消化力

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末年始の食事の一部 笑

 

今日でお正月気分も一区切り。

明日から、日常の生活に戻る方も多いのでは?

 

私も明日が仕事始め。

お店は5日からですが明日は打ち合わせのため

6時30分の新幹線で東京に行ってきます。

 

東京・・・明日、雪?ってほんとかな?

仙台は今日午前中いっぱい雪でしたけどね。

 

まあ。

寒い方が身も引き締まって、仕事初めには

いいかもですね。

 

さて。

 

年末年始。

 

食べ過ぎた~とか。

体重計2度見した 笑 とか。

胃腸の調子があまりよくねいなー

 

なーんていうみなさま。

に、お届けしたい今日の内容です。

 

人には。

消化力というものがあり。

この「消化力」には個人差があります。

 

分かりやすくいうと。

 

いっぱい食べられる人とそうでない人。

消化が早い人と遅い人。

食欲にムラが大きい人など。

 

同じものを食べていても「消化」が違えば

その後の体調や体型も違うということです。

 

アーユルヴェーダでは。

 

「きちんと消化できていれば毒すら薬になり、

 消化が悪ければ不老不死の薬も死を招いてしまう」

 

と、教えています。

 

人によって消化力が違うと書きましたが。

 

こればアーユルヴェーダの体質別タイプによって

違うのです。

 

・ヴァ―タ(風)体質の消化力は

 消化にムラがあり、良かったり

    悪かったりで繊細

・ピッタ(火)体質の消化力は

 とても強い消化力で、激しい傾向がある。

・カパ(水)体質の消化力は遅い。

    時間がかかる。と、いうことです。

これは、家族内でも体質によって違います。

ですから、2〜3日

同じものを食べたり、飲んだりしていても。

胃腸の調子に違いが出るのは

体質が異なるからです。

アーユルヴェーダでは

胃の中でアグニという「火」が

燃えていて、このアグニ次第で

消化の良し悪しが左右されます。

体質によってアグニの燃え方に

差はありますが、どの体質でも

アグニが弱まると、以下の症状が

みられます。

・胃から酸っぱいものが込み上げる

・胃もたれを感じる

・胸焼けがする

・食べても美味しく感じない

・食べることが億劫

・お腹にガスが溜まり苦しい

空腹感がない


どれも、身体に意識が向いて

いなければ感じる事は難しいので、

身体に意識を向けて欲しいのですが、

初期段階の症状で

一番気が付きづらいのが。

一番下の空腹感がない。

です。

人間は本能よりも。

「欲」が強い生き物  笑

身体が空腹を感じていなくても

意識が。

あっ!朝が来たから朝ご飯♡

あっ!美味しそうな◯◯♡

お正月だし♡

新年だし♡

もったいし…

と。

身体が。

お腹空いてませんがな…

と、いう声を発していても。

意識が身体に向いていなければ。

欲という感情が優先されるので。

身体の声は、

かき消されてしまいます。

ですから、身体に意識を向ける。

と、いう意識が必要なのです。

(ややこしいね  笑)

お正月三ヶ日は

お餅や甲殻類、生ものなど

消化に負担が大きい物を食べる

機会が多い期間。

三ヶ日明けからは。

欲よりも身体の声を優先させて

みてください。

日本には七草粥という習慣があります。

これもアーユルヴェーダ的には

素晴らしい習慣。

七草は全て

「苦味」がある野菜

苦みには。

消化力を整えてくれる効果があります。

7日まで待たなくてもいいので  笑

ぜひ。

消化力。

意識してみてください。

今日から仕事初めの方も

そーでない方も。

自分の身体と対話して

みてくださいね。

では!また。