

サットヴァとタマスの中間に位置するのがラジャス。

 

ラジャスは、活動(行動)のための中立を意味していて

その時々で正しい活動をするために、進歩的なサットヴァについたり

保守的なタマスについたり、日和見的な選択をします。

 

と、いうことは。

 

ラジャスがサットヴァの見方をしてくれれば

私たちは、いつでも進化、前進、進歩に向かえるという訳です。

 

ラジャス的な人は行動することを好み

サットヴァ的な人は進歩することを好み

タマス的な人は同じ状態に留まろうとします。

 

どの人も、この3つの要素はもっています。

 

それぞれに自然に作った型がありますが

この型は変えることができます。

 

アーユルヴェーダでは

「人を創造的で健康で幸福にするのはサットヴァである」

と、説いています。

 

では?

そのサットヴァはどうしたら増えるのか?

 

・純粋な水や食物をとること

・充分な睡眠をとること

・自然の中で時を過ごすこと

・誰に対しても気持ちよく寛大にすること

・よく考えて行動すること

・衝動的に行動しないこと

・消化のいい自然な食べ物を食べる

(食物としては野菜や果物などの植物がサットヴァを増やします)

・他人に対して思いやりを持つ

 

こんなことを生活に取り入れていくと

サットヴァが増えるとされています。

 

10年前。

 

サットヴァがたわわに木に実っている

イメージが直感的に湧いてきて、この会社名に

決定しました。

 

まだまだ成長中の木ですが

たわわに実をつけること使命として

いくに、ふさわしいロゴをデザインして頂き

これからにワクワクが増えたので、ご報告

でした。

 

今日で4月も終わり。

1年の3分の1が終了します。

 

今年の目標や決めたことを

もう一度思い返して5月を迎えたいと思います。

 

では。

 

また!

 

 

 

春にお勧めの生活習慣

2016年3月10日

 
アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の求人はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=24

サットヴァの実が開催する講座スケジュールはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=25

フラクタル心理カウンセラーによる無料個人セッションの
お申込はこちら↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/5e5596a893478

アーユルヴェーダ講座開催します!
あなたの体質は何か?を解説し、
体質別の身体的特徴や精神的特徴、行動面での特徴。
食べ物のチョイスの仕方や、体質別生活習慣、季節の過ごし方など。
明日から使える生活習慣をレクチャーします。

日時  2016年4月25日月曜日 10時~16時※休憩1時間含む
場所  仙台市若林区河原町(お申込後詳細をご連絡します)
受講料 16,200円(税込)
講師  小倉侑子
お申込 https://pro.form-mailer.jp/fms/b5af989393944

=================================
今日は1日。
は~るよこい♪
 は~やくこい♪
って歌いたくなるくらい風が冷たい1日でした。

が。

おてんとさまの日差しは確実に
春を感じることがでしました。

もう春がそこまで来ているのを実感したので。

今日はアーユルヴェーダ的
「春のお勧め生活習慣」

春はカパ(水・土)のエネルギーが強くなり
アレルギーが出やすくなったり、
やる気が起きなかったり。
眠くなったりしやすい季節でもあります。

早くも花粉を感知している方にも
勧めの生活習慣です。

カパの性質は
重い・冷たい・湿性・遅い・油性・粘り・安定
と、いうような特質を持っています。

こんな性質が上昇しやすいので
この性質を下げるような生活習慣がお勧めなのです。

まずは。
なんと言っても。

食べ過ぎない。
この習慣は年中いえることですが特に春の食べ過ぎは
アレルギーや痰、倦怠感、眠気などにつながります。

自分の手を握ってグーを作ってみてください。
そのグーがあなたの胃の大きさです。

そして。

重い食事をしない。
油を多く使った食事はなるべく控えるようにしましょう。
乳製品も重い食材ですから避けるようにします。
(チーズ・ヨーグルト・アイスクリーム・牛乳)

なるべく冷たい物は避けて温かい食べ物や飲み物にする。
(冷たい水→お白湯 生野菜→温野菜ってな感じです)

夜遅い食事を避ける。(20時以降)

摂って欲しい味は
辛い・苦い・渋い
避けて欲しい味は
甘い・酸っぱい・しよっぱいです。

この季節。
なんて言ってもお勧めの食材は
「山菜」
苦味と渋味の宝庫です。

以外にお勧めなのは
「はちみつ」
アーユルヴェーダ的にはちみつの
味は。
苦いと渋いにあたります。
(ただし、はちみつは加熱NGです)

