子供の頃、何を目指して走りましたか?

小学校の時の徒競何を(どこを)目指して走りましたか?
 
思い出してください
 
・・・・・・・・・・・・・
 
多くの人は「ゴール」を思い浮かべるのではないでしょうか?
 
では。
 
ゴールはいくつありましたか?
 
多分「ひとつ」ではないでしょうか?
 
ゴールが1つだったから、その1つを目指して脇目も振らず走れた。そして一等賞を
目指せた。
 
ゴールが5箇所あったら…どのゴールを目指して走ったら良いのかはてなマーク走る前に
必ず迷いが出ます。
 
あのゴールは一番近くて楽そう
あのゴールはちょっと遠いけどゴールしたら欲しいものが手に入りそう
あのゴールは砂利道を通らなくちゃいけないけどゴールしたらた~くさん褒めてもらえそう
 
で・・・どこに向かったら良いかはてなマーク
 
迷っているうちに、どこへ行って良いのか?分からなくなる。そして自分でも
理由がわからない不安感に襲われる。
 
人生も同じ、。
 
自分がどこに向かったら良いか?
どのゴールを目指すのか?
決められない人。
決まって無い人はいつもゴールが決まっていないので、どこへ向かったら良いか不安になります。そして、その不安は巨大化して自分を襲います。
 
仕事で頑張りたい。
自立したい。
結婚したい。
子供が欲しい。
家族が欲しい。
 
残念ながら同時に全ては手に
入りません。
 
タイムラグが生じます。
 
時間差で全てを手にしている人はたくさん
います。
 
全てを手にしている人は、その時々で
何を優先すべきか選んでいます。
 
1つずつ着実に手にしているのです。
 
女性の場合は「年齢」もゴールを目指す
ファクターに加味されるでしょう。
 
ゴールが決まっていない場合は、考えることすらしません。
 
今が楽しければ良い
今を楽しむことが全て音譜
 
ゴール(目標)が決まれば、自然と今何を
しなくてはならないか?見えてきます。
 
不安や迷いは消えて、走り始めます。
 
不安や迷いがなく走れる自分は爽快です。
 
気持ちよく走れます走る人馬走る人馬
 
今まであった方が楽と思っていた
足かせが外れて、こんなにも
足取り軽くゴールに向かって走れる
自分に驚く
 
目標や目的(ゴール)に向かって走る。
あなたが思うより楽しい事かも
しれません
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です