2017年の終わりに。

2017年12月31日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑ こちらはアーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」の

   2018年お年賀。宮城県秋保産の生はちみつ

 

2017年が、あと数時間で終わります。

365日後には必ず来る1日ですが。

 

毎年、特別な気持ちになりますね。

 

過ぎ去る年に思いをはせ。

くる年に期待と希望を持つ。

 

人間にはどうやら「区切り」というものが

必要なようで。

 

ここまで。

ここから。

 

だからこそ。

気持ちも新たに進めるのかも知れません。

 

ゴールがない徒競走やマラソンってきついだろうし

(↑当たり前だよね 笑)

 

スタートの決め事がなければ。

ずーっと堕落しそうだし(←私だけ?)

 

やっぱり。

区切りって大事。

 

2017年。

あなたにとってどんな年でしたか?

 

私は。

珍しく・・・っていうか。

お年頃 笑 のせいもあるんだろうけど。

 

体調があんまり芳しくない日が多くて。

気持ちが上がんないことが多いという。

 

あんまり経験したことないことを

経験した年でしたね。

 

いわゆる。

更年期ってやつ?って思うこと。

結構ありました。

 

女性と向き合う仕事を30年以上していますので。

更年期に関しては20代から、疑似体験 笑

できるくらい色んな話を聞いていたわけで。

 

20代、30代の頃にはには???

の話も。

 

今年1年は。

分かるわ~その感じ。とか。

 

20代、30代で聞いていた話は

こんな状態だったんだろうな~って。

 

ある意味。

未体験ゾーンがなくなって。

 

知識に「経験」という深みがでたかしら?

なんて。

思っております。

 

この経験は。

40代以上のクライアントに大いにお知らせ

していけそうです。

 

この経験で。

私が一つ成長したことは。

 

受け入れること。

 

って。

抵抗してもムダ 笑 なことを

早いうちから察知しておりまして。

 

しゃーない。

しゃーない。

 

が、できるようになったかな~と。

 

総括的に言えば。

今年は、決めたこともできておらず。

動きも鈍く・・・

いい加減にせ~や

なんですが。

 

動けない。時に感じた。

焦りや、怒りや、焦燥感。

 

以前のように。

これらを見ないふりして。

 

がんばれ~!

がんばれ~!

 

と、おしりを叩いてばかりではなく。

 

ちゃんと。感情を感じ、認め。

 

策を講じる段取り

なんかを考えられる自分も誕生した気がします。

 

12月にチャンドが逝った時も。

以前なら考えられなかったのですが

SNSで多くの人に感情を吐露できたことで

随分と助けられました。

 

ここ最近。

休みに入ってからは、

ふと、もういないチャンドを探して涙腺

緩むときもありますが。

 

そんな訳で。

 

自分の身体や感情と。

否が応でも。

 

向き合うことになった1年だったと思います。

 

先ほど高島易の小冊子をペラペラとめくっていたら。

 

来年の五黄土星は。

運命と心の雑巾がけ必要なようで。

 

感謝と共に。

しっかり雑巾がけをしていきたいと思っています。

 

2017年。

たくさんの方に。

たくさんお世話になり。

たくさん救われました。

 

新しく出会った方。

以前から知り合いの方。

 

本当に今年1年。

お世話になり、ありがとうございました!

 

色んな場所で。

色んな環境で。

 

素敵な2018年をお迎えください!

 

また、来年もよろしくお願い致します♡

 

&nb
sp;

 

 

 

 

 

知識がなければ意識はできない

2017年12月26日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年最後に活けてもらったルナスーリヤのお花↑

 

こんにちは。

 

今日も極寒の仙台からお送りします。 笑

 

チャンドが逝ってから、約2週間。

ルナ(チワワ♀13歳)とアユス(チワワ♀今日で満8歳♡)が

やっと普通な感じになってきて。

 

安心しています。

 

チャンドが逝ってから1週間は。

とにかく。

 

寝る。寝る。寝る。ねるーーーーーーーーって

感じで。

 

起こしても寝てるという今までには見られなかった

状態になったので。

 

実は少し心配でした。

 

が。

 

今週に入って。

 

元気に遊ぶようになってきて。

 

良かったです。

 

少しずつ。チャンドのいない日常が。

普通になっていきます。

 

いまでも。写真見たり。

こうやって「チャンド」って書くだけでも、まだ。

涙腺が刺激されますがね。

 