朝寝坊もカパを上昇させます。
花粉症の方は早起きして、朝から体を
動かすことをお勧めします。
朝、マッタリしていると、症状がひどくなりますからね。

あとは・・・

洗った髪を乾かさないで長時間過ごすこと。
も、避けて欲しいですね。

朝のコーヒーはお勧めです。
(できれば挽きたてを♡)
身体に水分を溜めておきたくない季節なので
利尿作用があるものもお勧めです。
その点でコーヒーは利尿作用があり
苦味も渋味もあるのでお勧めなのです。

簡単にできることを紹介してみました。

春が苦手な方は、ぜひお試しくださいね。

4月25日に開催する
アーユルヴェーダセミナーは
こんな生活習慣からあなたの体質についてなどを
もっと詳しくお話しさせて頂きます。

自分の体質を知ることは
自分自身の身体に興味を持ち
いたわることにも繋がります。

自分をもっと知ってみたい!とお考えの方は。
ぜひ。ご参加ください。

お申込は↓こちらまで。
https://pro.form-mailer.jp/fms/b5af989393944

では。

また。

私たちは生命エネルギーも栄養にしている

2016年2月23日

 
アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の求人はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=24

サットヴァの実が開催する講座スケジュールはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=25

フラクタル心理カウンセラーによる無料個人セッションの
お申込はこちら↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/5e5596a893478

アーユルヴェーダ講座開催します!
あなたの体質は何か?を解説し、
体質別の身体的特徴や精神的特徴、行動面での特徴。
食べ物のチョイスの仕方や、体質別生活習慣、季節の過ごし方など。
明日から使える生活習慣をレクチャーします。

日時  2016年3月9日水曜日 10時~16時※休憩1時間含む
場所  仙台市若林区河原町(お申込後詳細をご連絡します)
受講料 21,600円
講師  小倉侑子
お申込 https://pro.form-mailer.jp/fms/b5af989393944

=================================

夜も更けて参りましたが。

あなたは今日1日どんな食べ物を口にしましたか?
どんな環境で過ごしましたか?
今は。
どんな気持ちと空間で過ごしていますか?

心と体と精神を。
一つに。健全に。健康に。
したいと、私たちは心の中で願っています。

しかし。
実際に多くの人たちがこれは。
「切り離されたもの」
と、して理解していることに。
なかなか気が付きません。

体の調子が優れなければ。
すぐに薬を飲み。

病気になった時も。
体を診てもらう病院に行くことが
当たり前であることからも明らかです。
(病院には行きましょうね)

しかし。

心と体と精神は。
1つのもので。

心だけ、肉体だけ。
見ていては、統一されることはないのです。

古代インドの賢者たちは
「プラーナ」という生命エネルギーについて説いています。

プラーナは「生命力」とか「生命エネルギー」という意味ですが
いろんな場面で私たちは。
このプラーナを自分の体や心、精神、魂に取り入れています。

このプラーナを枯渇させないために必要なものは。

・新鮮な食べ物
 (取れたての野菜、果物、添加物を使っていないもの、電子レンジで調理していないもの
  作り置きしていないもの→加工食品全般は作り置きに入ります)
・清らかな水と空気
・太陽の光
・適度な運動
・バランスの取れた呼吸
・・恐れ、怒り、執着、恨み、嫉妬などの感情を主軸としない愛を感じる生活

この真逆になることが。
生活に多くみられる場合は
プラーナは急速に減少し流れが狭められてしまうので。

だんだんと、無気力になり、体が不活になって
心、体、問わずに病気を発症しやすくなります。

プラーナの流れが完全に止まると。
鬱状態、慢性疾患、老化につながります。

私たち人間は。
ついつい。
自分たちは地球上の営みから外れた
個として生きていると、勘違いしてしまいがちです。

それは。
見に見えないものは感じ取れない。
信じることができないと、思っているから。

目には見えなくても。
私たちの心や意識をはじめ。
プラーナのような生命エネルギーが存在するからこそ。

私たちは元気でいられるのです。

例えば。
家に切り花でも鉢植えでも。
植物を置いてみてください。

その植物は、しゃべりさえしませんが。
話しかけたり、愛でることで。
心が落ち着くことを感じ取れると思います。

忙しくて。
気にかけることも。
愛でることもしてもらえない植物は。

あっという間に。
枯れてしまいます。

こんなことでも。
プラーナは感じられるようになります。

食事や水、空気、太陽。

毎日、少しだけでも感じ取れる生活は
必ずあなたを元気にしてくれます。

もうすぐ。
東北にも春がやってきます。

毎年、香りを楽しむのが
待ち遠しい「ヒイラギナンテン」の蕾が
だんだんと膨らんで黄色くなってきました。

勾当台公園にたくさん植樹されていますから
興味のある方は。
ぜひ。

香りをクンクンしてみてください 笑

至福な時を過ごせます。

明日は。
前回うまくいかなかった、
S字とクランクの教習で車に乗ります。

補習にならないよう頑張ります!

