戦争が始まりそうですね…

2013年8月28日

シリアの内戦で、化学兵器が使われた疑惑によって

明日にでもアメリカが空爆を開始するかも。という報道が、どこのTV局のニュースでもトップで伝えられています。
「戦争」の始まりを予感させる報道です。
日本は戦争を語る時、8月は特別な月。
「原爆が広島、長崎に投下された月」「終戦」を迎えた月。
そんな月に他国で戦争が開戦されるのは、
本当に心が痛い。
戦争が何も生まないことは、過去の歴史からも明らか。
なのに、なぜ人間という生き物は争いを止めないのか?
我欲?プライド?権力?優劣?私腹?
人間の命や未来よりも重いものがあるとは、思えない。
地球上から、戦争が全く無くなった事は、恐らくない。地球上から戦争が消えた!
そんな時は、私が生きている間にくるのかな?来てくれたら…と思っています。
 

昨日見た映画

2013年8月21日

昨日、急に以前から気になっていた映画が
「そろそろDVD化されたかな~」と気になり
iTunesで検索してみた。
 

遺体 明日への十日間 [ 西田敏行 ]
¥2,293
楽天

西田敏行さん主演で東日本大震災で津波にのまれた
岩手県の釜石市が舞台。
震災直後、遺体安置所で何が起こっていたのか?
ちょっと控えめな(多分・・・)リアルさで描かれていました。
もうすぐ、あの震災から2年と半年。
2回目の「お盆」を過ぎた事で、あの日、明日を奪われた方々の
御霊が少しでも穏やかになっている事を思いながら
見させて頂きました。

合掌
 

足痩せ !

アーユルヴェ-ダプラススリミングコースを開始して、
もうすぐ4カ月。「キャビフル」は毎日フル活動
お客様もとーっても暑い中、足しげくお通い頂き
有り難く「感謝」「感謝」の毎日です
今まで「部分痩せ」はとても難しかったエステ業界。
でも科学の進歩はすごいな~と実感させられます。
今日はお客様にブログへの写真掲載を「いいですよ。」と
快諾頂きましたので・・・お言葉に甘え「足痩せ」の効果を
ご紹介
写真のお客様は7月上旬から「アーユルヴェ-ダプラススリミング120分」を
週に2回の間隔でご来店頂きました。
上半身は細身のお客様で臀部から大腿部上部の脂肪とセルライトを気にされて
いらっしゃいました。
とてもお暑い中、約1カ月半で8回ご来店頂きました
 

 

 

2013年7月9日撮影          2013年8月17日撮影

 

 

 

2013年7月9日撮影          2013年8月17日撮影

セルライトも随分と少なくなり、お客様ご自身も効果を実感。
「今まで履けなかったパンツに挑戦してみたわ」と
嬉しいお言葉
もともと上半身は細身でとてもアクティブで素敵な雰囲気をお持ちの
お客様なのでスタッフ一同
「本当に良かった」と大喜びした結果なのでした
これからもキャビフル効果と私達のハンドの効果の融合でたくさんのお客様と
喜びを分かち合って行きたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命の洗濯・心の休日

2013年8月14日
{CD75F444-1AB1-43FF-834B-072D763D7914:01}
{DCDB07A2-CD8C-436D-9E42-D3483C9B339F:01}
{C88F519E-9A33-4EF3-9860-2D3D6BD9374B:01}
{74D4673D-61C0-4E08-83CA-91151F97380A:01}
{6045C6BF-B36A-4284-BD5A-AC78C2073A40:01}
{60C48C9A-B5DA-4F68-89CE-6C6409D8D8F6:01}
{A05BDB4F-348B-4C5A-811F-7CAF682E9184:01}

お盆の中日。

ご先祖様を思い出し故郷を思い出した
人も多いはず。
そんな日に「命の洗濯」「心の休日」
私には必ず必要な時間。
川のせせらぎ。蝉の声。蜻蛉の姿。青く葉が茂った桜の木。全てがご馳走。
心も胃袋も最高に癒されました。
最高の休日です。
 
 

