対象依存に気づかないと。思い通りにならないじゃない!と言いたくなる

こんばんは。

今日の仙台は1日の中に。
冬と春が同居したような日でした。

朝は。雨が降り極寒だったのですが。
午後から。完全な小春日和。

今年に入って。
1番。春を感じた日でした♪

さて。
今日のお題は。

対象依存に気づかないと。思い通りにならないじゃない!と言いたくなる。

長いね 笑

対象依存とは。何度も書いていますが「外側」に依存する。
と。いうことです。

自分以外の。人や物。
環境や状況。境遇や待遇。
自分の身体や年齢。

自分の内側(心や思考、魂)以外のものを
「外側」と表現しています。

ここで1つ。
インドの寓話をご紹介します。

昔、あるところに、人生で2つだけのものに価値を見出している
男がいました。

1つは彼の息子、そしてもう1つは子馬でした。

彼が常に気になるのは。

息子と子馬がどのような状態であるか?が全てでした。

ある日。子馬がいなくなってしまいました。

男は、自分が真に価値を見出していたものを
半分失ったため、荒れ狂いました。

彼はいなくなった子馬のことを考えて深い絶望の中で過ごしましたが、
やがて子馬は美しい白い種馬と一緒に戻ってきました。

彼は深い絶望から一転し、突如有頂天になりました。

翌日。彼の息子が種馬に乗って落馬し、足の骨を折りました。

それによって彼は有頂天な天にも昇る気分から、
絶望のどん底に落ち、苦悩にのたうちまわることになりました。

そんな中。

政府軍が戦争に連れて行くためすべての若者を
召集しにやってきました。

政府軍は村の若者全員を連れて行きましたが、
この男の息子だけは足が折れていたため連れて行かれずに済みました。

男はまた。

絶望のどん底から有頂天になりました・・・・・・

これを読んで。
なんて、かわいそうな男だろう・・・と
思ったあなた!

危険です  笑

対象依存になることが脳の中で。
当たり前になっている可能性があります。

お気づき方も多いと思うのですが。

この話。
エンドレスです。

ようするに。

まわりで起きていることや自分が大切にしていると
思い込んでいる。人や物や状況に。

感情が振り回されているのです。

ここ数日の私のように 笑
感情のジェットコースターに乗車中。ということです 笑

あなたの人生の主人公は。
もちろんあなたなのですが。

その。
主人公の心や思考、魂。
よりも、他者や状況が優先されている場合。

いつも、あなたの心や思考、魂は。
枯渇し苦しんでしまうのです。

その表れが。病気だったりするわけです。

これ。
今日本当に実感したんですよ。

自分の心や思考。魂に従って。
強固な芯が出来上がってくると。

感情のジェットコースターから早く降りられる。

しかも。

高低差があまりないジェットコースターに
乗り物自体が変わってしまいます。

まあ。
ジェットコースターとしては。
スリルがなくて面白くないかもしれませんが。

人生に。過度な高低差は必要ないですからね。
(特に低は必要ない)

今日あった出来事は。
以前の私なら。

なんで?どうして?と一晩中苦しんだことでしょう。
それこそ。感情のジェットコースターに一晩中乗ることに。

おかげさまで。

今日も美味しくご飯を食べ。
ゆっくり、ぐっすり眠れそうです♪

感情のジェットコースターから降りたい方は。

明日のブログをお楽しみに♡

では。
今日はこの辺で。

おやすみなさい。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です