では。

また。

 

オージャス=活力

2016年2月8日

 
アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の求人はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=24

株式会社サットヴァの実が開催する講座スケジュールはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=22

外見革命についてはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=19

今日。

47歳の手習いを決意し。
申し込んできました!

自動車免許取得
もちろん!AT限定ですがね 笑

前々から。
取りたいな~とは思っていましたが。

必要に迫られないことは、なかなか実行に
移せないものでして。

夫が去年の10月から東京に
単身赴任をしたとたん・・・不便
を、感じ始め。

重い腰を上げました。

夫に助けられ生活をすることが。

本当に当たり前になっていた。と、ちと反省。

反省だけならサルでもできる!
と、いうわけで。

行動することにしました!

思い立ったが吉日のこの性格。

申込に言って説明を受けてたら。

「今、繁忙期なので技能教習は予約が
取りづらくなっております。」

あっ・・・

そりゃそうですよね。
高校生や大学生やら春休みですもんね(涙)

じゃあ。4月過ぎの方がいいのかしら?

の、私の問いに事務員さん。

何とも言えませんが・・・
せっかくいらして頂いたんだから、お申し込みは
今日がいいと思いますよ。
期間は9か月ありますから。

わかりやすい 笑

え~い。
今日、行動したのには意味があるんだから
申し込んじゃお~
と、スッキリ申し込んで参りました。

今から。
ハイウェイ飛ばしてる
青写真を頭で描いております。

取得の様子は。
ちょこちょこブログに書いていきますね。

================================
今日の私。
オージャスが見た目にも
溢れていたと思います。

ワクワクでしたから 笑

ということで、今日のお題は
オージャス

何それ?

と、いう感じだと思いますが
アーユルヴェーダでいう「活力」のことです。

簡単にいうと。
誰かを見た時に。

この人パワーありそう!
この人といると元気になれそう!

なんて、感じる人がいたとしたら。
その人は。

オージャス高め 笑 です。

このオージャス。
私たちは食べ物(食事)から取り入れています。

オージャスを増やす代表的な食べ物は


ギ―(バターに似た油。バターではオージャスは増えません)
ごま油
アーモンド
ココナッツ(純粋なもの)
新鮮なフルーツ
ナツメヤシ(デーツ)
ハチミツ

などがあります。
が、日本人的にこれさえ食べていればOK
なんてことはありませんので
摂り方の良し悪しは体質によります。

生活の中に取り入れるもの
と、して考えて頂けるといいと思います。

ナツメヤシなんて、意識しないと生活の中に
ないですもんね。

そして。
食材以上にオージャスを高めるために大切なのが。

食事の摂り方。

では、いきま~す。

・落ち着いた雰囲気で座って食事をする
・食事中は食事に集中して、よく噛んで食べる
・温かく出来立てで、きちんと調理され適度に良質な油を含む食事
・食べ物が消化されるまで、次の食事をしない。(4時間の間隔が理想)
・食事中に白湯をすする
・加熱したハチミツは摂らない
・ミルクは食事中に摂らない
・毎食6つの味すべてを含んだ食事をする
 (甘味・酸味・塩味・苦味・渋味・辛味)
・適量(胃の3分の2)の食事量を摂る
・体質や、体調に合わせた食事をする
・身土不二(住んでいる土地でとれたもの、旬の物)に従う
・調理する人は愛情を持って作る
・食べ合わせの悪い食事をしない

こんな食事の習慣がオージャスを増やします。

活力を高める食生活。

ぜ~んぶ完璧にやろう!はNG

できることから、取り入れてみてください。

楽しんで身体の変化を感じ取ることが大切です。

こんなアーユルヴェーダの知恵を
知って頂くミニセミナー開催します!

2月23日火曜日10時~12時
同日       15時~17時

場所  仙台市河原町(無料駐車場有)
参加費 3,240円

この日のテーマは
「自分の体質とトリドーシャについて」

たのしくおしゃべりしたいと思います♡
お申込はこちら↓まで
https://pro.form-mailer.jp/fms/3844e82493246

では。

また!

