ちょっと怖い発表・・・

今朝のニュースでちょっと怖い発表がされた事を知りました。
内容はこちら↓

2050年の日本、先進国から脱落の恐れ

経団連のシンクタンク、21世紀政策研究所が16日発表した2050年までの
日本と世界50カ国・地域の長期経済予測によると、日本は人口減少の進行で
2030年以降にマイナス成長を続け先進国から脱落する恐れがある事が分かった。

同研究所は山積する諸課題に積極的に取り組み、効果的な成長戦略を
講じるべきだと警鐘を鳴らしている。

予測は2050年までの日本の人口や貯蓄・投資の動向、生産性の変化を試算。
世界の人口は現在の70億人から90億人に増加するが、日本は世界最速で
少子高齢化が進み、総人口が1億人を割り込み、65歳以上が約4割を占め、
労働力人口は約4400万人に減るとした。

貯蓄や投資も鈍化し、生産性が他の先進国並みを維持する
「基本シナリオ」では2030年代からマイナス成長に転じ、
2050年には現在世界3位のGDP(国内総生産)が4位に落ち、
中国と米国の6分の1の規模になり、1人当たりのGDPも世界18位と
韓国(14位)に抜かれる。

成長率が最も下振れする「悲観シナリオ」では、マイナス成長は
2010年代に始まり、GDP規模は世界9位と中国、米国の約8分の1に
縮小。経済大国から脱落し「極東の一小国」に逆戻りする
可能性があるとしている。
産経新聞 2012年4月16日 記事より

想像つきますか?
この現実。
今の日本は経済的に降下の一途をたどっているということです。
敗戦後、日本国民は経済的に立ち上がろうと一致団結して
この国を造りあげました。
この国に素晴らしい所は全ての国民の底上げに成功した所だと
思います。国民性が勤勉で真面目、器用、国土の狭さ。色んな要素が功を奏したと思います。
中国やインドは今、凄い勢いで経済成長を続けています。
しかし、格差がありすぎる。
平均や平等とは程遠い。
この国はどこで失敗したのか?
なぜ、子供を産みたがらない人達が増えたのか?
今、政治家の人達やこれから日本を背負う60代以下の私達は
真剣にこの問題と向き合わなければならないのではないかと
思う。

続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です