インドで思った事

2013年8月4日

インドから帰国して3日が経ちました。
改めて、日本という国に生まれ育つ事が出来た事に感謝をする毎日です。
インドに行くと3日目くらいから、いつも胸が苦しくなる。というか
何とも言えない感情と感覚に襲われます。
今回は特にその感情と感覚が大きかったような気がします。
インドでは、いつも5つ星ホテルに滞在します。贅沢を求めている訳ではありません。
そんな身分でもありません。では、なぜ5つ星ホテルなのか?
それは「安心」と「安全」を確保する為です。
ホテル内では、日本と差ほど違わない生活を送る事が出来ます。
しかし、1歩外にでると、そこには全くの別世界が広がっています。
安全・衛生・健康すべて自分で確保しなければ、どれ一つ取っても自然に
手に入れる事はできません。
その「落差」にだんだんと苦しくなってきます。
数日前にブログでご紹介した高架下で遊ぶ子供たちや、身を休める女性達。
日本ではあり得ない光景です。
観光地だけ巡っていれば、こんな事はあまり考えないのかも知れません。
いつも、この「落差」に苦しくなり、人の「命の重み」や「、生きる事」その事を
考えざるを得なくなってしまうのです。

通訳のルミさん(インド人です)いわく、この国は日本のようにはならないと思う。と。
1番の理由は「教育」が無いから(遅れているから)、字が読めない、書けない、
計算もできない人達が多くて
その人たちは仕事に就く事ができず、お金が欲しくてもまともな仕事に就く事ができない。
だからデリーとか都会に働くつもりで出てきても犯罪者になってしまう事が
多い。2番目は男の子が授かるまで、経済力が無いのにどんどん子供を作り続けて
食べるのにも、住むのにも窮する人達が多すぎる。
金持ちと貧乏の差が有りすぎる国は良くない。と話していました。
そして、それを解決するのは「平等な教育」であると。
ここのところ治安の悪化が著しいデリー。
インターネットや携帯などの普及で情報が簡単に入るようになり、貧困層が「自分達の置かれている環境はおかしい」と気づき始めたのも1つの要因だと思います。

これからインドの会社との取引が始まります。
とても素晴らしい会社と商品です。
この、インドの素晴らしい商品を日本に広めていくことが、今の自分にできる
インド貢献だと思います。

商品の詳細も、後日ブログにもUPします。

お楽しみに

デリーの空港で

2013年8月2日

インドでは色んな事が毎回おきます。

もれなく毎回です
今回のとびきり目をご紹介。
今回はデリー発が夜中の便を利用しました。搭乗手続きを終え荷物を預け、出国手続きへ。私は何の事無く出国カウンターを
通り過ぎましたが…主人がいつまで経ってもカウンターで止められている(いつもは1人で行きますが今回は珍しく日程が合ったのでボディガードについて来てもらいました。)最初は人相悪いからね~と笑って見ていましたが…だんだん笑えないほど時間が経ってきたので、近づいて話を聞くと…
私「どーしたの?」
主人「あり得ないんだけどさー。インドに入国する時にパスポートにスタンプ押されてないから出国させられないって言ってる」
私「はーーーーーーっはてなマーク何それパンチ!
担当者からパスポート取り上げて自分のと照らし合わせたら…本当にない…汗
もう、こうなったら私と主人の語学力では交渉不可能爆弾
すぐに通訳のルミさん(インド人です)に
電話して事態を話し、電話を担当者に。
ルミさん「スタンプ押して無いのは、あなた達の問題でしょう!そんな事は仲間うちで解決して早く出国の手続きを進めて下さい!出国できなかったらインドの恥ですむかっ」と担当者が耳から電話を遠ざけるほどの剣幕で一喝パンチ!
そして担当者から電話をもらい…
ルミさん「また、何かもめたら電話下さいね」と言われ電話を切って程なく、出国と入国、両方のスタンプを押されて(これってあり?)無事にカウンターを通り飛行機に乗り込み帰国しました。
これからインドにご旅行の皆様。
パスポートは必ず確認して下さいね!!

帰ってきました!

2013年8月1日

インドから帰国しましたビックリマーク

デリー国際空港はとーっても綺麗に近代的になっていましたよ目
{957239EC-C343-4376-8172-1B3CA1F195FC:01}


{4A473360-A20F-4900-BADE-7AB633F657A4:01}


{12AC2B9E-3C31-49BF-8AD7-A2F2DEEC961A:01}


今回も色々ありましたが…

終わり良ければ全てよし!!
おやすみなさい(_ _).。o○