消化の火 アグニ

2016年2月5日

 
アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の求人はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=24

株式会社サットヴァの実が開催する講座スケジュールはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=22

フラクタル心理学に気軽に触れてみたい方はこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=23

外見革命についてはこちら↓
http://www.lunasurya.com/news/detail.cgi?reqno=19

 今日は。

昨日、下記損ねた消化力のお話です。

アーユルヴェーダが病気の発生源として、
数多くのことを説いているのが「消化」です。

この消化にはザクッというと。
食べ物の消化と感情の消化があります。

今日は。
食べ物の消化について。

アーユルヴェーダでは胃の中で火が燃えている。
と、考えています。

これを消化の火「アグニ」といいます。

ここからは想像力を働かせながらお読みください↓ 笑

この消化の火が、強すぎても、弱すぎても消化がうまくいかず。
食べたものは、消化できずに未消化物=アーマとなり、このアーマが
大腸に溜まり、悪臭を放ち、腸にこびりついて腸を塞ぎ、血管や
毛細血管などの通路を塞ぐようになります。
そして・・・化学変化を経て毒素となり、血液中に吸収され全身を
巡るようになります。

そして・・・体内の弱い部分に蓄積して。
病気を発症します・・・

ちょっとしたオカルトですよね?

では。
このアーマを溜めない為にはどうしたらいいか?

それは。
食べた物がちゃんと消化できれば
いいのです。

では。
消化力を上げる方法をご紹介。

・食べ過ぎない
・お腹が空いたと感じるまで食べない
・食事と一緒に冷たいものを摂らない
・1度食べ物を口に入れたら、次に食べ物を
      口に入れるまで最低4時間はあける。
・食事と一緒に乳製品は摂らない
・酸味(果物・ヨーグルト・乳製品)と塩味・肉・魚は一緒に摂らない
・作り置きしたものは食べない(特に揚げ物)

などが、あります。

ただし。
自分の身体を十分観察することが一番大切。

お腹空いてるか?空いていないか?も
記憶や習慣で、
お腹が空いていると

思い込んでる

場合が多々あります。

まずは。
自分の身体に意識を向けて
色んなことに気付くことが重要です。

まだ、書きたいことがあるのですが。
時間切れ。

自分の身体や意識に気付く
お茶会をしようかな~なんて
考え中です♡

では。

また。

明日!

食事の秘訣

2015年5月11日

こんばんは。

今週末は仙台青葉まつりが開催されます。
詳しくは↓こちら
仙台青葉まつり

杜の都っていうくらいですから。
今が。
仙台の一番オススメな季節です。
(注:わたし的にです)

美味しいものもたくさん。あります。

おっ。仙台よさそう♡と
思われた方。
ぜひ。足をお運びください。

さて。
今日のお題は。

食事の秘訣

アーユルヴェーダでは。
何を食べるか?ということが重要。ということを
色んな角度から説いていますが。

どのように食べるか?も何を食べるかに劣らず
重要だと説いています。
美味しいものを食べるのも。
もちろん。とても重要なことなのですかが。

食事中の。
視覚、聴覚、触覚、嗅覚も食事を満足させることは。
重要な要素だということです。

食事をしている時。
私たちの身体は、あなたが思っているよりも
とても敏感になっています。

胃の細胞は、あなたが食事中に何を話していて。
どんな気持ちで食べているか?にとても興味を
持っています。
怒りながら、イライラしながら、悲しみながら、
辛いと思いながら、苦しいと思いながら食事をしているとき。

あなたの胃は。
固くなり縮んでいます。

そうすると。
食べたもの全てが影響を受けるわけなのです。

脳があなたの感情や食事をしている環境をもとに。
科学的なメッセージを全身に送り出し、胃やそのほかの
臓器全てに指令を出しています。
だから。消化器官のどの部分にも。
嘘はつけないのです。

例えば。
すごく緊張する相手と。
超豪華な食事をしたとします。
緊張しているから。
味も香りも分からなければ、見た目も楽しめない。

超豪華な食事は。
間違いなく消化不良です。

胃腸は。
私たちの心以上に折れやすい 笑 
のです。

そこで。
胃腸が喜んでガンガン消化してくれる
16の秘訣をご紹介。

アーユルヴェーダの病気の始まりは
食事の未消化ですから。

消化がうまくいくこの秘訣は
知っておくとお得です。

では。いきまっせ。

・落ち着いた雰囲気のところで食べる
・気持ちが動揺しているときは食べない
・座って食べる
・空腹を感じている時だけ食べる
・冷たい飲み物や食べ物をとらない
・食べ物を噛みながら話さない
・適度な速さで食べる
・前の食事が消化してから食べる(4時間~6時間)
・食事のオトモに。お白湯
・可能な限り出来たての物を食べる
・生の食物は最小限にする。火を通した物の方が消化に良いから
・蜂蜜は熱を通さない。アーマ(未消化物)となる。
・牛乳は食事と摂らない。(日本人は食事以外でもなるべく摂らない)
・毎回の食事で6つの味(甘・辛・苦・酸・渋・しょっぱい)を感じる
・消化しやすいように、胃の3分の1~4分の1は空けておく。
・食後すぐに動かない

