万人に良い食べ物はない

今日は台風一過で

青空が広がった仙台。

朝から気持ちのいい
秋晴れでした。

気分もいい感じ~♪
と、いいたいところですが、
秋の台風が通りすぎた後、毎年
恐怖(大げさ?)が襲います。

それは…銀杏の実の
「におい」

街路樹に銀杏が植えられている
街は日本全国たくさんあるんですが
仙台の銀杏…半端ないです。

中心街にも、幹線道路にも
銀杏落ちまくってます(笑)

台風の後は2Lペットボトルと
割り箸を持った人たちが
いっぱい。

その光景は微笑ましいのですが
嗅覚は完全否定(._.)

息…止めてます。

でも、食べると美味しいんですよね。
素揚げして軽く塩を振れば
充分なおつまみに(どこまでの飲んべえ?)

なんでも、最初に食べてみよう!
と、思った人はえらい!

先人の知恵をぜひ、継承したい
ものです。

と、いうわけで。

{CD9FBA0E-49E0-4516-BD7D-48BC090667FB:01}
岩手産「香茸」とーってもいい香り。のキノコ

今日のお題は

「万人に良い食べ物はない」
(繋がってないか…)

TVなどで、
~を食べると痩せる。
~を食べると長生きできる。
~を食べるとガンにならない。
~を食べると老化しにくい。
~を食べるとボケない。

と、放送すると次の日
街から、その食べ物が消えている。
な~んてことが、一時よりは
なくなったものの、それでも
情報の影響力は大きいですね。

この一点食い。
一歩間違えると大変です(・_・;

体質やその時の身体の
状態にあっていないと
逆に体調が悪くなることも。

それは、すべての食べ物や
飲み物には「性質」があるから
なんですね。

「冷性」と「温性」
つまり身体を冷やすものと
温めるもの。
これは「温度」の問題ではなく
その食べ物が持っている「性質」の
問題です。

例えば南国でとれるフルーツ
夏にとれる野菜は
ほとんどが「冷性」
で、身体を冷やす。

「重性」と「軽性」
「水」は「重性」でお湯は
「軽性」
お湯は身体に軽いけど
水は重いんですよ。

それに「6つの味」
辛味
塩味
酸味
甘味
渋味
苦味

も、関係して身体に影響して
います。

例えば、一時的に痩せると流行った
バナナ。
冷性、重い、甘味と渋味

アーユルヴェーダ的には
ダイエットにNGです。

というように、一点食いの長期間
続行は、その食べ物の性質を
もろに受けることになります。

ですから体質やその時の
身体や気持ちに合わせた
「バランス」が必要なのです。

では、ベストな食材や食事の
選び方は?

これについては明日から
3日間じっくりとお伝えして
いきます。

体調の優れない方。
気持ちを落ち着けたい方。
心身ともに元気になりたい方。

必見ですよ。

お楽しみに。

では、また明日。