消化不良にならない為の食事の仕方

2019年10月17日

↑秋保で食べた天然マイタケの天ぷら付きお蕎麦。旬の味覚は身体も喜ぶ♡

サットヴァの実

ルナスーリヤ仙台店

ルナスーリヤ仙台店キャリさぽ求人情報

ルナスーリヤ表参道店キャリサポ求人情報

一般財団法人 内面美容医学財団

リリースカッター

ボディセラプロ

「ママに知ってほしい!食と腸内環境のあれこれ」

先ほどまでSMART STORAGE!主催の

と、いうZOOM講座でお話しさせて頂きました。

20時~という遅い時間にも関わらず50名の方にご参加いただき

うれしい限りです。

今回で4回目の講座開催でしたが、皆さんたくさんの質問を

してくれて、真剣に受講頂いているのがヒシヒシと伝わってきましたよ。

ご参加頂いた皆様♡

ありがとうございました!

時間が足りなくて、質問への回答が不十分ですみません。

lineやメッセンジャーからご質問頂ければ、回答させて頂きます。

この機会を作ってくれているライフオーガナイザーの鈴木尚子さん

には、感謝しかありません。

今日はこの講座でお伝えした

「消化不良にならない為の食事の仕方」を、ブログにご訪問くださった方にも

共有することに。

この知恵は、インドの伝承医学アーユルヴェーダからご紹介。

腸内環境を整えるために、一番大切なことは。

消化不良を起こさないこと。

これにつきます。食べたものがきちんと消化、分解されていれば

ほぼ腸内環境は整います。きちんと消化さえされていれば。

栄養吸収を妨げるものはないですからね。

では。ご紹介。

◎落ち着いた環境で食べる(騒がしい中で食べない)

◎むしゃくしゃしているとき、怒りがある時は食べない。

◎座って食べる

◎お腹が空いたと感じてから食べる

◎冷たい飲み物や食べ物は極力減らす

◎食べている時は食事に集中する

◎早すぎず、遅すぎず、適切な速度(30分くらい)で食べる

◎きちんと消化するまで、次の食事は食べない

◎食事と一緒に白湯をすする

◎どんな食事でも6つの味(苦・渋・塩・辛・甘・酸)を味わえるようにする

◎消化を助けるために、胃の1/3~1/4は空けておく

◎乗り物の中で食べない

こんな感じ。

消化って本当に大事。

食べ物の消化は、心の消化にも影響しています。

今の時代、先進国は人類始まって以来の飽食だそう。

「食べるもの」に意識が向いても。

「食べること」にはあまり意識が向いていない人も多いのかも知れません。

食べる事とは、食べ物を受け入れる身体や状況にも意識を向けてみるということ。

ぜひ。

食べるもの、だけでなく。

食べる事にも意識を向けてみてくださいね。

必ず、新しい発見があるはずです。

今日は、行間隔がめっちゃ見にくい・・・が、どう修正したら

いいか分からない・・・

読みづらくてごめんなさい!

では。また。