もちろん。
これを必死で守る必要はありません。
守れなかったことを神経質に気にしたら。
それこそ本末転倒。逆に消化不良を起こします。

でも。
この16のリストが頭に入っていると。
出来る状況の時にできることをチョイスできるようになります。

食べる物にも環境にも。

意識を持つことが大切です。

健康でビューテフォー 笑 な身体と
ワクワク♪キラキラ♡な感情や思考を作り出すためにも。

できることからコツコツと。
お試しください♪


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

味と感情

2015年3月24日

こんばんは。

今日の仙台。
風が強くて。
しかも。春の風というよりは。
北風。

寒いのなんのって。
朝はうっすら雪が積もっていました。

景色は綺麗でしたよ。

さて。
今日のお題。

味と感情

何か関係あるの?
はい。
実は大アリなんです。

アーユルヴェーダでは。

バランスのとれた食事をするための簡単な方法として。
「六つの味覚」を摂ることを勧めています。

六つの味とは。
「甘味」
「酸味」
「塩味」
「苦味」
「辛味」
「渋み」
です。

もちろん人工的な作られた
味ではなくて、自然の中にある食べ物で
摂れる味のことです。

食事に六つの味を取り入れることは。
栄養素摂取の点からも
食事の満足度の点でも、とっても優秀なんです。

実は。六つの味覚は。
食事の栄養の内容を。
神経系に知らせる暗号となっているのです。

では。
具体的に六つの味のご紹介。

≪甘味≫
 穀物・パン・パスタ・うどん・ナッツ・牛乳・乳製品・魚・肉・
 熟した果実・枝豆・とうもろこし・さつまいも 等
≪酸味≫
 酢・ヨーグルト・酸味の強いチーズ・りんご・いちご・
 ラズベリー・グレープフルーツ・レモン・オレンジ・トマト 等
 酸味の強い果物
≪塩味≫
 塩・醤油・味噌・塩蔵した食品・海藻 等
≪苦味≫
 旬の緑黄色野菜が苦味の主な供給源です。
 チコリー・ルッコラ・エンダイブ・ピーマン・ブロッコリー・セロリ
 ナス・ほうれん草・ズッキーニ・山菜や青梗菜。
 ハーブやスパイスなどにも苦味のあるものは多いですね。
 ※春に摂るのがオススメですよ。
≪辛味≫
 唐辛子・玉ねぎ・にんにく・しょうが・大根・わさび等
≪渋味≫
 お茶・コーヒー・アスパラ・きゅうり・いちじく・マッシュルーム・
 ざくろ・ほうれん草 等など

口に入れて一発目にドカンとくる味はもちろん
ストライクでわかりますが。
例えば塩のように
岩塩なら「塩・甘」
海塩なら「塩・辛」となります。

どんな食べ物にも。
六つの味のどれかは。
含まれています。

食材の味を探ってみるのも楽しいかもです。

さて。
この味と感情の関係ですが。

アーユルヴェーダでは。
「心と身体の会話で一番重要なのは感情である」と
と、説いています。

実は。
六味は。

食べ物だけに限らず。
感情も説明してくれていると考えられています。

感情を説明する時に。
「苦言」「甘い言葉」「辛口コメント」「酸っぱい初恋」
「ピリッとした一言」「甘い誘惑」「苦い経験」
「渋ってる」など・・・
味覚を比喩として使っていますもんね。

脳は人生の味=感情に敏感に反応します。

甘い経験。酸っぱい経験。しょっぱい経験。
苦い経験。辛い経験。渋い経験。

まあ。
甘い経験以外は。
好まない人が多いのかも知れませんが。

味と同じように必ず必要だということです。

ただ。

毎日甘いものを
しこたま 笑
食べてる自分を5分間想像してください。

・・・・・

どうですか?

最初は美味しいけど。
飽きて。うんざりして。

おせんべい持ってきて~と。
言いたくなりませんか?

固焼きそばに。
酢かけすぎたら・・げっ。

お刺身にわさびつけすぎたら・・辛っ。

と。六つの味がバランスよく味付けされて
いると美味しい♡と感じるのと一緒で。

あなたの人生もあらゆる感情のバランスを
味わうと。

とっても豊かになること間違いなしです♡

甘いも渋いも苦いも辛いも
しょっぱいも酸っぱいも。

取り入れて豊かな人生築きましょ♪

では~今日はこの辺で。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーユルヴェーダ的冬の過ごし方

2015年1月12日

こんばんは。

今日で。
学びの3日間は終了しました。

さあ。
これから。
エンジン全開で。
走りたいと思います^^

------------------
今年の冬はさ・む・いですね。
去年に比べたら格段に寒いと思います。

そこで。
アーユルヴェーダ的冬の過ごし方を
ご紹介♪

サンスクリット語(アーユルヴェーダの古典に使われている言葉)で
季節のことをリトゥといい季節を表すときは
必ずリトゥがつきます。

冬には2つの表現方法があり、
冬を総称してへマンタ・リトゥといい
極寒の時期をシシラ・リトゥといいます。

今はシシラ・リトゥの季節です。

実は。

冬は一番体力が増強されている季節です。
一番元気!
ということ。

体温が身体の内側にこもり、熱として胃に集中して
消化力が高まります。
なので。たくさん食べれちゃう♡
消化に重いものも。
ある程度は(あ・る・て・い・ど・です)
平気で食べられます。

