蜂蜜

2017年11月22日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お店が定休日の今日。

 

また・・・笑

秋保へ行ってきました。

 

今日は、まったりが目的ではなく。

ハチミツの購入が目的。

 

ここ数年、我が家の蜂蜜は

秋保ヴィレッジで購入しています。

 

種類は固定していませんが、秋保で採れた蜂蜜を

加熱せずに、瓶詰めしている、いわゆる「生蜂蜜」が手に入ります。

 

しかも。

とってもリーズナブル♡

 

いつもはアカシアや藤が、癖もなく好みなんですが

(私じゃなくて、チャンドの好みね 笑)

今日は初めて出会う蜂蜜があり、

テンション上がりました。

 

シナ(菩提樹)の蜂蜜

 

帰ってすぐに味見して。

びっくり!

 

めっちゃ♡いい香り。

 

多分・・・チャンドには香りがきつすぎるかな?

と、思いますが。

 

私には、至福の香りでした。

 

我が家で蜂蜜は切らず事のできない食材。

 

愛息子(チワワ♂10歳)が薬を

飲むのに毎日使っています。

 

蜂蜜でねりねりしたお薬を舌に塗り付けて。

これには意味がありまして。

蜂蜜は腎臓きれいにする効果があると

アーユルヴェーダでは教えてくれています。

 

昨日の話の続きみたいになりますが。

チャンドの腎臓の数値はかなり良くないのですが

獣医さんによると。

この数値なら、いつ尿毒症を起こしても不思議は

ないんですけど、チャンドちゃんの腎臓はよく頑張って

くれていますよ。と。

 

他にもケイ素を与えたりしていますので

はっきり、ハチミツ効果とは言えませんが。

 

かなり。

チャンドの腎臓には貢献してくれていると思います。

 

人間にも。

もちろん、嬉しい効果がたくさん。

 

私はシナモンと、ハチミツを混ぜて。

ハード系のパンに塗ったり。

そのまま食べたりしています。

 

人肌くらいに(←ここ重要。後半に書きますね)

温めた豆乳にシナモンとハチミツを入れて

飲むのも気に入っています。

 

実はシナモンとハチミツの組み合わせは最強

 

抗炎症効果、喘息、コレステロール、鼻炎、のどの痛み

胃腸の働きを改善、免疫強化、美肌などなど。

 

ある種の病気にも効果があると言われていますが

実証がないので、病気に関しては控えますね。

 

シナモンは普通の粉末シナモンでOK

アーユルヴェーダ的には、消化を促し、殺菌作用、発汗作用

毒素を解毒し循環を良くすると言われています。

また、外用的には痛みにも効くとも。

 

そして。

蜂蜜はアーユルヴェーダ的に。

 

ハーブの作用を体中にまんべんなく届けることができ。

血液浄化作用、眼や歯、風邪、咳、副鼻腔炎に効果があり

傷に塗ると治癒を促すとあります。

 

で。

 

もう一つ嬉しい効果は。

 

適量を摂ることで。

脂肪を減らして、肥満を防げるとも♡

 

実は。

アーユルヴェーダで蜂蜜は肥満の治療に薬としても

使われています。

 

但し。

 

蜂蜜を使うにはいくつか気を付けて

欲しいことがあります。

 

・生蜂蜜でないと効果はない

 蜂蜜を購入するときは裏のラベルチェックをお忘れなく。

 蜂蜜の顔して 笑 蜂蜜じゃないものも多く出回っています。

 水あめが混ざっていたり。意味不明ですが防腐剤が

 混ざっている物も。(蜂蜜は基本腐りません)

 

・加熱処理されていないものを選ぶ

 実はこの加熱。重要なポイントです。

 蜂蜜はご存知のように粘性があるため

 瓶詰する時に、時間と手間と人件費を節約するために

 加熱処理している物もあります。

 熱を加えるとサラサラになりますのでね。

 アーユルヴェーダでは。

 蜂蜜に熱を加えるとアーマ(未消化物)に変わり

 毒になって消化管をふさぐと言われています。

 

 もう少し。現代的に 笑 お伝えすると。

 生の蜂蜜には酵素がふんだんに含まれていますが

 酵素は53℃以上で死滅するものが多いので、効果が

 失われてしまします。

 また、お料理に使うとよ「く照り」が出る。

 と、言われるのは蜂蜜を熱すると。

 WAX効果が発揮され、消化を妨げてしまう。

 この2点から。

 アーユルヴェーダでは、蜂蜜を熱すると「毒になる」と

 いう表現している物だと、考えられます。

 なので。温かい飲み物に入れる時は人肌にしてくださいね。

 

・生後1歳以下の乳児に与えない。

 これは腸との兼ね合いです。

 私たち人間は腸が未熟な状態で生まれてきます。

 約10か月~1年くらいかけて、大腸細菌が定着して

 蜂蜜に含まれているボツリヌス菌の影響を受けなくなります。

 なので。

 生蜂蜜は1歳のお誕生日を過ぎてから。

 食べさせてあげてください。

 

簡単に手に入る食材ですが。

嬉しい効果満載です。

 

お試しください♡

 

買い物を済ませてお昼時だったので。

 

昼食も秋保で。

 

 仙台いも煮ランチ。

 

芋煮は仙台に来て初めて知った料理でもあります。

 

仙台芋煮と山形芋煮がありまして。

 

仙台→味噌で豚肉

山形→醤油で牛肉

だそうです。

 

歴史的背景があるようなので。

興味のある方は。

 

自分で調べてね 笑

 

寒い日に芋煮。

最高のごちそうでした!