それもまた。

時が解決してくれると思います。

 

さて。

 

しばらく。ブログ書いてませんでしたが。

毎度のことなので、言い訳はなし 笑

 

それでも。

2017年がもうすぐ過ぎ去っていく前に。

 

お知らせしたいことがいくつもありまして。

 

自分の都合のいい時だけ書いております(苦笑)

 

今年は。

少しずつではありますが。

 

腸内環境やアーユルヴェーダなどの

セミナーを月1回ペースでさせて頂きました。

 

お越し頂いたみなさま。

ありがとうございました。

 

セミナーの回数を重ねていく中で。

強く感じたことは。

 

タイトルにも書きましたが。

 

「知識がなければ意識ができない」

 

と、いうこと。

 

サロンでカウンセリングしている時にも

感じてはいましたが。

 

セミナーをさせて頂くことで、その思いは

確信に変わったような気がします。

 

と、いうことで来年開催するセミナーや講座が

続々と決まっています。

 

1つずつは詳しくアップしていきますが。

 

今日はざっとご紹介。

 

1月からは弊社オリジナルプログラム

「クウォンタムプログラム」マインド編が始まります。

 

マインド編ってくらいですから

他にもコンテンツがあります。

 

ボディ編とビューティ編

 

健康と心理と美を。

 

同時に学んで頂くことで。

 

女性がどんどん輝ける。

ステージを提供していきたいと思っています。

これに関しては。

 

また、明日詳しくご紹介しますね。

 

あっ。

講師はご紹介しておきます。

 

古澤里枝 59歳

 

この美貌で。

お孫さんがいる「おばあちゃん」 笑 です。

 

そして。

 

来年2月7日水曜日には。

 

Drが伝授する

妊活、出産、育児のための心と身体のつくり方。

というタイトルのセミナーを開催します。

 

講演して頂くのは。

 

松山Dr ↑

 

現代医学や東洋医学、数々の理論を組み合わせながら。

目の前の患者(クライアント)に何が最適かを。

導きだし。ご提案頂けるDrです。

 

松山先生の講演は、なんて言っても。

面白い!

 

仙台で松山先生の講演をさせて頂けるのは、

本当にありがたい。

 

ご興味のある方は。

ぜひ。ご参加下さい。

 

10月には。

保育士歴 37年のベテラン保育士が伝授する

講座も開催。

 

クウォンタムプログラムでは。

 

アーユルヴェーダや身体と心の繋がりを。

 

私、小倉が。

お伝えしていきます。

 

4月か5月には。

 

素敵な夫婦関係を築くために必要なこと。

と、いうセミナーを。

こんなに素敵な大島ご夫妻に。

 

語って頂きます。

 

ヨガやハーバリュウームの講座も

来年は随時開催。

 

ヨーガは萱場洋子先生↓

ハーバリュウームは畠山裕子先生↓

 

2018年は。

 

セミナールームが大活躍の予感です♡

 

随時、告知していきますので。

 

宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

別れ

2017年12月14日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

※下段に衝撃的な写真が掲載されています。

ご覧になりたくない場合は読み進めることをご遠慮ください。

 

チャンド(チワワ享年10歳3か月)

との別れから。

2日目。久しぶりのブログ更新が愉快な内容じゃなくて

ごめんなさい。

 

今日のブログは、自分の感情整理のために

書いていますので。

不愉快に感じられる方もいるかもです。

 

読み進めるかどうかはご自分自身で判断して

下さいね。

 

チャンドとの別れは。

急に訪れたわけではなく。

 

ちょっとずつ。

 

近づいてきました。

 

去年の春頃。

腎臓が壊れてしまい。

 

今年1月からは通院が続いていました。

チャンドの場合。

決定的に腎臓が壊れることはなく

徐々に機能しなくなっていった感じです。

カルシウムの流失が激しくて。

 

9月くらいからは自力で食事を摂ることが

難しくなっていましたので。

 

母が口に入れてあげることで食事を摂っていました。

 

それでも。

お散歩が大好きで。

外に行けば一生懸命歩いて散歩を楽しんで。

元気なう〇ちもして

いたんですけどね。

 

12月に入ってから。

急激に体力が落ちていき。

外で歩くことや、食べることが急激に衰えていきました。

 

12月8日から自力で歩くことが困難になり。

トイレも水を飲むことも。

自分の力だけでは難しくなっていまして。

食事はミキサーにかけたものをシリンジで

少しずつ、少しずつ。

母が飲ませてくれていました。

 

