冬は消化力・体力ともに上昇期です

今年の冬は気温が低めの日が多いような気がします。
ここ2~3年の冬が暖かめだったからなのか

アーユルヴェーダでは今の季節を「へマンタ」といいます。
まさしく「冬」の事ですが冬は2つの時期に分けられます。
もう少し春が近づいた冬の後半は「シシラ」といいます。
もちろんサンスクリット語です。
過ごし方や身体の状態に大きな違いはありませんが
シシラの時期はへマンタの時期より若干カファが増加して、
少しずつ春の身体に近づいてきます。

へマンタの身体の状態は・・・
身体が寒さに負けないよう、体温が身体の内側に
こもって、熱として胃に集中する為、消化力が高まります。
よって食欲が増大し、空腹感を感じやすくなります。
「冬になると食欲が出て困っちゃう」という方は
胃腸が正常に働いているという事です。
冬はクリスマスmomi2*にお正月門松と消化に重い
食事が多くなりがちです。特にお正月に頂く
お餅鏡餅は大変、消化に重たい食品です。
しかーし
冬は消化力が上がっているので、ちゃんと
消化ができるようになっているのです。

ですから、この時期のファスティング(断食)は
逆に身体の細胞組織を傷めてしまう為、
オススメできません。ファスティングが最も有効なのは
「春」です。(理由は春が近くなったらお伝えしますね)

冬はある程度重い食事はokなので
くれぐれも
食べ過ぎには注意して食事を楽しんで下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です