 

では。

 

今日はこのへんで。

 

 

生命

2017年11月21日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日から。

極寒の仙台。

と、言っても。天気予報を見る限り。

全国的に寒いんでしょうね。

 

昨日はお店の暖房MAXにしてたら。

 

顔も身体もカッピカピ 笑

 

すごい乾燥で。

 

冷蔵庫の中の干からびた大根になった

気分でした 笑

 

昨日から、顔と言わず体中、化粧品を塗りまくってます 笑

 

写真は。

我が家のチワワ達。

 

ここ2~3日は寒さにガクブルして

タオルにくるまったり。

 

ヒータの前から何度、強制撤去されても。

いつの間にかヒーターに張り付いています 笑

 

3匹並んでる上から。

 

ルナ♀   13歳

チャンド♂ 10歳

アユス♀ 6歳

 

みんな元気。

と、言いたいところですが。

 

ルナは年齢の割に元気。

一昨年。肝臓の数値が原因が良くわからないまま

上がって。

病院のお世話になり。

今でも正常ではありませんが。

日常生活には全く支障がありません。

 

それどこか。

いつも。私を先にベッドに連れて行かないで!

と、怒りまくってます。毎晩 笑

 

アユスはチワワの規格外の体重ですが。

(チワワは規格では3kgまでなんですと。)

元気におもちゃ振り回し。

他のワンから迷惑がられています。

ほんと。あそんで~に。

注ぐエネルギーは半端ではありません 笑

 

そして。

 

チャンド。

 

今、頑張ってこの世に居続けるべく頑張っています。

1年以上前に腎臓が壊れました。

腎臓の細胞は。

1度壊れると再生できなくなってしまうため。

機能そのものが低下していきます。

 

腎臓はろ過機能を担っているので。

身体に不要なものを、選び選択して

排泄させる重大な役割を担っています。

 

これは、人間もワン達も何ら変わりはありません。

 

ろ過ができなければ、不要なものを体外に

排泄することができないために。

尿毒症を引き起こし、死に至ってしまうのです。

 

チャンドも。

この1年。

何度もリン(P)が排泄できないために

低カルシウムで危険な状態を乗り越えてきました。

 

今は。

リン(P)の吸着剤を服用し、週に2回カルシウム入りの

点滴をし、カルシウムを毎日、経口摂取して。

 

頑張っています。

 

カルシウムの流失が長いのでね。

下顎が、機能しなくなり。今は肉や野菜、穀類を

ミキサーでペースト状にし、口の中に入れてやらなければ

食事を摂ることができません。

 

母が。

毎日2回。食事を手造りし。

根気よく食事を摂らせてくれています。

 

お散歩も自分では、ほとんど歩けないのだけど。

もともと、お外が大好きで散歩に行きたがる

ので、抱っこでのお散歩を楽しんでいます。

 

それでも。

 

日に日に。

小さくなっていくチャンドの姿に。

心はチクチク痛みます。

 

元来。

 

人間は見たくないものから

目を背け。

逃げたいという欲求を持っていますので。

(特に恐怖からは本能的に逃げる性質を持っています)

 

「死」という現実からは。

目を背けたくなるのでしょうね。

 

先日書いたブログ↓

心と身体と臓器

 

で、書いた臓器と感情の繋がりは。

東洋医学では。

結構、一般的でして。

 

これがあまりにも。正確に。

 

ルナがなぜ。肝臓を故障したのか?

チャンドの腎臓がなぜ?壊れてしまったのか?

 

を、教えてくれていて。

 

意識と感情が。

身体をつくっていることを再認識

させられました。

 

 

今は。

こわがりで臆病なチャンドも。

みんなに守ってもらって。

 

満足げ。

な、ことだけが救いです。

 

多くの病気の治療と予防に。

 

意識からのアプローチが。

当たり前になる日がきたら。

 

不治の病は無くなるかも。

 

知れません。

 

いつも。

ワン達は。

 

私の先生のようです 笑

 

では。

 

また。

 

孤食の是非

2017年11月19日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週のお花 ↑

 

先日。

1人でランチをしていた時のこと。

 

街の中のお蕎麦屋さん。

 

私の横の席、目の前の席、斜め前の席。

すべて。

ご夫婦と思わしきご年配の男女が座っておられて。

 

食事をされていました。

 

どのご夫婦も。

おしゃべりを楽しんでいるというよりは。

 

無言で食事を楽しんでいるようでした。

 

どのご夫婦も。

言葉はないんだけど。

 

お互いの癖や仕草。

思っていることが丸わかり 笑

 

さりげなくお箸を手渡したり。

絶妙のタイミングで七味を差し出したり。

 

言葉がなくてもすべて通じ合ってる。

分かりあっている空気感が。

 

とても、心地よく。

心の隅が温かくなりました。

 

どのご夫婦も。

60代以上だとお見受けしました。

 

長年。

 

色んな事を共有し。

あらゆることを乗り越え。

 

何よりも。

日々を共に生きてきたからこそ。

 

醸し出せる。

 

「無言が心地いい関係」

 

を、味わいながら食べるお蕎麦は。

いつもより。

柔らかな味がした気がします。

 

さて。

今日のお題。

「孤食の是非」

 

孤食。

 

最近、高齢者や子供たちが

一人で食事をする状況が増えており

何かと問題視されています。

 

独りで食べると栄養が偏るとか。

マナーが悪くなるとか。

無気力になる。

とか。

 

色んな角度から、良くないとされる

「孤食」

 

実は。

アーユルヴェーダでは。

 

こう説いています。

 

食事は一人で食べるか、もしくは本当に、心を許せる人と共に

感謝の気持ちと共に食べること。

 

アーユルヴェーダ的には。

 

心許せる人以外との食事なら

独りのほうが、消化不良にならない。

 

と、いうわけです。

 

特に。

 

怒りや緊張、悲しい気持ちで食事をすることは

消化不良を招くと。

 

これ。

あたっていると、長年の施術経験から思います。

 

例えば。

 

