心と身体は同一のもの

サットヴァの実

ルナスーリヤ仙台店

ルナスーリヤ仙台店キャリさぽ求人情報

ルナスーリヤ表参道店キャリサポ求人情報

一般財団法人 内面美容医学財団

リリースカッター

ボディセラプロ

今日の仙台。

さすがに10月も半ばになると少し肌寒く感じますが

とても爽やかな晴天で、少しちょろちょろしたくなり

近場の秋保大滝にエネルギーをもらいに。

この場所は、私が疲れた時に近場でエネルギーを頂けるところでして。

自然のエネルギーに溢れています。

滝の前にあるカフェ・・・ではないですが、昔風に言うと「休み処」?
雰囲気があって、コーヒーがとてもおいしい。
入った瞬間「あったかーい♡」と、思ったら・・・
既にストーブに火が入っていました。

意外なところで温かいとなんだか感動・・・
被災地にもこの温かさは届いているだろうか?
令和元年台風19号被害 緊急支援募金

って。
なんだか日記のようなフリですが。

ちゃんと書きますよ 笑

心も身体もリフレッシュされたのでこんな記事を。

人間には「魂」「心」「身体」がある。
と、いうことは誰でもなんとなーくわかっていることだと思います。

でも。

「心」と「身体」が同一のもの。
と、いうことはあまり認識されてないかも知れません。

30年。
人のお身体に触らせて頂いていると。
これは、紛れもない事実だということがわかります。

口よりも身体のほうが、ずっと、ずっと正直に
今の状況や心の中を語ってくれる。

口から発せられる言葉は、必ず意識や意図や記憶が働くもの。
身体は、心そのものなので意識や記憶や意図には全くと言っていいほど
左右されないで表現しています。

だから。
身体に不具合が出ているとしたら。
それは心にも必ず、不具合があるということ。

身体に不具合を起こす(自分では不具合が起きていると
気が付いていない場合も多々。なぜ?気づけないのかは
またにしますね)感情は。

恐怖・不安・悲しみ・怒り

アーユルヴェーダ発祥の地インドには
こんな諺があります。

「昨日の想念がどのようなものであったか知りたければ、
  今日の身体を見ればわかる。
 明日の身体がどのようなものかを知りたければ、
  今日の想念を見ればわかる」


身体は心を正確に可視化している。

だから。
他人という人間をツールとして自分の心の声を聴くことは
病気の予防につながると、考えています。

数年前にボディインタープリテーションという商標登録を
取得しました。

ボディ(身体)
インタープリテーション(通訳)
身体の通訳
と、いう意味。

エステティシャンや整体師や鍼灸師など、人の身体に触れる人たちが
心と身体の繋がりを理解することができれば
本当の意味での予防医学が現実にできるのではないかと。

そろそろ、本格的に動き出す準備に入らねば。
と、考えています。

このブログでも。
心と身体の繋がりや。
なぜ?
自分の心に気づくことができないのか?
どうしたら、不具合から抜け出すことができるのか?
こんなことも、お伝えしていきたいと思っています。

今日の夜は、日本全国グッと気温が下がるようです。

寝具を温かくして、おやすみください。

※途中から文字が小さくて読みづらくすみません。
最後まで直せなかった・・・
明日は読みやすくできるように研究します!