今から帰国します

2013年7月31日

4日間の出張を終えて、今から空港へ向かいます。今回の出張は実りが多く
「頑張るぞビックリマーク」と闘志をメラメラいます。11月にはインド再訪も決定音譜ヒマラヤの麓へ行く事になります。
話は変わって…
インドに滞在すると、いつもなぜ自分は日本生まれたのかはてなマーク考えられさせられます

photo:01

高架下に集まる女性達

photo:02

高架下を遊び場にする子供
子供の目はどこの国でも輝いてるんですけどね。
では、次回の更新は日本から飛行機

iPhoneからの投稿

インドご飯

2013年7月30日

インドのご飯

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


iPhoneからの投稿

様変わりしたデリー

インド滞在2日目。
昨日は朝9時から夜の8時までずーっとミーティング。
さすがに疲れましたあせる
デリー訪問は3年振り。
色んな事が様変わりしていてビックリビックリマーク
何がビックリかというと1野良牛が全くいない。郊外に行くと、まだまだ沢山いますがデリーの街中には全くいなくなっていました。2出入り口の戸が無いバスが全く無くなってる。以前は戸の無いバスに人が溢れんばかり乗っていましたが…今は全てのバスに戸がありました。3リキシャが減ってる。オートリキシャは相変わらずたくさん走ってるけど、自転車の後ろに座席をつけたリキシャはとっても減っていました。4物乞いが減ってる。
経済発展を続けるインド。この様変わりの裏で何が起こっているのか…考えられさせられます。

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


iPhoneからの投稿

今年は2回目のインド

2013年7月26日

7月28日からインドへ行ってきます
今年は2回目のインドです。
まだ、詳細はお伝えできませんが・・・
3年がかりの努力がやっと実を結びます
途中、何度もインドなんて・・インド人なんて・・だーいっ嫌い
と、思いましたが・・・「諦めなければ夢は叶う」は本当だと思います。
(条件は色々ありますが・・・
でも、勝負はこれから
今は、まだスタートラインに立っただけです。
詳細はあと2週間後位に、お伝え出来ると思います。
おたのしみに~

大人の責任

2013年7月25日

スタッフ採用。
この仕事は私にとって誰にも任せられない重要な仕事です。
採用するからには「責任」が伴います。
人の人生を左右する事ですから重要です。
特に若い20代のスタッフを採用した時には、社会人とは何ぞや?
働くってどういう事?など本当に基礎の基礎から教育しなければ
お客様の前にでることすら叶いません。
弊社では、新卒の採用をしていません。
と、いう事は何かしらの仕事を経験してから弊社に入社してきたという事になります。
しかし、採用したスタッフのほとんどが「そんなこと言われたことない」「教えてもらった事が無い」「私って何でこんなに仕事出来ないんだろう?」と同じような事を口にします。
もちろん「教えてもらわなければ、知らなくて当たり前」という姿勢には問題がありますが
あまりにも「何も知らない」人が多すぎると思います。
若い人を丁寧に解るように教育する事は、その人を預かった企業の責任だと思います。
もちろん、大変です手間もかかります。
でも、その人に「素直な心」や「目標」があれば人は必ず育ちます。
そして「変化」します。そして「戦力」になります。
そして、その人の人生は大きく変る事になります。
人を単なる「歯車」にしてはいけない。と思います。
大人がもっと真剣に若い人と向き合い、面倒くさいと思わずに若い人を育てる事が
必要だと思います。
そして、若い人たちは「自分がまだ若く、経験不足である」という
自覚をもち、解らない事は「大人」に「素直に」「何でも」聞くという姿勢を
持ち、成長して社会で活躍してほしいと思います。
特に「いまどきの若い人」(批判覚悟で書いています)は
仕事をしたい。活躍したい。と思っていても「精神力」や「継続性」「体力」が身についていません。若い人を預かる大人の皆さま。
「教える」事を労を惜しまず若い人に、自分が持っている「経験」を
分けてあげてほしいと思います