冬に食欲が強くなるのは自然なことです。
が!胃がパンパンになるのは明らかに食べ過ぎです。

自分の両手に入るくらいの量が適している
いうことを。
ぜひ。
頭に叩き込んでおいてください 笑

きちんと消化し。
エネルギーに変えられるので。
体力が温存できる。
と、いうわけです。

冬の上手な過ごし方をご紹介しますね。

温かい食べ物や飲み物、良質の油(ごま油やオリーブ油、亜麻仁油など)を
摂るようにし、お餅などの消化に重いものも、ある程度ならOKです。
ただし、よく火が通っていて消化しやすいものを食べてください。

甘い(自然の甘みのことです)・酸っぱい・しょっぱいという
味を増やし、苦い、渋い、辛い味のものは少なくしてください。

乾燥したものや
生のもの(生野菜、旬以外の果物、刺身など)
氷入りの飲み物、冷蔵庫から取ってすぐの飲み物
アイスなんかは。
避けてくださいね。

食べ物をチョイスする時にどの季節でも
間違いないのは。

・旬の物を食べる
・今、住んでいる土地で採れたものをを頂く。
 (仙台なら東北というくくり)

これが。
できていればまず。
間違うことはありません。

そして。
お体の中心部を冷やさないようにして下さい。
腹巻や湯たんぽなどを。
ぜひ利用してください。

逆におすすめできないのが。

携帯カイロ
電気毛布
電気あんか
電気こたつなど
体温が充分上がっても自然に下がらないので
体温調節機能が狂いがち。
また。
皮膚も乾燥します。

携帯カイロは。
低温やけどが多いのも気になります。

身体の末端を温めるより
お腹や大腿部など。
身体の中心部を温めることをオススメします。

これから。
寒さの本番。
2月をむかえます。

元気に冬を過ごすために。

ぜひ。

実践してみてくださいね。

では。
また明日~


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「食」の知恵 3

2014年10月17日

今日は昨日のお約束通り
アーユルヴェーダ式アグニの立て直し方
をご紹介。

いわゆる「ファスティング」です。

アグニを立て直すには2日間必要です。
週末を想定してご紹介しますね。
もちろん。曜日は参考ですから続いていれば
何曜日でもOKです。

~金曜日~

朝食と昼食は普通に食べる。
昼食後、間食やアルコールはNG
夕食は消化に軽いものを。いつもより若干少なめの量で
油を多用していない和食がいいですね。
スパイスの効いたものチーズは避ける。

寝る前に下剤を飲む。
下剤は「ひまし油」を大さじ1杯飲む。
(飲みづらいのでレモンの絞り汁を数滴加えると飲みやすく
なると思います)
ひまし油を飲んだあと、すぐに100 CCくらいの
白湯を飲む。
その日はなるべく早く寝る。
夜中に目が覚めたら、我慢せずに排泄を。

~土曜日~

この日はアグニを弱めるのが最大の目的。
固形物を口にせず液体だけで1日過ごす。

ぶどうジュースか、りんごジュース
(酸味の強いオレンジジュース、甘味の強すぎるマンゴージュースなどはNG)
を白湯で割って飲む。
朝、昼、晩とコップ1杯ずつ。
食事の間にも飲んでいいが1日7杯目以降は
白湯のみにする。
肥満の人はジュースではなく白湯のみにする。

この日は1日、本を読んだり、軽い活動をして過ごす。
重労働や日課にしているジョギングなどもお休みして
ゆっくり過ごす。但し「寝て過ごす」はNG

どうしても「空腹感」が我慢できないなら
はちみつをティースプーン一杯を舐めてみる。

~日曜日~

この日はアグニを再出発させる日。
正常なサイクルにアグニを戻す時期。

朝食はお粥をご飯茶碗に軽く1膳と味噌汁(具は少なめに油揚げと
野菜がGOOD!)
土日のプログラムが、うまくいっていれば、
この量で充分なはず。
もし、この時点で空腹感がとても強いようなら
果汁のジュースをコップ1杯飲む。
コーヒー、紅茶、タバコはアグニのリズムを狂わせるのでNG
この2日間が水の泡になります・・・・

