身体にあらわれる症状にはすべて理由がある。

こんばんは。

今日は風もおさまり。
穏やかな仙台でした。

寒さは半端ないですが。

今年は1月から。
東京へ行く機会が目白押し。
すでに3回の東京行きが決まっています。

私、仙台が大好きなんです。
いいところなんですよ~
本当に食べ物美味しいし。温泉すぐだし。
自然も豊富。

東京へ行くと。
強力なエネルギーを感じます。

街に。
エネルギーがみなぎってる感じ。
この。エネルギー差が。
ほっ。と感だったりするんだろ~な~と。
仙台にほっ。としております。

仙台に。縁を持たせてくれた主人に。
感謝です。
------------------
さて。
今日のお題。
「身体にあらわれる症状にはすべて理由がある」

あるんですよ。
理由が。

ほとんどの症状は「緊張」から来ています。

緊張といっても。
ステージに立つとか。
演説するとか。
そういう緊張ではなくてですね。

日々の生活の中にある。
緊張です。

あの人にどう思われてるんだろう。
これから先どうなるんだろう。
失敗しないかな。
彼に好かれるためにはどうしたらいいだろう。
同居うまくいくかしら。
私には自由がない。

いわゆる。

不安や安定、人からの是非や評価。
こんなことから。
緊張は生まれます。

緊張の波動は。
どんどん緊張を作り出していくので。
間違いなく。連鎖していきます。

こんな緊張を細胞が感じると。

身体に。
凝りや引きつりを起こします。

胸、心臓、胃、みぞおち、肩、首、背中に
この症状は出やすいんです。

さらっと。
書いてますけど。
心臓のひきつりって・・・

心筋梗塞や狭心症なんかが。
これにあたります。

ちょっと笑えないですよね。

こんなことを回避するために。
1日5分でもいいので。

自分の感情や思考を観察する時間を
作ってみてください。

夜、寝る前に。
今日、起こったことを映画を上映するように
頭の中に思い起こします。

この。
上映している時に。
決して一人反省会などしないでね。

自分の意思で行動している事と。
そうでないことを。
振り分けてみましょう。

自分の意思で行動していることが。
少ない。と思ったら。

自分の意思で決定し、動く事を
増やしてみてください。

自分の意思で行動する自分を
想像し眠りにつきましょう。

気付く意識をもつと。
それだけで。
感情は癒されます。

そして。
次の日。また次の日と。

自分の意思で考え、行動する量を増やして
いきましょう。
緊張は。
どんどん少なくなっていくはずです。

とりあえず。
そんなものかと。
やってみてください。

感情や身体に意識を向ける。

脳の成熟にもつながります。

ということで。
1日の終わりにはぜひ。
自分と向き合ってみてくださいね~

では。
また、あした~


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村