接待での食事が多い人。

家族関係に問題を抱えている人。

慣例の飲み会に参加する機会が多い人。

ビジネスランチが多い人や。

いつも人といないと孤独を感じてついつい

誰でもいいからと、食事を共にする人を探している人。

 

つまり。

 

食事を楽しむ。

以外のシチュエーションで食事を摂る機会の

多い人は。

 

下腹部にガスが溜まっている人が多い。

のです。

 

これはアーユルヴェーダだとかなり的確に

説明ができまして。

 

ヴァ―タ(風・空)のエネルギーが

過剰な状態(緊張や不安、落ち着きがない…など)

で、食事を摂ったために消化がうまくいかず。

 

消化不良が起こり、腸内環境が悪化。

下腹部にガスが溜まる。

 

と、いうわけです。

 

こう考えると。

子供は別として。

(すべての選択権を自分でつくれる状態にないので)

 

孤食って。

本当に問題なのか?

と、いうことです。

 

色んな人に気を使ったり。

自分が良く思ってない相手と食事をするくらいなら。

 

一人でも。

気を遣うことなく、美味しく、有難く。

食事を頂いた方が。

 

身体には優しいのかも知れません。

 

旬のものを、自分のために丁寧に作って

頂く。

 

もしかしたら。

 

一人で摂る食事もまた。

 

いいものなのかも知れません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の仙台。

 

小雪舞い散る空模様で。

 

極寒でした。

 

これから向かう季節に備えて。

冬支度を本格化しなければ。

 

ですね。

 

では。

 

また!

 

心と身体と臓器

2017年11月16日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水素吸入サロン「Utatane」から見る四季折々。

 

同じ場所なのにまるで違う景色を見ているかのよう。

 

それぞれに、趣があり。

雪景色も本当にきれいです。

 

四季があるって、素晴らしいと。

改めて感じさせてくれる場所です。

 

さて。

今日は心と身体と臓器の関係を少し。

 

東洋医学では七情という言葉がありまして。

読んで字のごとく。

 

七情=七つの感情という意味です。

 

私たちは。

どんな状況においても、だいたい感情をもって生きています。

 

七情はとは。

 

喜び・怒り・哀しみ・悲嘆・思い沈む・恐れ・恐怖

 

です。

 

この感情は身体に良くない影響を与え。

内臓にもこの感情がある。と、東洋医学では考えています。

 

喜び=心臓

怒り=肝臓

哀しみ・悲嘆=肺

恐れ・恐怖=腎臓

思い沈む=脾臓

 

感情と身体が連動しているということは、少なからずとも

誰でも、おぼろげながら気が付いていることだと思います。

 

学校に行きたくないと思ったら熱が出た。

会社行こうとしたらトイレに行きたくなる。

 

いやだな~

と、感じていることを積み重ねていると。

 

身体が反応したりするものです。

 

ここまでは。

 

それ。

あるある!と、いう人が多いのですが。

 

病気です。

と、いうお墨付きをもらい。

病名が付いたとたんに。

 

感情を見るのではなくて病気になった身体だけを

見てしまう。

 

その病気。

心が作っているので。

 

心をまずはケアしましょう。

と、言われたところで。

 

病気になっているのは身体でしょ?

 

その病気。

心が変わればいい方向に向かいますよ。

 

と、言われても。

 

そんなことあるわけない。

と、心と体を別物にしてしまうのです。

 

私自身。

 

怒りをずーっと見ないようにするのが

癖になっていて。

 

あることをきっかけに。

 

自分の怒りを感じられたときに。

全身くまなく 笑

 

蕁麻疹が出た。と、いう経験を持っています。

 

しかも。

 

まわりが、かなり引くくらい 笑

 

人生初めての経験でしたし。

自分もびっくり。

 

あれ以来。

蕁麻疹は1度も出ていませんけどね。

 

私たちは、生きている限り。

何らかの感情を持っています。

 

その感情は、まぎれもなくエネルギーです。

 

このエネルギーのバランスが保てていれば

健康に問題はないし。

うまいこと使えていくのですが

バランスを崩し、常に同じエネルギーの波を発生させていると

その、エネルギーの影響を受けやすい臓器に健康被害が

及んでしまう。

 

無意識の自分が、理想の自分を作り出し。

自分がその理想の自分に成れていない。と、いう

自己否定からはアレルギーを引き起こしたりします。

 

否定的な感情や現実を見たくないという思いが強いと

目の疾患がでたり。

 

自分以外の他人や環境が自分の人生を決めている

と、思いこんだりすると低血糖症なんかで

知らせてくると言います。

 

他にも色々ありますが。

 

身体は。自分の意識の動きを忠実に

表しています。p>

 

緻密に正確に。

 

体調がすぐれない。

病気を発症した。

 

こんな時。

 

もちろん。身体からのアプローチは必要です。

 

病院にかかることも。

薬を飲むことも。

手術をすることも。

 

どんな治療を施すにしても。

 

身体からのアプローチと共に。

 

あなた自身の感情や心とも

素直に向き合ってみることをお勧めします。

 

気持ちが落ち着いて。

状況を受け入れたら。

 

ぜひ。

 

感情や心のアウトプットが身体だ。と、いうことを。

思い出してみてくださいね。

 

では~

 

 

 

淀まないために。

2017年11月15日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地上26階から見る今日の朝と、昨日の夜の仙台。

 

昨日の朝と。

今日の夜なら。

 

この景色を見ることはできなかったと思います。

 

天気に感謝!