何が原因かは定かになりませんでしたが

右の肺が機能しなくなり。

呼吸もかなり苦しそうでした。

小さな身体、全体で呼吸をしている姿に

何度も胸は締め付けられ。

 

少しでも楽になる方法はないかと。

夜間の救急病院にも8日から2回お世話になりました。

 

昼間も、もちろん病院には行っていたのですが

薬が効いてくれる時間に限界があり。

夜には苦しさが戻ってきてしまうのでね。

 

そのたびに。

一生懸命、精いっぱいのできる手段を

講じて。

チャンドの苦しみを和らげてくれた

夜間救急病院の先生はじめスタッフのみなさんには

本当に助けられました。

 

私の希望はあくまでも。

入院はさせない(病院も勧めませんでしたが)

苦しさを和らげて欲しい。と、強固だったので

さらに対応が大変だったと思います。

 

 

10日。自宅にいた夫から。

こんなメッセージがきました。

 

他のワン達がチャンドにちょっかい出さないように。

いつものお気に入りの場所にいられなかったから。

 

お気に入りの場所に行きたいという

最後の意思表示だったのでしょう。

 

10日からはずーっとこの場所で。

過ごしていました。

 

12日の朝。

お水を飲ませようとしたとき。

すでに。

首をささえる力さえなく。

 

それでも。

必死に舌をのばして。

水をすくおうと。飲み込もうとしている

チャンドをささえたのが。

 

体温のあるチャンドとの。

最後のコミュニケ
ーションでした。

 

12時9分

留守番電話に。

 

チャンドが逝っちゃいました。

 

と、号泣する母からの留守電でチャンドの

戦いが終わったことを知りました。

 

台所にいた母が

ここ数日なかったチャンドの「声」が

聞こえたので。

 

おしっこしたいんだと思い。

トイレに連れていき。

 

案の定。

たくさんおしっこをトイレに出し切ったときに。

全身の力がなくなり。

 

そのまま。

母の問いかけに答えることなく。

 

旅立ったとのことでした。

 

寂しがり屋のチャンドらしい。

最期だったようです。

 

 

時間がとれたので。

温かいうちに撫でたくて。

1度家に戻り。

 

そこには。

もう。

苦しくも、痛くもなく。

笑っているような顔をしているチャンドが

横たわっていました。

 

まだ。

温かかったし。柔らかでした。

 

大好きなものを。

たくさん独り占めして。

囲まれて。

 

戦い抜いたその顔は。

あんなに苦しかったはずなのに。

 

穏やかでした。

 

獣医さんからも。

驚くぐらい我慢強い。と、言われてたチャンド。

 

最期もがんばっちゃったのかもですね。

 

次の日。

 

天に上るときは。

真っ白な銀世界のいい天気でした。

 

これも。

 

純真無垢なチャンドらしい風景。

 

今は、リビングでみんなと一緒です。

 

 

早すぎるチャンドの死は。

しばらく。

私に涙を流し続けさせるでしょう。

 

そして。

 

少しずつ。

少しずつ。

 

受け入れていくのだと思います。

 

10年前に他界した「ペン」の名前を

チャンドと間違えて何度も言ってしまった私。

 

チャンドの死が。

受け入れられないのでしょうね。

 

驚きです。

 

人も動物も。

 

自分があちらに逝く時期は。

自分で決めている。と、いう説を私は信じています。

 

寂しがり屋のチャンドは絶対に忘れられない時を

選んだんだと思うと。

ちょっと。クスっと笑えました。

 

夫の誕生日が12月8日

私の誕生日が12月18日。

 

その中間がチャンドが旅立った日

しかも。12月12日。

絶対。忘れない 笑

 

こんな小細工しなくても忘れないんですが。

信用されてなかったのかも?ですね。

 

約1年間。

チャンドに時間をささげ。費やした母には

本当に感謝しかありません。

 

まあ。

ルナとアユスがいるので気落ちしている

暇もなさそうですが。

 

これから。

家族全員が。

 

チャンドがいない日常を。

 

少しずつ体験し。

新たな経験をしていくのだと思います。

 

チャンドが調子悪くなってから。

生活リズムや習慣がが変わったので。

 

ルナとアユスもお疲れ気味 笑

 

少しずつ。

 

日常を受け入れていこうと思います。

 

バイバイ。チャンド・・・

 

またね。