今日頂いたメール

今日一通のメールを頂きました。
ご本人の許可を頂きましたので
一部抜粋してご紹介します。

ルナスーリヤ 小倉様

 ○○は本当に有難うございました。

 おかげさまで、少し今回のカウンセリングと、これまでの
 カウンセリングの違いが見えたような気がします。
 今回、出てきた課題は、自分では20年前に乗り越えたつもりでいました。

 なので、カウンセリング直後は、気持ちの整理がつかず、
 どうして自分は、ここまで、STOPしていたのか、驚きとえーっという、
 情けなさでいっぱいでした。

 でも、乗り越えた!と思っていたのは、受け入れて、許して、
 自分を癒していただけで、怒りの炎を鎮火したのではなく
 、炎を表面上コントロールしていただけだったのですね。

 そして、その怒りの原因は、実は、勘違いや思い込みだった
 と、いう気づき!まさに、目からウロコでした。

 このことが、すんなり受け入れられたのは、最近あった2つの
 出来事です。

 (この2つの事を原文で書いてしまうと個人が、特定されて
  しまうので、ザクっと2つ書かせて頂きます)
 
 1,自分が親に可愛がられた。ということを裏付けるできごと。
 2,ご自分のお子さんが事実と違う幼少期を記憶していた。
 以下コチラは原文に戻ります。

 過去の思いを受け止めたり、過去の感情を癒すのではなく、
 その記憶を修正して、違う現実を作り出すことが大切なんですね!

 自分にとって「思いは実現する」「人生は思い通りになる」という
 フレーズは、実は、「人生は思えた通りにしかならない」と、
 いう風に感じていました。

 
 「思い通りになるのはわかるけど、思えないことがいっぱいある」
 と、感じていたので、「思えないこと=現実不可能なこと」と
 思っていました。

 でも、思えないことに、理由があり、原因があるということ、
 そこが本当の課題だったのですね。

 「私なんかが、成功できるわけがない」

 気づかないうちに、そう思い込んで、成功しそうになると、
 失敗するのが怖くなり、逃げ出してしまう。
 10代の高校受験のころから、ずっと、そうやって人生を
 生きて来たのだと思います。

 潜在意識と顕在意識のはざまで、うすうす感じてはいたものの、
 見ないようにしてきた、自分の課題、その負のスパイラルを
 変える時が来たのだと思っています。

 ○○は、本当にありがとうございました。

 お客様は「ご自分の全てを見つめ、受け止め、違う人生を
 掴み取る」決心をされました

 自分を見つめ、受け止める。

 最初は・・・ちょっと大変な事もある。
 「だってぷんぷん現実はこうだったじゃな-い泣き3
 と、言いたいガクリ
 (私はここに苦しみました苦笑

 自分が思っていた過去。
 自分が演じてる現在。
 
自分が掴みたい未来。

 知ってみたい方はぜひ
 フラクタル心理カウンセリングをお申し込みください
 
 心が軽いと足取りも軽くなりますよ
ウインク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です