 

仙台。キレイな街並みと。

旬を感じることができるこの街。

 

大好きです。

 

この街に住んで13年の時が経ちました。

 

この土地と。この土地に住まう方たちに。

この13年。本当にお世話になり。

育ててもらっています。

 

あと5年で。

 

生まれ育った土地と。

居住年数が並びます。

 

きっと。

超えることでしょう。

 

この土地で5年後。

計画していることの現実化に向けて。

 

歩んでいこうと思っています。

 

今までの数倍。

頑張らねば。

ですけどね 笑

 

先日も書きましたが。

 

今年は全くと言っていいほど、思ったように

動けない年でした。

 

今頃になって。

焦って動いてみたり始まりましたが。

 

それでも。

今年の年頭に思っていた図に近づくことは

厳しいでしょう。

 

まあ。

多分、後になって振り返れば。

この年が遅緩であったことに意味があったんだと

気が付くんでしょうけどね。

 

今は、その真っただ中にいるから

どーにもわかりません。

 

ただ。

この状態を、これ以上続けてはいけない事だけは

確かです。

 

なぜなら。

 

生あるものは。

 

その動きが止まると

 

淀みます。

 

それは、水の流れがあるところには

いつも、きれいな水が流れられるけど。

 

流れが止まっているところの水は。

淀んでしまうのと、同じです。

 

風が吹くところに。

埃はたまらないけど。

 

無風のところには、埃がたまる。

 

私たちの100兆個の細胞も。

止まることをしません。

100兆個が連携して、私という個体を作ってくれています。

 

細胞が止まる。

それは、細胞自身が役目を終え。

死んでゆくときです。

 

いつもマグロのように泳ぎ続けつのも。

疲れますが。

動くことで循環した心は。

 

淀むことは

ないのです。

 

止まっている時間。

動かない時間は短く決着した方が。

 

心と身体の健康。

 

そして。

 

あなたの達成感や幸福感に

繋がることは間違いありません。

 

時には止まることも必要ですが。

 

極力短く。

 

です。

 

 

昨日は、半世紀生きた女3人集まって。

しこたま飲み、ガッツリ食べ(←ファスティング明けなのに 笑)

ゲラゲラ大笑いして。

 

免疫力MAXあがった感覚です。

 

では。

今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファスティングとセミナー終了しました!

2017年11月13日

サットヴァの実公式HP

 
ルナスーリヤHP
 
外見革命HP
 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

採用情報

http://workin.jp/jobs/1001810195/1?cid=sendai_workin

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日。

ファスティング終了しました。

 

おかげさまで、身体も心も軽いです♡

 

今回のファスティングでは。

結構な身体の情報を読み取ることができまして。

 

なんと!ワタクシ。

腸から栄養素が吸収できていないらしい 笑

笑い事じゃないけど 笑笑

 

舌と便が教えてくれました。

今、軽い皮膚炎も出てきていますの。

 

身体に。

ごめんね。と、謝っています 笑

 

自己分析すると。

アルコールの摂り過ぎと。

遅い食事。

デスクワークの絶賛増量。

 

ってとこです。

 

アルコール量と遅い食事は改善しようと思います。

たまには 笑

 

そして。

冬以外はファスティング月1を実践していきます。

 

ファスティングは普段、気が付けない自分の身体の

状態に気が付くことができます。

 

その他にも。

魅力的なことがたくさん。

 

腸内環境の改善。

代謝酵素の活性化。

細胞便秘の改善。

 

挑戦してみたい!

と、思われた方は。

ルナスーリヤまで、ご連絡ください。

スタッフは全員ファスティングカウンセラーです。

 

遠方の方はメールやFacebook、Lineなどでも

ご指導・フォローさせて頂きます。

 

そして。

本日は。

 

アーユルヴェーダと酵素栄養学から見る腸内環境の整え方

のセミナーを開催しておりました。

 

お題を決めてから中身詰めたんですが。

 

欲張り過ぎました 笑

 

90分って。

 

ホント。短い。

 

 

受講頂いたみなさんが。

 

来てよかった。

すぐに実践できそうなことが多くて良かった。

自分の身体と腸や食べることに興味を持った。

など。

 

嬉しい感想を書いてくださいました。

 

ご参加頂いたみなさま。

 

ありがとうございました。

 

そして。

 

明日から色んな事に意識をもって生活したい。 と。

 

私が。セミナーを開催しだした目的は、まさにここ。

 

知識を持つと意識ができるようになるんですよね。

 

食品を買うときにラベルを見て買うとか。

この時間に食べると消化しやすいんだとか。

同じ味を毎日摂りすぎると身体に異変を起こすとか。

味がこんなにも身体に影響を与えているとか。

満腹がなぜ?身体によくないか?とか。

 

頭の片隅に知識があれば。

 

買い物するとき。

食事をする時。

外食するときのチョイス。

 

ちょっとずつ。

 

変化してきます。

 

この変化。

有ると無いでは大違い。

 

ちょっとずつの変化。は。

 

蓄積するから。

 

この蓄積こそが健康でいれるかどうかの肝。

 

習慣も。

思考も。

 

蓄積することで現実が変化します。

 

やり始め。溜まり始めは。

 

変化なんかわかりゃしません。

 

継続して、溜まるから。

 

身体という現実は変わるのです。

 

これから、どんどん。

講座、セミナー開催していきます。

 

ライトなものやガッツリ系。

 

そして。

来年からは、弊社開催のファスティングカウンセラー養成講座

が、開催されます。

 

知識を使えるものにするためには、

インプットしたものをアウトプットするのが一番です。

 

自分の健康のために得た知識で、人にも健康の

おすそ分けができる素敵な資格です。

 

ご興味のある方は弊社HPのセミナー情報を

チェックしてくださいね。

 

サットヴァの実開催セミナー情報

http://sattva.co.jp/cms/seminar/

 

本日、開催したセミナーと同じ内容で

18日土曜日も開催します。

10時~・13時~・17時~の3クラス。

 

内容はすべて同じです。

 

受講料は800円

 

お申込は↓からお願いします。

https://pro.form-mailer.jp/fms/0abcbb02133308

 

そして、こんな講座も↓

 

~テーマ~

 ・自分の体質(ド-シャ)を知る(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)

 ・消化力と6つの味

 

☆アーユルヴェーダの基本中の基本

 ド-シャ理論(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)を知り、

自分の体質について学びます。

 

☆消化力を上げるにはどうしたらいいのか?