正午ちょうどに普通食を食べる。
多すぎない薄味の和食がオススメです。
しょっぱすぎるもの、スパイスが効いたもの、アルコールはNG
サラダだけ。
と、いう少なすぎる食事もNG
食事と一緒にジンジャーティーを飲むと
なおGOODです。

早めに夕食を食べる(少なくとも就寝3時間前までには)
量は昼食よりも少なめに。
油の少ない食事を。

この日は一切間食しない事が原則です。

これで「アグニ」の立て直し完了。

このファスティング。
ルナスーリヤではコチラの商品を使って
1週間~2週間のプログラムをオススメしています。

とても飲みやすい美味しい酵素と
アシスト食。

この2つを組み合わせプログラムする事で
苦痛なくアグニを立て直せます。

お客様にも大好評!
体重や体脂肪もついでに落ちて
7Kg~8Kg体重を落とした方はお一人やお二人ではございません。
アグニも正常になって体重も体脂肪も落ちて
一石三鳥です♡
(ちょっと宣伝も入れちゃいましたウフッ♡

せっかくアグニを立て直したのですから
アグニのリズムを狂わせるような習慣は
避けたいですよね。

では、アグニを混乱させてしまう習慣を
ご紹介。

◇間食
食べないときはアグニを刺激しない。というのが
原則。アグニは1度始めたことは最後まで成し遂げようとします。
(けなげでしょ?)
なので・・・ガムや飴、ブレスミントを食べて食欲をいたずらに
刺激すると、アグニは混乱してパニックを起こします。
どうしても間食したい!方は
昼食後3時間~4時間経過した頃
お茶と少量の甘いものを取るのはOKです。

◇強い刺激物
カフェイン、塩、アルコールはほどほどに。
塩味とアルコールの組み合わせは消化不良を招く。
コーヒーはコーヒーだけ飲まないように。
何か食べ物と組み合わせる。
塩やアルコールも同じ。
刺激物の中毒になると、アグニのバランスをとるのが
難しくなります。

◇食事を抜かす
アグニは1日3回の食事を好みます。
食事抜きは好みません。
しかし、肥満やドーシャのアンバランス、消化不良など
食事を抜かした方がいい場合もあります。

この3つ習慣が思い当たる人は、普段の胃の状態を
チェックしてくださいね。

なぜ、アグニにフォーカスしたか?というと
正常にアグニが活動していなければ、食べたものは
全て「アーマ」という「未消化物」になり病気の原因になるから。

アグニは強すぎても身体に不具合を起こします。
これを疑ったほうがいい。人は食べても、食べても太らない。
と、いうひと。
「ま~うらやましい・・・」という問題ではなく
栄養を吸収できず虚弱な身体を作ってしまいます。

習慣は「無意識」の領域で起こります。
「意識を持って」アグニを観察してみて下さいね~~

では。また明日。

「食」の知恵 2

2014年10月16日

今日の仙台はとーっても寒かったです。

今年は朝晩の気温が下がるのも早かったのですが
秋の深まりも早いような気がします。

銀杏も欅も急速に色づいています。

さて。

昨日の続き。

アーユルヴェーダ的「食」の2日目。

今日のサブテーマは「消化力」
消化力?と思われた方も多いかもしれません。

その名の通り「消化する力」です。
ここでは「食べ物の消化」にフォーカスしてお伝えしていきます。

私たちは食べ物を口にしたら、食道を通り
胃で胃酸を分泌し消化をします。
意識はしていなくても、流れに沿って消化活動をしています。

この「消化」の工程で起こる不具合が消化不良。
アーユルヴェーダでは、この消化不良が
病気発生の主要な原因であると教えています。

良好な消化力は健康に欠かせない。ということです。

食物がうまく使われなければ、そこから病気が始まる。
消化が適切であれば毒すら薬になる。
消化が適切でなければ死をも招くことがある。

消化力は人間みな一緒。
なんてことはありません。
人によって個々、異なります。

・変化しやすく(消化力が強かったり、弱かったり)外的刺激を受けやすい人。
・とても、強い消化力を持っていて空腹に耐えられない人。
・消化の速度がとても遅い人
など。

この特徴は「アグニ」という「消化の火」が関係しています。
(胃の中で火が燃えているのを想像してみてください)

(インドご飯です♡)
この「アグニ」
アーユルヴェーダでは、かなり重要な役割を持っています。

健康の第一の目安はアグニが明るく燃えていること。
明るく燃えることによってのアグニの仕事は・・・
食物を効率よく消化し、必要な栄養素をあらゆる細胞に
届け、老廃物を燃やしきって毒素を残さない。
が、アグニの仕事。

