自分の感情に責任を持つ

こんばんは。

今日は先に。
お知らせを♡

ルナスーリヤでは。
セラピストを募集しています。

ご興味のあります方は。
こちらを↓ご覧下さいね。

ルナスーリヤHP 採用情報

以上。お知らせでした♡

さて。今日のお題。

自分の感情に責任を持つ

感情については何度も触れていますがね。

なかなか。

自分の感情を冷静に見るのは
難しいもの。

こんなことを。
偉そうに書いていますが。
感情。飼い慣らせていませんから。
わたす  笑

ただ。

日常。私たちが知らず知らず。
感情を野放しにしている。
ことに対して苦しんでいるのなら。

こんなことから気づくと。
少し楽になるかも。ですよ。
という話。

どんな感情でも。
それは。
あなたがチョイスし。
あなたが自分でそう感じるように思考しています。

ですから。

誰かに。
何かに。

その感情を丸投げしている。ということに
気づくと。

いかに。感情の責任を
他人に転嫁しているか?が見えてきます。

攻撃された。
見捨てられる。
虐待される。
裏切られる。
騙される。
抑圧される。
傷つけられる。
操られる。
支配される。
誤解される。
拒絶される。
相手にされない。
無視される。
支持されていない。
構ってくれない。
愛してくれない。

自分の感情をこんな言葉で表すと。

どの感情も。
相手がいて。成立する感情なので。

まわりの人や出来事ばかりに目が向いてしまい。
自分で自分の感情に対処できなくなってしまいます。

そればかりか。

こんな感情を引き起こす人ばかりが
まわりに。どんどん集まってきます。

最悪・・・の悪循環。

まずは。
どんな感情でも。
自分がどんな感情を抱いているのか?

素直に知り。
認めること。

なぜ怒っているのか?
なぜ悲しいのか?
なぜ信用できないのか?

ベクトルを外ではなく。
自分に向けてみてください。

色んな。
自分が見えてきます。

見えたら。

受け入れて。
自分を愛おしみ。

そんな自分も自分さ!

と。受け入れてから。

でも。

これじゃ困るよね?
と。
対策を考えてみてください。

対策を考えるのと。
自虐は。

全く違うことなので。
お間違いなく。

今日は新月。
新しいことを始めるには。

最適な日でした。

あなたは何か始めてみましたか?

ちなみに。
来月の新月は。
19日です。

では。
今日はこの辺で。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村