 消化力には食べるものももちろんですが、環境や食べ方、心などが

 大きく関係しています。

 どのような食べ方が消化力を上げ、消化力を下げてしまうのか?

 自分の体質の消化力は、どのような特徴があるのか?

 を、知ってみましょう!

 

6つの味

 消化力は味にも左右されます。

 アーユルヴェーダでは味を6つに分類しています。

 ・甘味 ・塩味 ・酸味 ・苦味 ・渋味 ・辛味

 この6つの味とド-シャがどう関係しているのか?を学びます。

 

  ☽開催日時 

   2017年12月20日(水)13時~16

 ☽開催場所

   サットヴァの実セミナールーム

 ☽受講料

   5,000円(税込)

 ☽講師

   小倉侑子

 ☽お申込

   ☎022-266-8857(アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」

   お申込フォーム↓

   https://pro.form-mailer.jp/fms/99312936133725

 

知識は意識を作ります。

 

では。

 

今日はこの辺で。

身体と感情と「味」の関係

2017年11月11日

先日。

 

夫が作ってくれた夫飯。

 

美味しく頂きました♡

 

アーユルヴェーダでは味を6つに分類しておりまして。

 

甘味・塩味・酸味・苦味・辛味・渋味

 

こんな感じに分かれています。

 

味は私たちの舌にある「味蕾」で感じ、その信号は

脳へと送られていきます。

 

美味しいと感じたり。

幸せと感じたり。

 

色んな感情を私たちに感じさせてくれます。

 

余談ですが。

 

子供の頃に食べた「味」は脳にしっかりと記憶されます。

 

ソウルフードが誕生するのは、こんな記憶からです。

 

ここを語るとお題とそれるので次へ。

 

実は味は感情と身体の状態ともリンクしています。

 

甘味を食べると疲れがとれたような気がする。

ホッとするは。

アーユルヴェーダ的に正解。

 

甘味は心を落ち着かせてくれる味なのです。

 

甘味には満足感と満ち足りた感を感じさせる力があります。

 

ただ、摂り過ぎには注意が必要。

摂りすぎると、怠惰になったり、頭の回転が鈍くなったり。

太ったり、不眠になったり。

 

塩味は肥満、皮膚炎、ニキビ、ほてりの原因になったりします。

 

酸味は摂り過ぎていると恨みや妬みなどの感情が

生まれやすくなり、身体には炎症や胸やけ。

 

苦味は冷えや乾燥、食欲減退、頭痛、不安、軽度の無力感

 

辛味は喉が渇いたり、乾燥したり、めまいがしたり、脱毛や皮膚炎、怒りやすい、イライラする

 

渋味は便秘や口の渇き、下腹部にガスが溜まる、温かみに欠ける

 

もちろん。

これは「過剰摂取」したときの状態です。

 

なぜ。これらの味を過剰に摂取するとこんな症状が起きるのか?

 

これ、全部アーユルヴェーダ的にド-シャ(ヴァ―タ、ピッタ、カパ)と

関係しています。

 

「過剰摂取」にならない為には。

 

性質の強いものを毎日、同じものを食べない事。

 

例えばヨーグルトや酢みたいに酸味の強いものを

毎日食べ続ければ「過剰摂取」となります。

 

唐辛子かけまくり

酢かけまくり

マイタバスコ 笑

 

なんていうのも、もちろん過剰摂取です。

 

健康のため毎日食べている

 

物が不健康を作り出しているかもしれません。

 

こんなことにならないために。

アーユルヴェーダの知識を知って頂こうと思いまして。

 

アーユルヴェーダミニ講座開催します。

 

~テーマ~

 ・自分の体質(ド-シャ)を知る(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)

 ・消化力と6つの味

 

☆アーユルヴェーダの基本中の基本

 ド-シャ理論(ヴァ―タ・ピッタ・カパ)を知り、

自分の体質について学びます。

 

☆消化力を上げるにはどうしたらいいのか?

 消化力には食べるものももちろんですが、環境や食べ方、心などが

 大きく関係しています。

 どのような食べ方が消化力を上げ、消化力を下げてしまうのか?

 自分の体質の消化力は、どのような特徴があるのか?

 を、知ってみましょう!

 

6つの味

 消化力は味にも左右されます。

 アーユルヴェーダでは味を6つに分類しています。

 ・甘味 ・塩味 ・酸味 ・苦味 ・渋味 ・辛味

 この6つの味とド-シャがどう関係しているのか?を学びます。

 

  ☽開催日時 

   2017年12月20日(水)13時~16

 ☽開催場所

   サットヴァの実セミナールーム

 ☽受講料

   5,000円(税込)

 ☽講師

   小倉侑子

 ☽お申込

   ☎022-266-8857(アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」

   お申込フォーム↓

   https://pro.form-mailer.jp/fms/99312936133725

 

年末のお忙しい時期だとは思いますが。

食べる機会が多すぎる年末年始。

この時期だからこそ。

 

受講して頂きたい講座です。

 

知識はあなたの健康を守ります♡

 

あっ。その前に。

 

11月18日(日)にも

アーユルヴェーダと酵素栄養学から見る腸内の整え方

という、セミナーも開催します。

 

1時間30分なので。

こちらは本当にライトなセミナーです。

 

10時~・13時~・17時~の3クラス。

 

内容はすべて同じです。

 

受講料は800円

 

お申込は↓からお願いします。

https://pro.form-mailer.jp/fms/0abcbb02133308

 

お会いできたら嬉しいです!