アグには1日を通して同じ強さで燃えている訳ではなく
正常であれば強くなったり、弱くなったりリズムを持っています。

この強弱は「空腹感」として私たちに伝えられます。
朝は少しだけ空腹感を感じ、正午前後には強い空腹感を感じ
夕方にはほどほどの空腹感を感じます。

この「空腹感」に従えば、アグニを正常に
燃やすのに役立ちます。

要するに。
昼食に中心を置きなさい。
と、いうこと。

このリズムが崩れると、様々な症状が出て、私たちに
サインを送ってくれます。

・胸焼けや胃酸過多
・お腹の調子が不安定
・食事時に食欲がない
・便秘または下痢
・食物に無関心
・肥満、痩せすぎ
・胃腸の過敏症、潰瘍などの障害

こんな症状が出始めたら「アグニ」を正常にもどす
努力が必要。

立て直しには「ファスティング」が有効です。

夜も更けてきたので~~~

アーユルヴェーダ的ファスティングの方法は
また、明日。
おやすみなさい(^_-)-☆

「食」の知恵 1

2014年10月15日

昨日、お伝えした

アーユルヴェーダ的食事の
知恵。今日はその1日目。

アーユルヴェーダで「バランスの良い
食事」というとき、栄養素がどうした。
ミネラルがどうした。
五大栄養素が…なんてことでは
ないんですね。

それは、なぜ?

私たちは「栄養素」を知識として
知っていますが「直接的な経験」を
通して知っている訳ではなんです。

例えば…

オレンジジュースを飲んで
「わ~ビタミンCおいし~」
とか思わないし、ほうれん草たべて
「さっすが鉄分、いい味出してる!」
とは、思いませんね。
ましてやビタミンAやビタミンKの
味がわかる人なんていないです
よね?

栄養学が分析や科学に
基づいている。のに
対しアーユルヴェーダの
食に対する知恵は「自然から
直接的に生まれている」のが
特徴。
舌の味覚器官が口に
入ってきた食物と出会う時、
私たちの細胞は様々な情報を
受け取っています。

口に入った食べ物が細胞に
伝える情報は…

重、軽、乾、油、熱、冷

細胞に対し重いか?軽いか?
乾燥しているか?(以下、同じ)

そして。昨日もお伝えした「味」
甘味、酸味、塩味、苦味、辛味、
渋味。

アーユルヴェーダでいうバランスが
いい食事は「細胞に与える情報の
バランスがいい」ということ。
{AF2572AD-4269-49EE-9153-1E574400D6F8:01}

(先日、読書の場所に選んだ「秋保  木の家  のナポリタン)

では、今日は
重と軽
油と乾
熱と冷
について。

小麦は重性、大麦は軽性
牛肉は重性、鶏肉は軽性
チーズは重性、スキムミルクは軽性

牛乳は油性、蜂蜜は乾性
大豆は油性、金時豆は乾性
ココナッツ油は油性、キャベツは乾性

唐辛子は熱性、ミントは冷性
蜂蜜は熱性、砂糖は冷性
卵は熱性、牛乳は冷性

こんな感じで細胞に与える情報が
あります。
この情報は舌を通じて脳に伝わり
胃や腸をはじめ臓器に話しかけます。

ここで機能しているのは
「似た者が似た者に話しかける」
と、いう原理。

例えば「イライラ」や「怒り」は
熱を発生させるので「唐辛子」
「蜂蜜」「卵」はNG

身体がだるい(重たい)時は
「小麦」「牛肉」「ゴマ油」
はNG

身体を温めたい時に冷性の
食品はNG
と、いうことになります。

えーっ、じゃあ食品の
特性を暗記しろ。ってこと?
と思われた方。

いいえ。万とある食品の特性を
覚える。なんて「ムリ」です。

実は、私たちの身体はこの
情報を組み込んで生まれてきて
います。

私たち自身がバランスのとれた
状態にあれば、寒い時には
温かい食べ物を欲し、身体が
重たい時には軽性の食べ物を
欲するようにできているんです。

要するに…
欲するものを感知できる。
のがバランスのとれた状態です。

しかし、現代人は飽食に
慣れて欲望でバランスを失って
しまいがち。

では「欲望」ではなく「感知」
で食べ物を選べるようにするには。

欲しいものばかり食べないで
6つの味どれも取るようにする。
こと。

そうしたら徐々にバランスが回復
してきて、失った本能を取り戻す
ことができます。

「味」は舌から脳に伝わり
細胞をコントロールしています。

「記憶」とも関係していますから
幼少期の食の影響は計り知れません。

明日も食に関して
目からウロコの情報を
お伝えしますね。

今日はここまで。

では。また明日。