当たり前に腰が低い人は多くのものを手に入れている

こんばんは。

今日はあちこちで。
桜が開花した。
と、いうニュースを聞きました。

鹿児島、名古屋。

明日には。東京のソメイヨシノが開花する
予想だそうです。

私は北海道出身なので。
18歳で北海道を出るまで。
桜に感動したことの記憶はありません。

札幌の桜の多くは山桜系で。
花が咲いた時に葉が一緒に
出てきています。

東京で。
千鳥ケ淵の桜を見たときは。
本当に感動しました。

葉がない。

ただ、それだけなのですが。

その美しさは。
圧巻でした。

東京以外でも。

もちろん桜は綺麗なのですが。

なぜか?
桜は東京が一番美しく感じます。

きっと。
桜がきれい。と一番最初に
感じさせてくれたからでしょう。

さて。
今日のお題。

当たり前に腰の低い人は多くのものを手に入れている。

今週の水曜日。

お店が定休日でしたが。
朝からバタバタとしておりまして。

13時過ぎくらいに。
お腹が空いたな~と思い。

家から徒歩数分のお蕎麦屋さんへ。

結構人気のあるお蕎麦屋さんで。

母と私がお店に入ったときに。
ほぼ満席。

私たちが入ったと同時に。
ひと組が食事を終え。立ち上がっていました。

その、立ち上がった方の席に向かうと。
私たちを遮るように。

違う席に座っていたおばさまが。
今、空いた席へ移動。

そして。
今まで、自分たちが座っていた席に。
自分たちが移動した席にあった、食事後の
食器をなんなく移動し。

陣取って 笑 いました。

店員さんが。
あっすみません。今片付けますね。
と素早く食器を撤去してくれました。

この時点で。
この出来事には何も感じていなかったのですが。

その後。

お客さんは、途絶えることなく次々と。

私たちが座った席は4人がけだったので。
なるべく。
相席ができるように端によって2席を空けていました。

私たちの、すぐあとにお店に入ってこられたのは。
スーツを着た初老の男性。

すぐ。後ろから女性が入ってこられたので。
ご一緒なのかと思いきや。

その。初老の男性が。
女性に。「お一人ですか?でしたら、ここ(私たちの横)
空けてくれたようなのでどうぞ。僕は二人なので。」と
女性に声をかけていました。

女性は。
では。お先に。と。
母の横に座りました。

その後。その男性のお連れの方(男性)が
いらして、席をお待ちになっていらっしゃいました。

その後。
4人がけのテーブルに2名+1名が
座っていましたが2名が食事を済ませ
退席。
お会計をしていると。

その。
初老の男性は。お会計を
している人たちが、食べた
食器を厨房の方へ片付け。
テーブルを拭き。
オーダーを自ら厨房に済ませ
お連れの方と談笑していらっしゃいました。

一連の出来事を
なめこそばを食べながら見ていた
私は。

さすが!かっちょええね~と
心の中で感動しておりました。

実は。
この。初老の男性。
私の知っている方でした。

奥様がサロンのお客様で。
一度、ばったりお会いしてご主人をご紹介
頂いていたので。私は覚えていました。

もちろん。
ご主人は私のことを覚えていなかった。と
思います。

日本人なら。
誰でも知っている会社の。
社長(今は多分、会長)を
されていらっしゃる方です。

普段なら。
まわりがなんでもしてくれている環境に
ある方だと思いますが、ご自分の希望で
多分なんでもは
して貰っていないのでしょう。

決して、おごることなく
自分でできることは自分でする。

字で書くと簡単で
あっ。そうなの?
ということなのかも知れませんが。

なかなか。できることではないと
思います。

飛行機でも。
ファーストクラスのお客様は
クレームやトラブルが少なく。

ビジネスクラスではトラブルが起きやすい
と、聞いたことがあります。

自分のことは自分でする。
お金を払って受けたサービスでも
してもらったことには
「ありがとうという」という。

こんな。
当たり前の事を
ちっと小金持ちになったりすると。

忘れたりしちゃうんです。

勘違いってやつです。

ここで勘違いしない人が。
本当の意味で自分の欲しい人生を
手に入れて行くのだと思います。

そんな波動の人が一人でもいると。
その場の空気一変します。

お蕎麦屋さんを出たあとは。

気分爽快でした♡

春のあたたかさも今日までのようです。

三寒四温を繰り返しながら春は
やってきます。

では。また。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村