 

お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情のごみ箱

2017年11月10日

先日。ふらっと立ち寄った秋保大滝

 

ここは私のお気に入りの場所の一つでして。

ふら~っと。出没します 笑

 

紅葉もまずまず。

周辺のお店の人に「今、見ごろですか?」と、

尋ねたところ。

「今年は天気がおかしくて。まだ紅葉するのか?

 もう落ち始めているのか?よくわかんないのよね~

 多分・・・もう少しキレイになると思うんだけど・・・」と。

 

もう少しだけ。楽しめるかもしれません。

 

さて。

今日のお題「感情のごみ箱」

 

どんなごみ箱?

 

人間だれしも「感情」という喜怒哀楽を持っています。

ない人なんて存在しない。

 

けど。

 

ない方が楽だよね。

と、いう出来事や環境が長く続くと。

起きた出来事に、起きうるであろう感情を。

見ないままごみ箱に入れこんで

あたかも平気でいるように装うと、いうことを

実は。

多くの人がやっています。

 

怒り

悲しみ

苦しみ

寂しさ

恐怖

不安

執着

依存

恨み

 

こんな感情が現れた時に。

 

こんな感情をもってはいけない

こんな感情を持つ自分な訳がない

こんな感情を表しても意味がない

こんな感情に振り回されたくない

と、かき消す行為を「ゴミ箱」と表現しています。

 

大人ですから。

泣き叫んだり、わめき散らしたり、怒鳴り散らしたり。

 

できるわけないじゃん。

てなこともわかりますが。

 

ごみ箱に、こんな感情を入れ続けていると。

 

ごみ箱は溢れます。

 

最初はいいんですけどね。

余裕もスペースもありますから。

 

でも。

 

ごみの日がない

感情のごみ箱は。

 

必ず。

 

あふれ出します。

 

あふれ出した時に。

 

身体は正確にその感情を身体に表すようになります。

 

アーユルヴェーダでは食べ物と同様に。

感情も消化不良を起こすとアーマという

未消化物を作り出し、体調不良を起こし

やがて病気になると説いています。

 

これ。

 

本当にその通りだと思います。

 

長い間、感情を見ないようにしていると

色んな不具合が身体に現れます。

 

なぜなら。

あなたがいくら感じたくないと思っていても

その感情はあなたの細胞たちには、ちゃんと

ばれているから 笑

 

細胞は正確に従い行動します。

 

解決方法は。

どんな感情でも一度ちゃーんと

認めてあげること。

 

私、怒ってるんだー

執着してるんだー

不安なんだー

寂しーんだー

苦しーんだー

 

こんな感じです。

 

あとは消化活動 笑

 

怒ってるなら、人に迷惑にならないように怒りましょう。

寂しいなら、さみしーと安心できる人に吐露するのも

たまにはありです。

 

但し、引きずらないこと。

 

アーユルヴェーダの治療には壁に、お皿を投げつける

感情の治療方法があると聞いたことがあります。

 

どんな方法でもいいんです。

 

自分が、その感情を認めてその後に

スッキリできれば。

 

但し。

大人としての節度は大切なことはお忘れなく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日。

 

ファスティング期最終日

明日から回復期に入ります。

 

昨日までの酷かった身体の不快が

ウソのように無くなって。

 

身体が軽いし。

気分爽快!

 

体中のアーマ(未消化物)が

処分されたような感覚です。

 

明日から少しずつ。

食事を摂っていきます。

 

ここでも。

身体の声がたくさん聴けると思います。

 

では。

 

また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファスティング中の舌の変化

2017年11月9日

 

今日、ルナスーリヤに活けてもらったお花。

 

元気なお花達は、私たちに元気を与えてくれますね。

 

さて。

昨日も私事をお伝えしましたが。

 

今日はファスティング期1日目でした。

    (↑クリックで意味が分かります)

 

昨日の頭痛は軽減されましたが。

肩と背中の張りは無くならないですね。

 

多分相当。酷使していたんだと思います。

 

まあ。

明日はもう少し楽になると思います。

 

これからファスティングをされる方。

習慣化されている方も。

 

ファスティング中はぜひ。

 

「舌」

を観察してみてください。

 

最初はピンク色をしていた舌も。

ファスティングが進むにつれて

白くなったり。

黄色くなったり。

中には黒くなる人もいます。

 

歯形がくっきりついていたり。

 

色んな変化をします。

 

舌の奥の方が白くなっていたら

大腸の毒素の現れ。

 

舌の真ん中が白くて辺縁が赤くなっていたら

消化管全体の毒素。

 

黄色くなっていたら胃が過剰に動いているか?

働きが衰えているか?

 

黒っぽくなっていたら

貧血や極度の冷え。

 

歯形が付いている場合は

吸収不良または水分排泄の異常

 

こんな感じです。

 

ファスティングの時に関わらず

舌は毎日、観察すると色んな変化をしています。

 

特に消化器の変化が分かりやすいのが特徴。

 

こんな風に現れてきた「舌苔(ぜったい)」は

放置せずに処理が必要です。

 

インドだとタングスクレーバーと言って

↑こんな形のものが一般的。

 

ただ、日本だと手に入りにくいので

スプーンの縁などでやさしく、こそげてあげてください。

 

日本で販売されているブラシタイプは

味蕾を傷つけやすいし、汚れを中に押し込んしまいます。

 

こそげる(←これって標準語?)のが効果的です。

 

歯磨きの後で、ぜひ。

舌もケアしてあげてくださいね。

 

こんなことを感じられるのも。

ファスティングの一つの楽しみです。

 

12月から胃腸がフル回転の人も多いはず。

 

フル回転する前に。

 

身体をクリーンにすると

気持ちいいし、心も身体もスッキリします。

 

胃腸を制すもの健康を制す 笑

 

ぜひ。

 

お試しください♡

 

 

 

 

一生・・・

2017年11月8日

昨日。

水素吸入サロン「Utatane」から

撮った写真。

 

新緑→青葉→紅葉と。

 

季節の移り変わりがはっきりわかる

パノラマ風景。

 

今、一、二を争うくらいお気に入りの場所です。

 

温泉あったら確実に1位なんですけどね 笑

 

お客様も。

「ここに住みたい」と、おっしゃって下さる方も

多くて。

 

この癒され空間は結構、満足しています。

 

お隣の勾当台公園ではモミジが真っ赤に

見ごろを迎えています。

今日はお天気も良かったので。

赤が際立ってキレイでした。

 

このモミジには毎年見とれてしまいます。

 

前置きがかなり長くなりましたが。

 

今日のお題「一生・・・」

 

先日。

数名のお客様に同じ思いをお伝えしたので。

 

結構、頭の中に残っていまして。

そんなことを書きますね。

 

ルナスーリヤのお客様には。

健康になりたい!体調を良くしたい!

など。

 

健康面に不具合を持っていらっしゃるお客様も。

数多くお越しになられています。

 

中にはご病気を持たれ、お薬の服用をされて

いる方もいらっしゃいます。

 

もちろん。

私たちがお薬をやめた方がいいですよ。

なんて、絶対に言いません。

 

なぜなら。

お医者さんの指示がなく勝手に断薬することは

危険なことだとさえ思っています。

 

ただ一つだけ。

 

お伝えしたいことが。

 

持病をお持ちの方に、お医者さんが

状況を伝える時に、こんな言葉でお伝えになるときがあります。

 

一生この病気は治りません」

一生この病気と付き合ってくださいね」

一生薬はやめられません」

なんていう風に。

 

一生・・・・

 

と、いう言葉を使って、患者さんに状況を伝える

方もいらっしゃいます。

 

病気の種類や状況、データからすると。

そのお医者様の経験上またはエビデンスからすると。

 

確かにそうなのかもしれません。

 

この病気が治らない。

と、いうデータは仕方のないことだと思います。

 

だって。

 

治った人は、そもそも病院に足を向けることはなく。

そのお医者さんと会うこともなくなりますからね。

 

データにもエビデンスにも。

現れないわけです。

 

ですから。

 

お医者様の一生あなたは病気です。

一生薬飲んでください。

の、通りに歩まなくてもいいのです。

 

お医者さんが治らないって言ったから治らないんだ。

お医者さんが薬は手放せないって言ったから手放せないんだ。

 

と、心に決めてしまうと。

その状況を良くしようと考え、

行動する自分がいなくなってしまうのです。

 

一生病気だから仕方ないんだ・・・

 

常に、こんな自分と共存し続ける道をたどってしまうのです。

 

ただ。

お医者様の言うことを無視して勝手に治療をやめたり

断薬したりすることはお勧めできません。

 

お医者様はその道のプロフェッショナルです。

 

じゃあどーすりゃいいのよ!

と、言われそうですが。

 

治療をしながら、薬を飲みながら。

 

自分の身体や病気について勉強し、

健康体に近づく方法を生活に取り入れられれば

ベストです。

 

アーユルヴェーダや中医学

アロマやタラソ

ハーブ

ファスティング

腸内環境やストレス対策

いろんな角度から自分自身の身体の状況を知り

身体と心に注目して欲しいのです。

 

ここで気を付けてもらいたいのが極端な理論。

 

薬をやめた方がいいとか。

病院には行かない方がいいとか。

 

到底、あなたのことを考えずに

理論を押し付けるような方法はNGです。

 

これを使えば絶対○○が良くなる!

的なうたい文句も危険です。

 

そんな魔法みたいな代物も方法も、ありゃしません。

 

治療をしながら、数値や画像などの

データに良い変化がでたら、お医者様も

お薬を減らしたり、お薬しばらくやめてみましょうか?

と、提案をしてくれるはず。

 

まずは頭の中から。

 

一生・・・病気や薬の自分を消して。

 

元気になれる自分を想像してみてください。

制限のない自分を想像してみてください。

 

そして。

 

行動してみてください。

 

きっと。

いい方向に何かが変化するはずですよ。

 

私事ですが。

 

本日、ファスティング3日目で、今日から

ファスティング期(簡単に言うと何も食べない期間、前2日は

準備期で少量の固形物を摂取します)に入りました。

 

今日から3日間は固形物摂取NGです。

 

ファスティングするといつも思うことですが。

 

身体の声がほんと聞ける。

そして、身体も的確に訴えてくる。

 

ここ最近、目の酷使と肩こりが気になっていたのですが。

 

やはり。

 

きました!って感じで

眼底痛と頭痛とひどい肩こり症状。

 

ほんと。

身体って。ちゃんと今の状態を教えてくれます。

 

ファスティング期の最終日は明後日。

 

普段無視してる 笑

身体の声。

たっぷり堪能したいと思います。

 

では。また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「未病」って?

2017年11月5日

ルナスーリヤに飾られている今週のお花↑

 

久しぶり過ぎて。

特にそれについてのコメントはありません 笑

 

習慣とは、本当に怖いもので。

1度書かなくなると、それが習慣化してしまう。

 

当たり前になるんですよね。

 

当たり前じゃいけないのに。

 

これからは。

 

書くことの方を習慣化していこうと思います。

 

今日書きだしたことに、特に意味はありません。

 

書きたい内容がポツポツ。

溜まって来たからかな?

 

今日は健康と病気の間について。

お伝えしたいことを書きますね。

 

かなり・・・長いです 笑

 

みなさんは。

「健康」と「病気」の間をなんていいますか?

 

って、聞かれたら。

なんて答えますか?

 

この質問。

最近、開催しているセミナーで一番最初に

お聞きしている質問なんです。

 

みなさん一生懸命お答え頂くんですが。

 

これ!と、言った答えが見つからず。

なんでしょう・・・と、いう雰囲気になってしまうんですよね。

 

それは、なぜか?

 

みなさんの脳の中には。

 

「健康」と「病気」以外に自分の身体の状態を

表す言語が存在していない場合が多いからなのです。

 

では。

 

健康の定義とは何でしょう?

 

いまさら、ここでWHOの定義などご紹介する

つもりは、ありませんが。

 

健康の定義は本当に人それぞれ。

 

多くの方の場合。

 

「健康診断に引っ掛からなければ健康」

「症状が出ていなければ健康」

「毎日、ごはんが食べれていて、排便できていれば健康」

「仕事ができていれば健康」

「日常生活に支障がなければ健康」

 

こんな感じの意識の方が多いような気がします。

 

でもですね。

 

上記のような定義には落とし穴があるのです。

 

この定義から外れた時。

それは。

 

すでに「病気」の域に入ってしまっているということ。

 

病気の領域に入ってしまうと。

 

「予防」ではなく「治療」が必要になります。

 

アーユルヴェーダでは。

 

病気になる過程に6段階ある。

 

と、説いています。

これを詳しく説明しようと思うとド-シャ理論(五大元素論)も

詳しく書かなくては理解して頂けないので。

 

今日は違う使い方をさせて頂きますね。

 

健康

 ↓

①蓄積

②悪化

③拡散

④局部化

⑤顕在化

⑥混乱

 ↓

病気

 

こんな過程をたどり。

病気は発祥すると教えてくれています。

 

この理論でいくと。

重大な病気に急になる人はいない。

と、いうことです。

 

ですから。

アーユルヴェーダ的にいうと。

 

健康→病気はありえなく。

 

健康→→→→→→病気

   ①②③④⑤⑥

 

①から③までは生活習慣や体質、精神的な心の問題。

を、見直すことで容易に病気を回避できます。

但し。症状と言われるものは、本当に微細なもので

「たいしたことない」

「ちょっと疲れているだけ」

「食べ過ぎてたから、ちょっと太ってきちゃった」

と、見過ごしやすいのが。

ちと。

やっかい。

 

普段から身体を丁寧に扱っていなければ

気が付くことがとても難しい段階です。

 

ここで役立つのは「予防」につながる行動と

プロの助言。

 

普段から。

身体にあまり良くないとされる

添加物やインスタント食品、質の悪い水や質の悪い空気を

身体に入れないようにする。

予防につながる健康法を取り入れる。

楽しく暮らす。楽しく仕事をする。

 

たまには。

 

エステや整体、鍼灸師など、人の身体に触ることを

生業としているプロに身体のアドバイスを受けること。

など。

心にも身体にも。

気持ちよく過ごす。ことが大切です。

(ここではあまり触れませんが。行き過ぎはストレスになるので。

気持ちよくできる範囲がポイントです)

 

 

③から⑥の段階。

この段階では、明らかな症状が出てきます。

 

痛み、痒み、もたれや炎症。

どうしても出ないやる気。

常に休みたい倦怠感。

すぐれない顔色。

シミやしわ、たるみ。

 

この段階で、多くの方が手にするのが

「薬」

 

一時的な使用なら、いいのですが。

 

痛くなる前に。

痒みが出る前に。

もたれる前に。

 

薬を服用してしまう。

 

予防だと思い薬を使用するのは。

 

危険です。

 

薬は根本的に「そうなった理由」に

アプローチしているのではなく。

 

「症状」にアプローチしています。

 

例えば。

 

パソコンの使い過ぎで頭が痛くなっている。

のに。

 

パソコンを一時的にやめるのではなく。

 

頭痛薬を飲み続ける。

 

こんな感じです。

 

薬の使用はありませんが。

こんなことも同じ構造。

 

太ってきた。

と、いう現実は食べているから。

 

明らかに健康被害を起こすほど

体重増加をしているのに食べることをやめられない。

 

のは。

 

食いしん坊 笑 なのではなく。

 

心に問題が起きているから。

 

どちらの例も。

 

根本原因から目をそらす。

ことから。

 

大事に至ってしまうのです。

 

なのでね。

 

突然死とか。

本来ありえないのです。

 

危険な状態に陥る前に。

 

身体は必ずサインを発してくれています。

 

そのサインは。

あなたが自分の身体の声に意識を向けることが

無ければ聞くことはできません。

 

身体があなた自身にサインを送り続けけている期間。

 

これが「未病」

と、いう期間です。

 

この未病という期間に正しい改善方法を知ることができれば。

 

病気という領域に進まなくも済むのです。

 

知識がなければ意識することはできません。

(↑これ。声を大にして言いたい 笑)

 

身体に関する知識を得る。

自分の身体の状態という知識を得る。

 

そのためには。

 

プロの助言は便利です。

 

あなたが「これだ!」と思うものでいいんです。

 

ぜひ。

 

未病の状態に。

早く気が付いて。

 

治療ではなく。

予防を選択してくださいね。

 

健康と病気の間は「未病」

 

この意識が定着したら。

きっと。

 

病気になる人は減るんだろな~

と、思っています。

 

仙台にお住まいの方はぜひ。

下記URLをご覧ください。

 

サットヴァの実セミナー情報

 

身体の知識や未病のの知識。

いろんな講座を少しずつですが始めています。

 

ご自分の身体の状態を知ってみたい方は。

アーユルヴェーダサロン「ルナスーリヤ」

お試しコースをご利用ください。

 

随分と長くなってしまいましたが・・・

 

お付き合い頂き、ありがとうございました!

 

これからも。

 

健康に役立つ知識をお伝えしていきます!

では。

 

また。